« 毛利美穂展 [種々様々Ⅱ]@画廊くにまつ青山(2018/09/20) | トップページ | 野口琢郎展@ときの忘れもの(2018/09/22) »

2018年9月23日 (日)

Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ) 立木義浩写真展@シャネル・ネクサス・ホール(2018/09/21)

今日の夕方はシャネル・ネクサス・ホールに。今夜の目的はコンサートではなくアート。写真家の立木義浩氏の個展が開催されている。

展示されているのはタイトルの通り基本的にはモノクロ写真。東京で日常的にふと目にする風景が、単独で、あるいは女性と共に撮影されている。圧倒されるのは作品の艶やかさ。黒と白の2色しかないのにこんなに肉感的に感じるのは、光の強弱が意識されるからだろうか。撮影された風景や女性のファッションは現代のものであるはずなのに懐かしさを感じるのも同じ理由かもしれない。

会場は壁が取り除かれて大きなホールになっていて、モノクロの展示作品は四面の壁に展示させられている。そして部屋の真ん中には四角い柱が設置され、そこには極彩色の静物写真が。この対比も心憎い。

このギャラリーらしい、直球ど真ん中で誰でも楽しめるファッショナブルな展示。銀座で時間があればぜひ足を運んでほしい。

Qes

|

« 毛利美穂展 [種々様々Ⅱ]@画廊くにまつ青山(2018/09/20) | トップページ | 野口琢郎展@ときの忘れもの(2018/09/22) »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/67197640

この記事へのトラックバック一覧です: Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ) 立木義浩写真展@シャネル・ネクサス・ホール(2018/09/21):

« 毛利美穂展 [種々様々Ⅱ]@画廊くにまつ青山(2018/09/20) | トップページ | 野口琢郎展@ときの忘れもの(2018/09/22) »