« 改装につき名残のコレクション展@ときの忘れもの(2012/04/28) | トップページ | TOKYO M.A.P.S{レキシ/鈴木慶一/矢野顕子}@六本木ヒルズアリーナ(2012/05/04) »

2012年5月 3日 (木)

清川あさみ|美女採集@表参道ヒルズ(2012/05/01)

このゴールデンウイークは表参道ヒルズのイベントスペースで清川あさみの個展を開催中。彼女の作品は3年前に東京都庭園美術館で見て衝撃を受けた。女性の写真に刺繍とビーズでデコレーションを施した作品で、ちょっとフリーダ・カーロを連想したのを覚えている。その後あちこちで名前を見かけるようになり、美術館での個展も開催されていたのだがタイミングが合わずに出かけられず、今回の表参道ヒルズでの展示はとても楽しみにしていた。

出展されていたのは「美女採集」というシリーズからの作品が中心。女性誌の連載企画で製作した作品をまとめたもので、女性タレントの写真を元にデコレーションを施したもの。相武紗季、木村カエラ、栗山千明、黒木メイサ、佐々木希、土屋アンナ、戸田恵梨香、長澤まさみ、広末涼子、堀北真希、水原希子、道端ジェシカ、吉高由里子、などなど、いまどきの美女と言って思いつくタレントはほとんど取り上げられていたのではないだろうか。

が、個人的には前回に見たときほどの衝撃は受けなかった。なんというか、綺麗な女性の写真を綺麗にデコレーションしてみました、という感じなのだ。前回見たときには、刺繍やビーズは単に美しいだけではない、針を刺される肉体的な痛みや女性らしさを押し付ける慣習を思い起こさせる使い方がされていて、それが作品の異様な迫力を生んでいたのだけれども。

もともと広告やイラストレーションもやっていた作家なので今回の作品も作風の幅の中の一つなのだろう。小難しいことを考えず「やだーこれ超カワイイ」と見ることも出来る作品だとは思うし、そうであるからこそ行列が出来るほどの人気になっているのだろうが、個人的にはそっち方面の感性は乏しい。今ひとつ消化不良な思いを抱えつつ会場を出た。面白い作品も幾つか出展されていたので(それは雑誌企画とのタイアップではないそう)、次の機会を楽しみにしたい。

20120425_kiyokawa_v

|

« 改装につき名残のコレクション展@ときの忘れもの(2012/04/28) | トップページ | TOKYO M.A.P.S{レキシ/鈴木慶一/矢野顕子}@六本木ヒルズアリーナ(2012/05/04) »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

その感覚、素晴らしいです。水戸のときは、多少そのような作品もありました。表参道という場所柄もあり、大衆受けする作品がピックアップされたのでしょうね。でも、やはりそれ以上のものがあることが、長い間愛されるためには必要なのだと思います。

投稿: 青井 | 2012年5月 4日 (金) 14時47分

>青井さん、
コメント頂きありがとうございます。おっしゃるように表参道という場所柄もあり、また前回見た庭園美術館での企画展は他の作家との関連も含めそういうフェミニズム的な側面を強調していたのだと思います。。大衆受けとプラスアルファ、多くの作家さんが一番悩むところなのでしょうね。

投稿: Koi | 2012年5月 4日 (金) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 清川あさみ|美女採集@表参道ヒルズ(2012/05/01):

« 改装につき名残のコレクション展@ときの忘れもの(2012/04/28) | トップページ | TOKYO M.A.P.S{レキシ/鈴木慶一/矢野顕子}@六本木ヒルズアリーナ(2012/05/04) »