« Juliana Hatfield@Maxwell's(2005/12/07) | トップページ | New York Philharmonic@Avery Fisher Hall(2005/12/10) »

2006年5月15日 (月)

Asuka Ohsawa@Freight and Volume Gallery(2005/12/10)

今日の昼は久しぶりにギャラリーを廻ったのだが、その中で一番の収穫だったのがこれ。

Ohsawa 作者は名前からすると明らかに日本人なのだが、バイオを見ても日本で生まれ育ったかどうかは分からない。展覧会のタイトルはOn the Street Where We Liveで、鳥獣戯画をイラストというか四コマ漫画の絵柄で書き直したという趣向の作品が並んでいた(引用した図柄はちょっと洋風だが)。

数年前にアメリカの現代美術で、中世宗教画の世界にカートゥーンキャラをぶち込んでみましたというものを見たことがあるが、彼女の作品は手法は似ているが印象はかなり違う。作品の持つ不思議な静謐さをどう解釈するは観る者の文化的な背景によるだろうが、何より作品としてこれはアリだろと思わせる説得力を感じる。

Googleで検索しても日本語ページが引っかかってこないので、日本ではまだ無名なのだろうか。作風が作風なので例えば単行本の挿絵などで一気にブレイクするかもしれない。注目しておきたい名前だと思う。

|

« Juliana Hatfield@Maxwell's(2005/12/07) | トップページ | New York Philharmonic@Avery Fisher Hall(2005/12/10) »

Art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Asuka Ohsawa@Freight and Volume Gallery(2005/12/10):

« Juliana Hatfield@Maxwell's(2005/12/07) | トップページ | New York Philharmonic@Avery Fisher Hall(2005/12/10) »