« アートフェア東京2019@東京国際フォーラム(2019/03/08) | トップページ | ハーヴィン・アンダーソン「They have a mind of their own」@RAT HOLE GALLERY(2019/03/12) »

2019年3月10日 (日)

「レシプロコル・リライアンス(相互依存)」@SCAI THE BATHHOUSE(2019/03/09)

今日の夕方は5時半からお茶の水で飲み会があったので、少し早く出かけて久しぶりに根津のSCAI THE BATHHOUSEに寄っていくことにした。現代美術の名門ギャラリーの一つで昔は頻繁に出かけていたんだけれど、震災後に平日の営業時間が7時までから6時までに繰り上げられてしまったので、会社帰りに寄ることが難しくなり足が遠のいてしまっていた。

現在展示中だったのはパリのキュレトリアルコレクティブ、キュレート・イット・ユアセルフが企画したアーティスト3人によるグループ展。

アンヌ=シャルロット・イヴェールの立体展示は、天井から釣り下がったガラスの管に色付きの液体が入っているというもの。透明な管にリンパ液のような黄色の液体が入っている様子は病院を想起させる一方で、それが柔らかいチューブではなくガラス管であることや鉄と一体となった構造物であることは工場も思わせ、そのイメージの重なり合いが緊張感を生み出している。

エンツォ・ミアーネスの作品は、正方形のガラスから円を切り出し、切り出した円と切り出された正方形を向かい合う壁にそれぞれ展示したもの。作品には黒カビのような模様が付いているが、これはギャラリー近くで採取した

アンヌ=シャルロット・フィネルの映像作品は、工場夜景と海底をテーマにしたもの。荒い粒子のモノクロ映像がどことなくディストピア感を漂わせつつも安らぎを感じさせる。

とても現代美術らしい、見終わった後に世界が少し変わって見えるような違和感を感じさせてくれる展示だった。やっぱり力のあるギャラリーだな。また足を運ぶ回数を増やそう。

Th__omp2893thumbautox7202145

|

« アートフェア東京2019@東京国際フォーラム(2019/03/08) | トップページ | ハーヴィン・アンダーソン「They have a mind of their own」@RAT HOLE GALLERY(2019/03/12) »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「レシプロコル・リライアンス(相互依存)」@SCAI THE BATHHOUSE(2019/03/09):

« アートフェア東京2019@東京国際フォーラム(2019/03/08) | トップページ | ハーヴィン・アンダーソン「They have a mind of their own」@RAT HOLE GALLERY(2019/03/12) »