« RFID Journal 抄訳 2019/03/22号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/04/05号 »

2019/03/30

RFID Journal 抄訳 2019/03/29号

RFID Journal LIVE!が近づいてきたため製品の記事が増えてきました。

今週面白いなと思ったのはThingMagicの新型UHFパッシブRFIDリーダー。組み込み用の小型モジュールなのですが、マイクロプロセッサーを搭載しており読み取り条件をプログラミングできます。ユーザーから「自分たちはRFIDのプロになるつもりはない」という要求を受けて開発したものだそうで、RFIDのコモディティ化は着実に進んでいるんだなと感じました。

El6e1

Citizens Reserve社はRFIDとブロックチェーンを組み合わせたサービスプラットフォームも興味深かったです。トライアルを行っている企業があるそうで、ユーザー視点で具体的に利益が出ることを想定しているのでしょうか。

なお、元記事はこちらになります。

Myer Achieves Near-100 Percent Inventory Accuracy With RFID

オーストラリアの百貨店チェーンMyer社は店舗での商品管理にRFIDを導入しています。同社は電子製品を対象としたトライアルを昨年実施し、ほぼ100パーセントの在庫精度の達成と売り上げの上昇、棚卸作業時間の短縮などの成果が出たため、対象商品と導入店舗の拡大を進めています。導入したのはCheckpoint Systems社のUHFパッシブソリューションです。

RFID Module Brings Autonomy to Reader Installations

RFIDメーカーのJADAK社はUHFパッシブRFIDリーダーの新製品ThingMagic EL6eを発表しました。この製品は単体で読み取りデータを処理するためのマイクロプロセッサーを搭載しており、事前にプログラミングされた条件を元に読み取りイベントの通知を行うことができます。同社はこのモジュールにUSBインタフェースを搭載したエンドユーザ向け製品ThingMagic Elaraも発売する予定です。

Blockchain Platform Leverages RFID Solution for Inventory Management

Citizens Reserve社はRFIDとブロックチェーンを組み合わせたサービスプラットフォームSUKU Ecosystemを提供しています。同社のプラットフォームはSmartrac社のCOSMOSソフトウェアを利用しており、家畜業界がトライアルを実施中です。

Simon AI Provides Turnkey IoT Solution With BLE

BLEベンダーのKontakt.io社はプラグアンドプレイに対応したIoTプラットフォームの提供を開始しました。このプラットフォームはIoTテクノロジーの導入経験が無くサブスクリプション契約を利用したい中小企業を対象としたもので、倉庫や医療施設でトライアル導入が行われています。

RFID News Roundup

  • Zebra社がフィールドオペレーションに関する調査結果を公表
  • Muhlbauer社とPragmatIC社がRFIDの製造ソリューションで提携
  • NeWave Sensor Solutions社とSmart Label Solutions社がRetail CIO Outlookの注目企業に選定
  • iDTRONIC社がHF-NFC RFIDパネルリーダーを発表
  • Teslonix社が分散RFIDリーダーシステムの商用化パートナーを募集
  • Semtech社がLoRaを用いたクラウド位置システムを発表
  • Accruent社とTridium社が不動産・工場向けのIoTパートナーシップを締結

A Tool to Match Buyers and Sellers

RFID Journal LIVE!では参加者が自分の目的に合ったベンダーを検索して製品の詳細を調べたりメールを送信したりすることができるツールRFID Connectを提供しています。

The IoT and Near-Real-Time Retail Personalization

スマホを用いた顧客の屋内外での位置の取得、商品に貼付したRFIDタグを用いたパーソナライズされた情報提供などの新たな顧客体験を提供する技術は、未来の存在ではなく現時点で既に利用可能です。

Lockheed Solution Tracks Fighter Jet Parts Around the World(有償記事)

Lockheed Martin社はF35戦闘機の部品の所在管理をRFIDで行っています。同社が利用しているのはCuro International社の製品で、433MHzアクティブタグ、GPS、携帯電話と衛星電話の通信機能を搭載しています。

 

|

« RFID Journal 抄訳 2019/03/22号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/04/05号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RFID Journal 抄訳 2019/03/22号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/04/05号 »