« 如月の鼎展 6th@画廊くにまつ青山(2020/02/12) | トップページ | 「永遠のソール・ライター」展@Bunkamura ザ・ミュージアム(2020/02/18) »

2020年2月14日 (金)

小松敏宏個展「トポフィリア(場所愛)-ジャパニーズ・ハウス」@KANA KAWANISHI PHOTOGRAPHY(2020/02/13)

今日の夕方は西麻布のKANA KAWANISHI PHOTOGRAPHYに。現在開催中なのは小松敏宏氏の個展。会場に入ると顔のない人物が写った写真がずらりと並んでいる。よく見ると顔の部分に家の写真がコラージュされている。顔のない人たちはその家に住んでいる家族で、家の近くで撮った家族のスナップショットの上に家の写真をコラージュしている、というのが展示作品のコンセプトになる。

説明を文章で読むとアイデア一発勝負の作品のように見れるが、実際に作品の前に立ってみると感覚はまた違う。作品の持つ違和感はユーモアが伝わるように慎重に調整されているし、展示されている複数の作品を見比べると人が家族を持ち住まいを構える意味がじわりと伝わってくる気がする。作品のほとんどがフォトショップで作られたカラー作品だが、会場の端にはフィルムを物理的に切り取ってコラージュした作品もあり、個人的にはそちらの方が面白かった。

こういう初見でクスリと笑えるユーモラスさを持ちながらコンセプチュアルな深みもある作品はいいですね。見ごたえのある展示でした。

Photo_20200214233401

|

« 如月の鼎展 6th@画廊くにまつ青山(2020/02/12) | トップページ | 「永遠のソール・ライター」展@Bunkamura ザ・ミュージアム(2020/02/18) »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 如月の鼎展 6th@画廊くにまつ青山(2020/02/12) | トップページ | 「永遠のソール・ライター」展@Bunkamura ザ・ミュージアム(2020/02/18) »