« RFID Journal 抄訳 2020/01/31号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2020/02/14号 »

2020/02/08

RFID Journal 抄訳 2020/02/07号

今週興味深かった記事はCheckpointのオムニチャネル対応のIoTプラットフォーム。BOPISをハンドヘルドリーダーで行うための機能を標準で搭載しているそうで、こういう製品がどんどん普及してオムニチャネルを牽引すると良いなと思います。

NRF Big Show 2020関連では記事が2本。Under Armourが登壇したユーザー側のセッションの話と、編集後記でのRFIDベンダーの動向。どちらも一読しておく価値はあると思います。

DHLのレポート、”Rethinking Packaging”も気になります。スマートパッケージ以外にもいろいろ記載されているようで、読まなければ…。

なお、元記事はこちらになります。

Under Armour: RFID Is a 'Must Have'

Under Armour社がNRF Big Show 2020のRFIDセッションに登壇し、RFIDの取り組みについて発表しました。同社はサプライチェーン部門主導で今年の秋冬シーズン向けの全ての衣類についてRFID貼付を始め、現在店舗部門に取り組みが広がっています。同社は小売業が次のレベルに進むためにはRFIDの利用は「あった方が良い」ではなく「不可欠」と述べています。

DHL Survey Reveals the Future of Packaging

DHLは”Rethinking Packaging”というレポートを公表しました。このレポートには企業へのアンケート結果が掲載されていますが、それによるとスマートパッケージソリューションが3つの主要な関心分野に含まれています。近年スマートパッケージングはバッテリー不要の通信モジュールやセンサー、表示モジュールの高度化などの進化を遂げています。

Retailers Deploying New Omnichannel Functionality With RFID

Checkpoint社はIoTプラットフォームHALOの最新版をリリースしました。このバージョンはオンラインで注文された商品の店舗ピックアップ(BOPIS)をサポートするための機能を搭載しており、店舗の担当者はハンドヘルドリーダーで必要な商品のピックアップを行うことができます。

Hybrid IC Adds Content Access to UHF-NFC Product Label

EM Microelectronic社はNFCとパッシブUHFの両方に対応したRFIDチップの新製品em/echo-Vを発表しました。これにより、同一のラベルを在庫管理と顧客エンゲージメント管理の両方で利用することができます。

Janam Offers Contactless Self-Credentialing Solutions With NFC

Janam Technologies社がセルフサービス式のNFC入場認証システムの新製品を発表しました。この製品はAndroidを搭載したタブレット型の端末で、設置スタンドと共に提供されます。

RFID News Roundup

  • Semtech社が社がスマートホーム用IoT向けのLoRaデバイスを発表
  • MachNation社がIoTプラットフォームのパフォーマンス試験用ソフトウェアを発表
  • STMicroelectronics社とFieldscale社がスマートデバイスにタッチ操作対応を追加
  • Roambee社が荷主向けサプライチェーン自動監視ツールで資金調達
  • DeltaTrak社がリアルタイムロガーを発表
  • PVH Corp.社がTommy Hilfiger社向け店舗案件のRFIDコーディネーターを募集

RFID at NRF's Big Show 2020

NRF Big Show 2020にはさまざまなRFIDベンダーがソリューションやデモを出展しました。それらベンダーの展示をABC順にご説明します。

Undeniable Benefits of Level Monitoring in the Oil and Gas Sector

石油・ガス業界にとって、タンクの液面計をIoT化し、残容量をリアルタイムでモニターしたり変化にアラートを発信することは有用なアプリケーションとなります。

RFID Tracks Jewelry Inventory, Shopping With Smart Tray(有償記事)

香港のジュエリーメーカー周大福はRFID対応のジュエリートレイを利用して顧客のエクスペリエンスを向上させることに取り組んでいます。同社が導入したのはConverge Retail社のソリューションで、ジュエリーに取り付けられたRFIDタグを用いて在庫管理を行うほか、顧客に見せるジュエリーをスマートトレイに置くことで顧客に見せた履歴の収集を行い、加えて関連情報をディスプレイに表示させることができます。

 

|

« RFID Journal 抄訳 2020/01/31号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2020/02/14号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RFID Journal 抄訳 2020/01/31号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2020/02/14号 »