« 森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020-さまよえるニッポンの私@原美術館(2020/01/24) | トップページ | オノサト・トシノブ展@ときの忘れもの(2020/01/29) »

2020年1月27日 (月)

浅野竹二 版を奏でる@伊丹市立美術館(2020/01/24)

今日は毎年恒例の恩人を偲ぶ会で神戸に来た。開始は昼過ぎなんだけど特典航空券でのフライトが早朝しか取れなかったので午前は伊丹で時間を潰すことにした。

そんな訳で出かけた伊丹市立美術館。現在開催中だったのは浅野竹二氏のコレクション展。在野で活動した木版画家で、生活のため写実的な名所絵版画を制作しながら、年を取って徐々に自由な表現に軸足を移していった作家だとのこと。シンプルでユーモラスな、いかにも木版画という印象を受ける作品たちは見ていて癒される。プロレタリア芸術を意識させる作品もあり、そのあたりがこの美術館と縁ができた理由なのかな。旅先でこういう展示に出会うと嬉しいですね。

P_20200125_105340

|

« 森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020-さまよえるニッポンの私@原美術館(2020/01/24) | トップページ | オノサト・トシノブ展@ときの忘れもの(2020/01/29) »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020-さまよえるニッポンの私@原美術館(2020/01/24) | トップページ | オノサト・トシノブ展@ときの忘れもの(2020/01/29) »