« RFID Journal 抄訳 2019/06/14号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/06/28号 »

2019/06/22

RFID Journal 抄訳 2019/06/21号

今週気になる記事はImpinj社とNXP社の特許紛争です。編集後記にもある通り両社はRFIDマーケットで実業を展開しているメーカーであり、マーケット自体を傷つけることは望んでいません。常識的に考えれば今後は利用者が意識しないところで交渉が進んで示談になるはずです。

今週の識者投稿は米軍の原子力潜水艦の予防保守の話。RFIDやIoTに関係する話はほとんど出てこないし目新しいビジネスコンセプトが示されているわけでもないのですが、結構臨場感のある興味深い内容です。こういう分野の話が好きな方はぜひ。

なお、元記事はこちらになります。

Impinj Sues NXP for Patent Infringement

Impinj社がNXP社をRFIDチップに関する特許侵害で訴えました。同社はUHFパッシブタグの性能チューニングなどに関する26の特許が侵害されたとしています。Impinj社はNXP社のUCODE 7チップの販売差し止めは要求しておらず、UCODE 8チップの差し止めだけを要求しており、また係争中の技術はGS1プロトコルの実装に必須ではないとしています。NXP社は訴えの事実は認めましたがそれ以外のコメントは差し控えるとしています。

NFC Raises Spirits for Tasmanian Distillery

オーストラリアのRFIDベンダーAusNFC社はタスマニアの食文化イベントThe Taste of Tasmaniaに出展された地元のウイスキーにNFCタグを貼付することで、製品の認証や情報提供を消費者が受けられるようにしました。利用されるタグはHID Global社のものです。

RFID Tracks Bourbon As It Ages

酒造メーカーのWild Turkey社はバーボンの熟成管理にRFIDを利用しています。バーボンはオーク樽に詰めて6~13年間熟成されます。同社はそれぞれの樽にUHFパッシブタグを貼付し、ハンドヘルドリーダーで読み取ることで、棚卸しや必要な樽の取り出しなどの作業を簡略化しました。

Sigfox Launches Chicago Hacking House With Smart-City Focus

Sigfox社はシカゴのコワーキングスペースChicago Connectoryで12週間の集中トレーニングプログラムHacking Houseを開催します。このプログラムはSigfoxとIoTの集中的な技術トレーニングを行ない、実際のIoTソリューションを開発することを目的としたもので、アメリカでは2回目の開催になります。

RFID in Manufacturing: Virtual Event Presentations Now Available

製造業でのRFID活用をテーマにしたバーチャルイベントRFID in Manufacturingでの講演の録画が視聴できるようになりました(有償購読者限定)。

RFID News Roundup

  • Atlas RFID Solutions社がトラッキングソリューションの新製品を発表
  • JADAK社がハンドヘルドRFID/バーコードリーダーの新製品を発表
  • Silicon Labs社とNotion社がIoT対応のスマートホームセンサーで提携
  • BehrTech社が産業向け無線IoTの新ブランドMYTHINGSを発表
  • LoRa Alliance社がIoT機材へのLoRaWAN認定プログラムを開始
  • ABI Research社が農業向けIoTに関するレポートを発表

Thoughts on the Impinj-NXP Legal Battle

Impinj社とNXP社の間の特許紛争は、両社ともユーザーを巻き込まないような形で動いており、マーケットに大きな影響を与える前に集結すると考えられます。

Hunting Downtime: A Submariner's Perspective on Predictive Maintenance

アメリカ海軍は原子力潜水艦の予防保守を行うためにエンジンの回転数や潤滑油の流量を定期的に記録し、長期的なトレンドや短期的な異常値の発生を見抜くためのオペレーションを行っています。この原則は民間においても、またIoTによってデータの取得が自動的に行えるようになっても通用するものです。

Hospital Builds Intelligence One RTLS Step at a Time(有償記事)

St. Joseph Mercy Oakland病院はスタッフの所在を把握するためにRTLSシステムを導入しました。同病院が導入したのはCenTrak社のIR-RFID複合タグです。

 

|

« RFID Journal 抄訳 2019/06/14号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/06/28号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RFID Journal 抄訳 2019/06/14号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/06/28号 »