« じん吉 個展「今日、かさねて」@アートコンプレックス・センター(2019/09/28) | トップページ | 金田花季個展「美辞醜聞」@白白庵(2019/10/05) »

2019年10月 1日 (火)

エコムスフェス2019{Maison book girl/ZOC/クマリデパート/クロスノエシス/二丁目の魁カミングアウト}@TSUTAYA O-EAST(2019/09/30)

今日の夕方は渋谷のTSUTAYA O-EASTに。こちらに来るのは4年前のmoumoonのライブ以来4年ぶり。30代の頃は毎月のように通っていたんだけどな~、とちょっと遠い目になる。

今夜のライブはエコムスというアイドル事務所の所属アーティストのイベントライブ。うわキツですよねそうですよね分かってます。でも8月末に月見ル君想フで見たクロスノエシスがとっても良くて、これは大きいハコで見たいなと思って調べてみたらMaison book girlと同じイベントに出ると知ったので、やもたてもたまらずにチケットを買ってしまったのだ。

そんな訳で今夜の目当てのアイドルはクロノスとブクガ。ちなみに他の出演者もどれも良いパフォーマンスをしていて、クロノスやブクガよりもこっちが良い!という人も多いと思う。上手い下手じゃなくてライブが違うんだよね。他の出演者の時は演奏中に客席がうわーっと湧くけど、クロノスとブクガの時はしんと静まり返っていた(演奏後に大きな拍手が出る)のがとっても印象的だった。

クロノスのライブは大きな会場で見るとやっぱり映える。ブクガと似ているところとか、まだコンセプトが未成熟な部分とかも見比べると気が付くけれど、それ以上に独自の魅力が伝わってくる。コンテンポラリーダンスのフレイバーがありながら不条理感よりも優雅さを前に出したダンスは、ブクガよりも広い層にアピールできるんじゃないかな。

トリで出てきたブクガは凄かった。僕がブクガを見たのは去年の2月でその後にポニーキャニオンに移籍してちょっとセルアウトしたところもあるのかなと思っていたのだが、いやいや前回見た時よりもはるかに尖っていました。変拍子を多用した音楽といい、不自然で気持ちがざわざわするコレオグラフィーといい、これをアイドルと言って良いのか、良くも悪くもアーティスティックなパフォーマンスではないのだろうか。この路線でマスにどこまでアピールしていけるのか、これからはもっと活動に注目していかないと。

ともあれ見に来た甲斐は十分にあったイベント。たまには年甲斐も無いことをしないとね。

P_20190930_195019

|

« じん吉 個展「今日、かさねて」@アートコンプレックス・センター(2019/09/28) | トップページ | 金田花季個展「美辞醜聞」@白白庵(2019/10/05) »

ポップス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« じん吉 個展「今日、かさねて」@アートコンプレックス・センター(2019/09/28) | トップページ | 金田花季個展「美辞醜聞」@白白庵(2019/10/05) »