« RFID Journal 抄訳 2019/04/19号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/05/03号 »

2019/04/27

RFID Journal 抄訳 2019/04/26号

先週に引き続きRFID Journal LIVE!で発表された新製品の情報が多くなっています。

今回興味深かったのは特集記事のイギリスのビア樽レンタル会社でのビア樽管理事例。この分野ではLFパッシブタグが主に使われているのですが、この事例ではRFIDパッシブタグを採用。それだけでも新鮮なのに、なんとMojixを使ってRTLSでの管理を行っています。大胆な事例だなぁと思う一方で、Mojixの最新の機能が気になります。

Axzon社のセンサー機能付きUHFパッシブRFIDタグの記事も興味深かったです。初めてこの種の製品を見て衝撃を受けてから、着実に製品は進歩しているのでしょうね。

なお、元記事はこちらになります。

RFID Goes to the Races

イギリスの競馬場Chelmsford City RacecourseではNFC対応のリストバンドを使った入場券や物販の販売管理を行っています。馬券の購入は対象ではありません。この種のソリューションは音楽フェスなどでは普及していますが、競馬場では目新しいものです。このソリューションはEvent Genius社が提供しています。

RTLS Reader from RF Controls Features Steerable Array Antenna

RFIDベンダーのRF Controls社はRTLS機能を搭載したUHFパッシブRFIDリーダーを販売しています同社のリーダーCS-445Bは天井に設置すると最大90平方メートルの読み取り範囲を持ち、タグの位置を50センチの精度で測定できます。同社はタグベンダーのConfidex社とソリューションの展開で協業しています。

New Short-Range UHF Reader Targets Automotive Suppliers

産業向けセンサーのメーカーSICK社は組み立てラインでの利用を想定した読み取り距離の短いUHFパッシブRFIDリーダーを発売しました。従来狭い組み立てラインでは遠くにあるタグを誤って読むことを防ぐためHFパッシブRFIDが使われていましたが、この製品では読み取り距離や指向性をコントロールすることで誤った読み取りを防止します。

Axzon Adds New Features to Sensing RFID Tag

Axzon社がセンサー機能を持つRFIDパッシブタグの新製品を開発しました。Xerxes-Iタグは1つのタグで最大4つのセンサーをサポートし、暗号化に対応します。Xerxes-IIタグは電力供給を受けてデータロギングに対応します。

RFID News Roundup

  • Primera Technology社がオンデマンドのカラーRFIDラベルプリンタを発表
  • Seagull Scientific社がRFIDやスマートカード向けのラベルアプリを発表
  • Blue Bite社とr-pac International社がRFIDサプライチェーンソリューションで提携
  • Avery Dennison社がインドにインテリジェントラベルソリューションのラボを開設
  • UWINLOC社が産業向けトラッキングタグの製品群を発表
  • PragmatIC社がフレキシブルICで2千万個の受注を達成と発表
  • Eclipse FoundationがIoTデベロッパーのアンケート結果を公表

Networking at LIVE! Is an Additional Benefit

RFID Journal LIVE!に参加する大きなメリットの一つは他のユーザー企業とのネットワーキングです。参加したユーザー企業は同業他社との接触には注意するものの他の業界の企業との接触や情報交換にはとても積極的で、非常に有益な知見を獲得しています。

New Sensor Technology Can Allow for Smarter Presence Detection

現在人感センサーとして主に利用されている焦電体センサーは温度「の変化」を検出するため人間がずっと滞在するような環境での存在検知には適していません。この欠点を克服するため、温度そのものの測定ができるサーモパイルセンサーの利用が始まっています。

RFID Delivers Visibility to U.K. Beer Containers(有償記事)

イギリスでビール樽のレンタルを行うClose Brothers Brewery Rentals社はRFIDを利用した独自の樽管理システムを開発しました。この分野では金属対応のためにLFタグが広く使われていますが、同社は一括読みとりを行いたいと考えてUHFパッシブRFIDを利用することとし、Mojix社のSTARflex RTLSシステムとHID Global社の金属対応タグを採用しました。

|

« RFID Journal 抄訳 2019/04/19号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/05/03号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RFID Journal 抄訳 2019/04/19号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/05/03号 »