« カタストロフと美術のちから展@森美術館(2019/01/07) | トップページ | 普天間かおり@サンエー那覇メインプレイス(2019/01/13) »

2019年1月14日 (月)

オブジェクト・ポートレイト@大阪市立東洋陶磁美術館(2019/01/10)

今日は会社の仕事で大阪に出張。予定よりも少し早い時間に仕事が終わったので、東京に帰る前に大阪市立東洋陶磁美術館に立ち寄っていくことにした。

現在開催中なのはエリック・ゼッタクイスト氏の個展。彼は古陶磁の細部を高度に抽象化して白黒の二色で表現するという作品を手がけている。今回出展されている作品は、当然ながらここ大阪市立東洋陶磁美術館が所蔵する優品たちをモデルにしたもの。

陶磁の全体ではなく、シルエットのごく一部(例えば取っ手とその隣接部分)を切り取ったり、穴が開いている部分を写し取ったりと、そのアプローチは実に多彩。展覧会の説明にあるとおり単独の抽象画としても面白く見ることはできるんだけど、モデルとなった陶磁と並べて見比べてみると、器の美を切り取る鑑賞眼を否が応でも感じさせる。器全体の印象をこう切り取るか、という衝撃と、その見方を踏まえて器を見直すと前回と違って見えるという驚き。見巧者の手ほどきというのはこういうものか。

この美術館のファンであればぜひ見ておくべき展示。というより、常設展示にするべきじゃないのかな、これ。

P_20190110_131425

|

« カタストロフと美術のちから展@森美術館(2019/01/07) | トップページ | 普天間かおり@サンエー那覇メインプレイス(2019/01/13) »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/67591138

この記事へのトラックバック一覧です: オブジェクト・ポートレイト@大阪市立東洋陶磁美術館(2019/01/10):

« カタストロフと美術のちから展@森美術館(2019/01/07) | トップページ | 普天間かおり@サンエー那覇メインプレイス(2019/01/13) »