2006/06/11

CompTIA RFID+認定パッケージ

以前の記事で書いたRFID+合格者向けの認定パッケージがCompTIAから送られてきた。何か面白いものが入っているかな、とちょっと期待していたのだが、内容は合格証明書とIDカードのみ。まぁ、CompTIAの試験はどの試験でもこんな感じなんだけれど、もうちょっと何か色気のあるものがあっても良かったと思うのだが…。ちなみに認定パッケージには受験したのがベータ試験であることを示すものは一切含まれていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/08

CompTIA RFID+ベータ試験合格

アメリカのIT業界団体CompTIAが、主にSlap and Shipを対象としたエンジニア認定資格RFID+の試験の提供を開始した。RFID Journal LIVE!でもトレーニング会社RFID4Uと提携したセミナーが開催されていた(通常は3日程度のコースを1日に詰め込んだようでかなり駆け足だったそうだが)。この試験の概要については日経ITPro:ICタグ導入の“現場”の知識を測る米国新資格に詳しい。

僕もこの試験のベータ試験を去年受験しており、先日合格通知が届いた。900点満点で合格点が630点のところ786点。ほとんど手がかりのない状態から準備して受験した割にはまずまずの成績だったなと思う。間違えた解答があった分野は以下の通りとのことだ。

  • 2.2 Identify reasons for tag failure
  • 9.1 Describe installation and configuration of RFID printer
  • 9.2 Describe ancillary devices/concepts
  • 1.3 Define anti-collision protocols (e.g. number of tags in the field/response time)
    4.2 Given a scenario, select the optimal locations for an RFID tag to be placed on an item
  • 6.1 Given a scenario, describe hardware installation using industry standard practices
  • 6.2 Given a scenario, interpret a site diagram created by a RFID architect describing interrogation zone locations, cable drops device mounting locations
    7.1 Given a scenario, demonstrate how to read blueprints (e.g., whole infrastructure)
  • 1.4 Given a scenario, solve dense interrogator environment issues (domestic/international)
  • 5.1 Given a scenario, predict the performance of a given frequency and power (active/passive) as it relates to: read distance, write distance, tag response time, shortage capacity
  • 7.3 Given a scenario, analyze environmental conditions end-to-end
  • 2.1 Given a scenario, troubleshoot RF interrogation zones (e.g., root-cause analysis)
  • 1.1 Describe interrogator functionality

後日合格者向けに認定証などのパッケージが送られてくるとのことで楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)