« RFID Journal 抄訳 2019/02/01号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/02/15号 »

2019/02/08

RFID Journal 抄訳 2019/02/08号

今週一番興味深かった記事はバッテリーレスBluetoothセンサー。来年にも量産が始まり、3年以内には単価を10セント以下に引き下げることを目指すとか。気になる読み取り距離も現状で2メートル、将来は10~20メートルを目指すと。いろいろなIoTソリューションが生まれそうです。

Wiliot1

Stop and Shop社の無人バンを使った移動生鮮食品スーパーも面白いですね。日本でこそ需要があるように思いますが報道を見かけた記憶がありません。規制が厳しいのか、想定利用者(たぶん地方の高齢者)のリテラシーの問題なのか。

なお、元記事はこちらになります。

Driverless Mobile Store Leverages RFID to Bring Food to Customers

アメリカの大手スーパーStop and Shop社は生鮮食品を搭載した移動店舗車両の導入計画を発表しました。同社はスタートアップ企業Robomart社のソリューションを導入する計画で、顧客はスマホから無人の移動店舗車両を呼び出し、アプリで車両のドアを開いてRFIDタグが貼付された商品をピックアップ、決済も自動で行われます。

SML to Be Cornerstone Sponsor of RFID Journal LIVE! 2019

4月2日~4日にアリゾナ州フェニックスで開催されるRFID Journal LIVE! 2019で、SML社がコーナーストーンスポンサーを務めます。

Zebra Introduces Two New Handheld RFID Readers

Zebra Technologies社はハンドヘルドRFIDリーダーの新製品MC3330RとMC3390を発表しました。両製品はAndroid OSで動作し、小売、物流、工場などの幅広いアプリケーションに対応します。この製品の予想価格は3000~4000ドルです。

Wiliot Unveils Passive Bluetooth Sensor

ファブレス半導体企業のWiliot社は世界初のバッテリーレスBluetoothセンサーを発表しました。このセンサーは環境中の電波からエネルギーを受信して蓄積し、一定量の電気を蓄積するごとに電波を分割して送信します。現在のチップの通信距離は2メートルですが、次期バージョンでは10~20メートルの通信が可能になります。同社はこの製品の量産と販売を来年初めに開始し、3年以内に単価を10セント以下に引き下げることを目標としています。

RFID News Roundup

  • Tamarack Products社がRFIDタグへの印刷でLake Image Systems社の技術を採用
  • Luxochain社がNFC、RFID、ブロックチェーン、指紋認証などを統合した偽造防止サービスを発表
  • Amazon社がZigbee Allianceの取締役に就任
  • Rutronik社がInsight社のSiP Bluetooth無線のアンテナモジュールの取り扱いを開始
  • C3社がヨーロッパの電力大手Enel社にIoTとAIの技術を提供
  • Ericsson社が産業分野を対象とした携帯電話向けのIoTソリューションを導入

Observations from NRF's Big Show 2019, Part II

今年のNRF Big Showに出店したRFIDベンダー各社は、ハードウェアやソフトウェアに加え、小売業界を対象にした統合ソリューションの展示を行っていました。これは良い兆候です。

RFID and the IIoT for Industrial Tool Tracking

高価で保有数の工具の管理を適切に行わないと紛失による損失に加えて作業の遅延が大きな損失につながります。RFIDや産業向けIoTを用いたトラッキングは非常に有効な解決策になります。

NFC Helps Track Medication Use in Clinical Trials(有償記事)

Schreiner MediPharm社は薬の臨床試験の利用状況を把握するためのソリューションSmart Vial Kitを開発しました。Smart Vial Kitは、箱に入れられたそれぞれの薬剤ごとに患者がいつ取り出したかを把握するもので、NFC対応のスマートフォンをタップすることで情報を取り込むことができます。

|

« RFID Journal 抄訳 2019/02/01号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/02/15号 »

コメント

「元記事はこちらになります」の所の URL は
https://www.rfidjournal.net/newsletters19-general/013119.html
ではないでしょか。

投稿: | 2019/02/15 12:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2019/02/08号:

« RFID Journal 抄訳 2019/02/01号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2019/02/15号 »