« Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ) 立木義浩写真展@シャネル・ネクサス・ホール(2018/09/21) | トップページ | 鮫島ゆい展「√ root」@ときの忘れもの(2018/09/23) »

2018年9月24日 (月)

野口琢郎展@ときの忘れもの(2018/09/22)

今日の夕方はときの忘れものへ。現在開催中なのは京都の箔画作家、野口琢郎氏の個展。会期は木曜日から始まっていたんだけれどオープニングレセプションは土曜日ということで今夜お邪魔することに。

野口氏は京都西陣の箔屋が実家で、家に代々伝わる技法を踏まえて作品を制作している。伝統技法に関する部分(例えば色とりどりの箔は銀箔を硫化させて作成する)と、独自に編み出した技法(作品の特徴である黒地の部分は石炭を磨り潰したものを使っているのだけれど、西陣の伝統では木炭粉を使うのだとか)とが入り混じり、作品制作のお話を聞いていても飽きない。

今回出展されている作品は夜明けの海と空など以前から主に取り組んでいるシリーズのほか、風景の断片をコラージュしたLandscape〉シリーズ、立体的なパーツをくみ上げたように見えるシリーズなど、いろいろな作品が並ぶ。僕が好きなのはやはり海と空のシリーズ。写真や絵画でも好きなモチーフなのだが、箔画ということで光の具合によって全く見え方が違い、夕方にお邪魔して滞在しているうちにどんどん雰囲気が変わっていくのが面白かった。

お話を聞くと作品が一番美しく見える時間はお昼時なのだとか。何とか時間を作ってもう一度見に行こう。

42146061_1874040059353368_727012063

|

« Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ) 立木義浩写真展@シャネル・ネクサス・ホール(2018/09/21) | トップページ | 鮫島ゆい展「√ root」@ときの忘れもの(2018/09/23) »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/67201745

この記事へのトラックバック一覧です: 野口琢郎展@ときの忘れもの(2018/09/22):

« Yesterdays 黒と白の狂詩曲(ラプソディ) 立木義浩写真展@シャネル・ネクサス・ホール(2018/09/21) | トップページ | 鮫島ゆい展「√ root」@ときの忘れもの(2018/09/23) »