« 小松敏宏個展「トポフィリア(場所愛)-ジャパニーズ・ハウス」@KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY(2020/02/13) | トップページ | 島﨑良平・ベロニカ都登 二人展@アートコンプレックス・センター(2020/02/19) »

2020年2月19日 (水)

「永遠のソール・ライター」展@Bunkamura ザ・ミュージアム(2020/02/18)

今日の夕方はBunkamura ザ・ミュージアムに。今日はTOKYU ROYAL CLUBの会員向けに「永遠のソール・ライター」展の特別展示があるのだ。ちょっとした記念品もくれてとても嬉しい。

ソール・ライターはニューヨークで活躍した写真家。60~70年代に『ハーパーズ・バザー』などのファッション誌で活躍していたがその後は忘れられ、本人が商業撮影とは無関係に撮影していたカラー写真が2006年に写真集になり世界中に大きな反響を呼び起こしたのだとか。今では写真表現の歴史上でも「カラー写真のパイオニア」として重要な位置を占めるとのこと。

僕は写真表現の歴史には正直疎く(見る目もないし)、写真美術史上の彼の凄みというのは正直分からない。なので、単なるニューヨークの街のストリートスナップとして見ることしかできないのだけれど、そういう見方をしてもとても素敵な写真が並んでいたと思う。何というか、衒いがないのだ。例えば窓ガラスの曇りとか写り込みとかの効果を使った写真が多数展示されているのだけれど、わざとらしさや嫌味をほとんど感じない。たまたま面白い効果を目にしたからそのまま記録しました、というさらっとした感じがとてもいい。そして、撮影対象がニューヨークの街なので、50年代の写真でも00年代の自分の経験と引き比べて「あ、この風景、知ってる、分かる」と感じられるので、古さは全く感じない。

とても素敵な写真展なので、多くの人に目にして欲しいと思う。ニューヨークがまた懐かしくなった。

Mainvisual

|

« 小松敏宏個展「トポフィリア(場所愛)-ジャパニーズ・ハウス」@KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY(2020/02/13) | トップページ | 島﨑良平・ベロニカ都登 二人展@アートコンプレックス・センター(2020/02/19) »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小松敏宏個展「トポフィリア(場所愛)-ジャパニーズ・ハウス」@KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY(2020/02/13) | トップページ | 島﨑良平・ベロニカ都登 二人展@アートコンプレックス・センター(2020/02/19) »