« RFID Journal 抄訳 2019/08/23号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/09/06号 »

2019/08/31

RFID Journal 抄訳 2019/08/30号

今週のニュースレターの元記事は先週までに既出のものが多く件数が少なめですが、面白い記事も多くありました。

ニューヨーク・コミコンでのNFCバッジの利用、事例としては既出ですしユースケースもそれ自体では特殊ではないのですが、大きな写真付きで見るとやっぱり迫力があります。

Nycc3

RFIDを用いた薬瓶の読み上げサービスも興味深いです。RFIDのバーコードに対する有利な点の一つは目の見えない人にも扱いやすいことなんですよね。

識者投稿は米国での3.5GHzプライベートLTEサービス。これも面白いテーマですね。IoTという切り口だとどうしてもLoRaなどの方に重心が偏りがちになりますが、注目すべき技術だと思います。

なお、元記事はこちらになります。

RFID Delivers Gaming, Access to Comic Con Fans

今年のニューヨーク・コミコンでのNFCバッジが利用されました。ニューヨーク・コミコンは大規模なイベントで多くの人気セッションがあり、そのアクセス管理が重要なテーマになっていました。NFCバッジはアクセス管理に使われたほか、写真や資料をメールで自動的に配布する際にも利用されました。来年にはバッジによる決済も導入の予定です。

Paper Mill Optimizes Manufacturing and Stock Control

ブラジルの匿名の製紙会社は製品の在庫管理にRFIDを利用しています。同社は紙のロールにUHFパッシブRFIDタグを貼付し、ポータルリーダーで読み取りを行っています。

RFID Speaks Up for Prescription Labels

Sam's ClubとWalmartのすべての薬局部門は視覚障碍者向けにRFIDを用いた薬瓶の読み上げサービスの提供を開始しました。このサービスはEn-Vision America社が開発したもので、処方の際に薬瓶のRFIDラベルを貼り付け、患者は自宅にあるScripTalk Stationという機材に薬瓶を置くことで処方を読み上げさせることができます。

RFID Adds Intelligence to Cabinet Locking Solution

Accuride社はキャビネットのスマートロックソリューション、Senseon Plusを販売しています。このソリューションはICカードを鍵として使うだけではなく、だれがいつ鍵を開いたかを記録することができるほか、解錠に複数のICカードを利用するとか、移動時間を考慮してタッチ後一定時間後に解錠するとかの追加機能も持ちます。

Lacoste Creates High-Tech RFID Showroom

Lacoste社はブラジル法人本社に併設されたショウルームにRFID機能を導入しました。このショウルームはLe Clubという同社の新コンセプトを説明するためのもので、店舗にはハンドヘルドリーダーのほかImpinj xArrayが設置され、リアルタイムの棚卸し、商品の精算、盗難防止などに利用されます。

Shared Spectrum: A New Solution to IoT Connectivity Challenges

米国ではCBRSと呼ばれる3.5GHz帯を利用するプライベートLTEサービスの提供が始まっており、石油ガス業界や港湾業界などでさまざまな取り組みがなされています。

|

« RFID Journal 抄訳 2019/08/23号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/09/06号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RFID Journal 抄訳 2019/08/23号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/09/06号 »