« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

常設展@National Archaeological Museum(2019/06/28)

学会の大会でやって来たアテネ。最終日に16時ですべての日程が終了し、クロージングパーティーが19時30分から。待ち時間にギリシャ美術に触れておこう、と、国立考古学博物館に出かけることにした。
 
展示されている作品はクレタ、ミケーネ文明のような古代からアルカイック期、古典期、ヘレニズム期までとバラエティに富み、また展示品も「考古学」という名前の通り彫刻やレリーフ、壺などの美術品の他に博物館的なものまで幅広い。特に彫刻については素朴な祈りを感じさせる古代のものから、アルカイック・スマイルを湛えたアルカイック期のもの、そしてドラマチックなヘレニズム期の作品と、まとめて見るとこれだけ雰囲気が違うものかと驚かされる。
 
最近の経済危機の影響か展示室の一部は閉鎖されており、またオープンしていて入った部屋で「この部屋だけあと10分で閉鎖になります」と声を掛けられて驚いた。全体をじっくり見たいという人は最初に展示時間を確認しておいた方が良いかもしれない。また地下鉄オモニア駅から歩いて向かったところ、治安の悪そうなエリアに迷い込んでしまいヒヤッとした。変に近道をしようと考えず大き目の道を通ることが大事。
P_20190628_170922

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

常設展@Acropolis Museum(2019/06/26)

学会の大会でアテネに来ている。アクティビティの一つとしてアクロポリス博物館のガイド付き貸し切りツアーが予定されていて、これは見ておかなければと申し込んだ。
 
アクロポリス博物館はアクロポリスの丘のすぐ下にあるモダンな建物。10年ほど前までは丘の上に合ったものを移転させ、規模も10倍に拡大させたのだとか。多くの彫刻が展示の中心でそれぞれに見ごたえがあるのだが、学会主体の貸し切りツアーということで一見さりげない日常雑貨のようなものも当時のギリシャの人々の生活を交えながら丁寧に解説してくれて、へぇそうなのかと驚くことしきり。
 
3階がこのフロアのメイン展示で、現在修復中のパルテノンとほぼ原寸大の展示スペースを作り、そこに現存している、あるいはマーブルのレプリカが設置されている。パルテノンの見学を済ませてからだったらもっとすごかったんだろうな。今回は貸し切りツアーということで見学が8時からの開始、ちょうど日没に向かっていく時間帯で、大きな窓から入る外光の変化でどんどん雰囲気が変わっていくのが楽しかった。
 
翌日前を通りかかってみると入口は長蛇の混雑。この混み方だと見え方は全然違うんだろうな。良い体験をさせてもらった。
P_20190626_201540

 

| | コメント (0)

2019年6月23日 (日)

ARTIST ROOMS - JENNY HOLZER@Tate Modern(2019/06/22)

現在イギリスに出張に来ている。土曜日に空き時間ができたので、ロンドンに来た以上は行っておかねばとTate Modernに出かけることにした。
 
僕もそれほどあちこちの美術館に行ってるわけではないけれど(特に新興国の美術館はほとんど知らない)、僕の知る範囲ではTate Modernは世界最高の現代美術館だと思う。特に常設展示は頻繁に入れ替わり、看板作品になるマスターピースに頼らずに美術の潮流やそれが持つ意味を入れ替え展示していく能力は素晴らしい。日本にあったら常設展を見るためだけに数か月に1回のペースで通うんだけどな。
 
企画展も大小いろいろなものが並行して展示されていて、今回印象に残ったのはJenny Holzerというアメリカ人作家の作品。文字を使った作品をテーマにした作家さんで、政治的に主張の鋭いメッセージをオブジェの表面や商業的な電光掲示板などそれらが現れるはずの無い場所に表示させるというもの。今回は大型の電光掲示板(ブルームバーグやロイターがマーケットのティッカーを流すような)を使ったインパクトのあるビジュアルの展示でした。
D11_158_023

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

水無月の鼎展@画廊くにまつ青山(2019/06/19)

今日の夕方は久しぶりの画廊くにまつ青山へ。コンテンポラリーな日本画を扱う好みのギャラリーなんだけれどどうもスケジュールが合わずに前回の来訪から間が空いてしまった。
 
現在開催中なのは取り扱い作家のグループ展。出展作家は毛利美穂、稲恒佳奈、佐藤真美とどれも好きな作家さんだったので安心して見ることができた。今回新たな発見があったのは稲恒佳奈。豆粒のような人物を並べた風景を描く作家さんだと思っていたんだけれど、今回は神話的なモチーフをクローズアップした作品も展示していた。このシリーズの作品もしっかり見てみたいな。
Ina18

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

THERIACA 服のかたち/体のかたち@デザイン・クリエイティブセンター神戸(2019/06/15)

今日はお仕事で神戸に出張。三宮の港の方で用事を済ませてから駅の方に向かう途中で、なにやら古いビルをリノベーションした博物館のようなものを見つけた。確認してみるとデザイン・クリエイティブセンター神戸という施設で、昔の生糸検査所だった建物だとのこと。

やっていた展示は「THERIACA(テリアカ)」というファッションレーベルの展覧会。服を「人」の形ではなくカーペットやはしごなど人間とかけ離れた「もの」の形から作るという実験的なアプローチで生まれた服の実物と、その着用風景の写真(スライドショー)とが展示されていた。

布の段階では「何だこりゃ」と思うような作品が並んでいるんだけれど、それを着こなしている姿は案外違和感が無い。考えてみれば、いわゆる洋服ではない民族衣装には、布が人の形に合わせて裁断されているわけではなく余った部分があるものは多くあるわけで、そういう知識のある人にはちゃんと着こなせるのは当然なんだろう。

そういう意味では、例えば建築の展示と同様に、見て面白がるには服に対する技術的な知識が必須なんだろう。布そのものがどのように体に纏われるのか、世間で広く知られている民族衣装との違いはどこなんだろうか、といったことが分かる人にとってはへぇーと感じられる展示だとは思うのだが、個人的にはちょっと難易度が高すぎた。例えば着用過程の動画とか、民族衣装との比較展示とか、あってもよかった気がするな。

Kiito_top

| | コメント (0)

2019年6月16日 (日)

八木秀人「Piled up messages」@hpgrp GALLERY TOKYO(2019/06/13)

今日の夕方は宮益坂で食事だったので表参道から向かう途中にhpgrp GALLERY TOKYOへ寄り道。現在開催中だったのは八木秀人氏の個展。デザイン文字を等高線模型のように積層されたスチレンボードで表現した作品が並んでいる。
 
文字のデザインのレベルはさまざまで、ぱっと見て分かるものもあれば近づいたり離れたりしながら何度も眺めても結局分からなかったものもある。それぞれの層の厚みはそれなりの厚さがあり、手作業の細かさで見るものを圧倒しようというマイクロポップ的な作品ではないが、スチレンボードの裁断は一枚一枚手作業で行っているそうで、見た目の派手さ、華やかさと手作業に込められた神経のバランスの対比が楽しい作品になっている。
 
難しいことを考えずに脳の眠っている部分をビビっと刺激してくれるような作品で、こういう力っていうのもアートには大事だなぁ。
Photo_1

 

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

モーニング娘。'19@ラクーアガーデンステージ(2019/06/12)

今日の夕方はちょっと時間が空いた。せっかくだから久しぶりにフリーライブでも見て帰ろうかと調べてみたらモーニング娘。のライブをラクーアガーデンステージでやっているのを見つけた。おー、モーニング娘。かぁ。ハロプロのユニットのイベントはちょこちょこ見ていたが、モーニング娘。本体は2002年に横浜アリーナで見て以来。当時の主力メンバーはなっちにゴマキ、辻ちゃん加護ちゃん。いやー、書いてて懐かしくなってきたなぁ。17年前かしかし。
 
そんな訳で今はどうなってるのかなと思いつつ見に来たのだけれど、想像していた以上に記憶にあるモーニング娘。だったのにびっくりした。もちろん当時のメンバーはいるわけないし、というか当時は生まれていなかった子とかがステージに立っている訳だけれど、あの「昔の洋楽のイナタいけれどグッとくる部分を煮詰めた感じ」の楽曲は変わってないし、コレオグラフィーもくっきりした感じでとても良い。そうかぁ、伊達に当時から同じ名前で続いている訳じゃないんだなぁ。
 
気楽に出かけた割にとても楽しめたライブ。観客には女の子も多くて同性からの支持も厚いんだろうな。これからも末永く頑張ってほしい。
P_20190612_180204

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

ピーター・ソール/エリック・パーカー@NANZUKA(2019/06/08)

今日は夕方に下北沢に出かける用事があったので、少し早めに出て渋谷のNANZUKAに。現在開催中なのはピーター・ソールとエリック・パーカーの2人展。

エリック・パーカーの作品は3年前にここNANZUKAで見たことがある。トロピカルな筈の風景をサイケデリックな狂った色彩で仕上げた作品で、現代美術としての毒を持ちつつとってもポップで楽しい作品になっていてへぇと思った記憶がある。今回は人物像をコラージュ風に仕上げた作品も展示していた。

もう一人のピーター・ソールはエリック・パーカーのお師匠さんだそうで、御年85歳という大ベテラン。現代美術のムーブメントの主流からちょっと離れた場所で制作をしてきたアーティストらしく、日本での個展は今回が初めてになるのだとか。パッと見はヘタウマっぽいアメコミなんだけど、じっくり見てみると独特のテクスチャがあったりして印象が変わる。

どちらの作品もアメリカの現代美術の伝統を感じさせる迫力のあるもので、ギャラリーの空間より美術館の方が似合うな、と思ったほど。足を運ぶ値打ちのある展示だと思います。

P_20190608_180958

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

かのうたかお個展「The POTTER」@白白庵(2019/06/07)

今日の夕方は白白庵に。現在開催中なのは陶芸家のかのうたかお氏の個展。今回は氏が登り窯で制作した壺がメインで展示されている。

3階の展示会場に入ると大きな壺が並ぶようすに圧倒される。作品自体は過去の器で見かけたテクニックを使ったものもあるけれど、作品のスケールが変わると印象も全く変わる。割れていてそのままでは壺として使えない作品もいくつかあって、「オブジェとして見てもらえればそれで良し、壺として使いたければ金継ぎをすれば使えるようになる。そういう自由さのある存在なのが面白い」と聞いてへぇと思った。

今回は大きめの作品が多く普段使いできる器の出品は少なめだったんだけど、その代わりに並んでいたのが「つちく」という小さな人形たち。釜の中で灰を振りかける妖精をイメージしたそうで、色や姿がバラエティに富んでいて見ていて飽きないし、壺と並んでなんともユーモラスな雰囲気を醸し出している。この「つちく」も購入できるので、気になった方はぜひどうぞ。

62097882_2365800533478226_86066656371015

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

北沢夕芸「海を見ていたマリー」@スペースユイ(2019/06/05)

今日の夕方はスペースユイに。現在開催中なのはイラストレーターの北沢夕芸さんの個展。普段は雑誌や書籍で表紙や挿絵を手掛けている。作品を見たら多くの人が「あ。このイラスト見たことある」と思う個性の強いイラストなんだけれど、ここスペースユイでは普段の仕事とは違ったファンタジックな世界観をテーマにした作品が並ぶ。2015年に最初の個展を見て以来、毎年楽しみにしている。

個展のテーマは回ごとに変わるが、今回はあまり強い縛りをかけずに自由に描かれていたように思う。タイトルの通り何かを見ている人物が多かったかな。今回は立体作品も多く、平面作品とはまた違ったファンタジックな世界観がとても魅力的だった。

グッズも充実していて、絵葉書のような定番の他に、去年展示されていた鉛筆画のポートレートがブックレットになっていたり、キャラクターを印刷したマスキングテープがあったり。今回はマスキングテープを購入して帰宅。商業イラストを手掛けている作家さんなので、絵の好きな人なら誰でも楽しめる間口の広い展示。お勧めです。

Kitazawa_10

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

助川太郎@プラッサ・オンゼ(2019/05/29)

今日の久しぶりに北青山のプラッサ・オンゼに。日本のブラジル音楽の聖地のようなお店だが、オーナーがご高齢なのとオリンピックに向けた再開発とで今年の11月に閉店するという話を最近知った。閉店までに機会を見つけてなるべく足を運ぼうと思い、今夜も訪問。

今夜の出演は助川太郎(g)、外園健彦(g)、安井源之新(per)。サンバやショーロといったブラジル音楽と、日本の童謡とをとりまぜた面白いセッション。サンバってカーニバルで流れてる賑やかな音楽というイメージだったので本来はこういうジャンルの音楽なんだと知って刺激的だった。

注文した料理もお酒も美味しく、客席の雰囲気も良い、楽しいライブだったな。無くなるのは残念だけどまた来なくっちゃ。

P_20190529_204049

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »