« RFID World Watcher Monthly December 2019 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2020/02/07号 »

2020/02/01

RFID Journal 抄訳 2020/01/31号

今週興味深かった記事はNTTドコモとソニーによるおサイフケータイのタッチレス対応実証実験。日本では12月に報道が出ていたようですが見落としていました。スマホへのUWB搭載が視野に入る中興味深い動きで、今回はぜひ日本初の規格が世界標準を取ってほしいです。

特集記事はアメリカでの家畜タグの導入状況。連邦政府による義務付けの撤回について知りたいと思ったのですが記述は少なくさらっと流されていました。RFID Journalとしてはこのあたりは書けないんだな、別ソースに当たるのは重要だな、と改めて感じました。

小ネタですがクリケットボールのスマートボール化、当初はゴルフボールで考えていたがロストボールが発生しなくなると困るボールメーカーの協力が得られずクリケットを選んだ、という記述にニヤリとしました。どの国、どの業界でもディスラプションは難しいですね。

なお、元記事はこちらになります。

RFID Powers Smart Balls, Luggage Tags

球技用のスマートボールを開発するSportCor社は、クリケットボールのメーカーKookaburraとセンサー付きのクリケットボールを開発しました。このボールは加速度などのセンサーを搭載し、取得したデータをBLEでスマホに送信します。ボールの充電はPowercast社が利用する2.4GHzワイヤレス給電システムを利用しています。

Blockchain Protects Sicilian Oranges

シチリア島のオレンジ生産者は偽造防止のためにNFCとブロックチェーンを活用します。利用されているのはAlmaviva社のソリューションで、オレンジの箱に貼付されたNFCタグにブロックチェーン情報が格納され、スマホで読み取ることで真贋確認に加えて商品情報にアクセスできます。

Partnership Targets Flexible, Low-Cost NFC for Pharma

Schreiner MediPharm社は医薬品に貼付するUHFパッシブRFIDとNFCのラベルを製造しています。NFCラベルはPragmatIC社のプリンテッド技術を用いた製品ConnectICシリーズを採用しており、シリコンチップのタグでは貼付できないような小型の製品に貼付可能なものになっています。

Mobile Phone Companies to Demonstrate UWB Payments

NTTドコモとソニーはおサイフケータイのタッチレス対応の実証実験を開始しました。これはUWBを利用するもので、NXP社のチップセットSR100Tが利用されます。現在スマートフォンへのUWB搭載の動きが進んでおり、iPhoneへの搭載に加え、Samsung社が参加するFiRa Consortiumなどが立ち上がっています。

RFID News Roundup

  • SensThys社とConvergence Systems社がハンドヘルドRFIDソリューションで提携
  • STMicroelectronics社がZigbee Allianceに参加
  • Conectis社とIgor社がヨーロッパでスマートビルディングソリューションを提供
  • iDTRONIC社がHF RFIDリーダーのWiFi、イーサネットインタフェースを改善
  • Nerf ChallengeがConnect&GO社のスマートリストバンドを採用
  • IoTdc社が南アでKerlink社のIoT solutionsの販売店契約を獲得

A Brief Look at Near Field Communication

NFCは短距離デバイス間通信のためテクノロジーで、当初からの決済利用に加えて現在では非決済利用が市場の拡大を牽引しています。

U.S. States Further Livestock RFID Use Despite USDA Pause(有償記事)

米農務省は州をまたいで取引される牛のトラッキングにRFIDタグの利用を義務付けるという規制を取り下げましたが、多くの州は引き続きRFIDタグの利用を推進しています。

|

« RFID World Watcher Monthly December 2019 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2020/02/07号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RFID World Watcher Monthly December 2019 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2020/02/07号 »