« ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界@三菱一号館美術館(2018/09/14) | トップページ | リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」@原美術館(2018/09/18) »

2018年9月18日 (火)

飯沼英樹「東京楽園」@SNOW Contemporary(2018/09/15)

今日の夕方はプールに出かける途中で西麻布のSNOW Contemporaryに立ち寄る。現在開催中なのは彫刻家の飯沼英樹氏の個展。彼の作品はここSNOW Contemporaryが西麻布に移転してきたお披露目展示の時に初めて見た。荒くて力強いテクスチャを持つ木彫にカラフルなブランドの衣服をペイントした作品は、異形でありながら強烈な存在感を持っていた。

今回展示されている作品は、過去の展示で試してきたネタ的な要素を封印したストレートなもの。かなり小さな、手に載るようなサイズの作品も多く、彼の作品の印象は木材の量感に負うところも多いのになぜこのサイズを選んだんだろう?と思ったのだが、どうも作品を街に持ち出して風景と共に撮影するという企画もやっていた様子。なるほど、それで「東京楽園」なんだね。

作品の女性が身に着けている服も東京での日常生活で目にするようなものが多く、作家の一面を知る意味でとても有意義だった。見ると元気の出てくる展示ですよ。

Top201809

|

« ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界@三菱一号館美術館(2018/09/14) | トップページ | リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」@原美術館(2018/09/18) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/67182768

この記事へのトラックバック一覧です: 飯沼英樹「東京楽園」@SNOW Contemporary(2018/09/15):

« ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界@三菱一号館美術館(2018/09/14) | トップページ | リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」@原美術館(2018/09/18) »