« RFID Journal 抄訳 2019/04/26号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/05/10号 »

2019/05/03

RFID Journal 抄訳 2019/05/03号

今週もRFID Journal LIVE!で発表された新製品の紹介が続いています。

今週興味深かったのはFEIG Electronics社などが取り組む駐車場での車両管理向けのRFIDリーダー搭載ドローン。パイロット的な事例としては何年も前から出ているものですが、完成した商品として販売できるようになるには時間がかかった、ということでしょうか。

Feigdrone1

今週の識者投稿はヘルスケア分野でのIoTの利用。プライバシーやセキュリティ、メンテナンス、倫理的な配慮など、必要な考慮点が列挙されています。この分野、ITスタートアップ的なスピード感と必ずしも噛み合わないところも多いように思うので、記事で指摘された点をきちんと踏まえながら進んでいくと良いなと思います。

なお、元記事はこちらになります。

Mammut Uses NFC for Customer Engagement

スイスのアウトドア用品メーカーMammut社は顧客エンゲージメントのためにNFCを利用しています。同社は製品にSmartrac社のCircus Flex NFC タグを縫い込み、そこに製品・製造情報を格納すると共に、顧客がNFCタグをスマホでタップすると商品情報を表示するようにしています。

New Zebra Reader Promises Real-Time RFID Data Capture

Zebra Technologies社はUHFパッシブRFIDタグによるRTLSソリューションのための天井設置型RFIDリーダー、ATR7000を発表しました。この製品は70センチの精度での即位を可能にするものです。この製品は同社のハンドヘルドリーダーMC3300とともにRFID Journal Awardの最優秀製品の最終選考に残りました。

Push-Button Active RFID Tag Delivers Alerting to Workers, Patients

GuardRFID社はスタッフ識別用の緊急ボタン付きRFIDタグの新製品を発表しました。このタグは通常時にスタッフの位置を確認するとともに、ボタンを押したことがIDと共に通知されます。従来のこの種のタグは大型だったりボタンのデザインが複雑だったりしましたが、新製品ではその点が改善されています。

UHF Reading Drone Tracks Vehicles, Assets

FEIG Electronics社、Tiger Labs社およびCongruex社の3社は屋外駐車場で自動車の在庫管理にRFIDリーダー搭載のドローンを利用するソリューションを開発しました。次の目標として屋内飛行が可能なソリューションが検討されています。

RFID News Roundup

  • RFID Journalが小売とサプライヤー向けのWebセミナーを開催
  • Nedap社とMishiPay社がRFIDとスマホを使ったセルフチェックアウトシステムで提携
  • BluEpyc社が加速度計、温湿度計を搭載可能なBLEビーコンを発表
  • Hazelcast社がIoT、エッジ、クラウドに対応したストリーミングエンジンを発表
  • Dodge Data & Analytics社とTriax Technologies社が建設業界でのIoTによるリスク管理のレポートを発表
  • New Boundary Technologies社とRadio Bridge社が長距離無線センサーのIoT対応で提携

Learn RFID Best Practices from BAE Systems

今年のRFID Journal LIVE!のRFID戦略ワークショップではBAE Systems社がプレゼンテーションを行いました。同社はRFIDの可能性を展示会に出て実物を見て確認し、既存の業務プロセスを分析したうえでRFIDが適用可能な分野を選択しました。他の企業のRFID導入でも参考になるアプローチです。

The Brave New World of Health-Care IoT Is Enticing-But Proceed With Caution

ヘルスケア分野でのIoTの利用にはプライバシーやセキュリティ、メンテナンス、倫理的な配慮が必要になります。この分野のIoT化にチャレンジしようという企業は十分な時間をかけてこれらを検討する必要があります。

UWB Technology Brings Signalization to Turkish Mining Company(有償記事)

トルコの鉱山会社ESAN社は地下での車両やスタッフの識別、所在管理のためにUWBアクティブタグを利用しています。

|

« RFID Journal 抄訳 2019/04/26号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/05/10号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RFID Journal 抄訳 2019/04/26号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/05/10号 »