« Maybe Monday@Stone(2006/11/17) | トップページ | Jenny Scheinman Orchestra@TONIC(2006/11/19) »

2006年11月19日 (日)

Christopher Mir@Rare Gallery(2006/11/18)

今週はChelseaのギャラリー街がビッグネームの展示で花盛り。Frank StellaにCindy Sherman、Robert Longoと来ると大きな現代美術展でもやっているのではないかという感じを受ける。そんなビッグネームの展示の中でも圧巻だったのがGagosian GalleryのAndy Warhol展。このギャラリーは元々広い上にスペースを二つ使っていてボリュームもそこらの美術館には負けない上に、大き目の作品をどーんと展示しているのでWarhol好きはぜひ足を運ぶべし。

が、そんな大物を取り上げるのもなんとなく気が引けるので、ここではChristopher Mirという作家の作品を。この作品だけではピンと来ないかも知れないけれど、妙にリアルな絵柄と、ノーマルと不条理のギリギリのラインにある画題ととが独自な世界を醸し出している。この「ノーマルと不条理のギリギリのライン」というのがポイントで、完全に不条理であればそういう世界の絵なのねということで簡単に納得してしまえるのだが、ギリギリのラインにあるために強い違和感を見るものに与える。

Christophermia

|

« Maybe Monday@Stone(2006/11/17) | トップページ | Jenny Scheinman Orchestra@TONIC(2006/11/19) »

Art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Christopher Mir@Rare Gallery(2006/11/18):

« Maybe Monday@Stone(2006/11/17) | トップページ | Jenny Scheinman Orchestra@TONIC(2006/11/19) »