« RFID World Watcher Monthly October 2018 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2018/12/14号 »

2018/12/08

RFID Journal 抄訳 2018/12/07号

今週の特集記事は日本ガイシの米国工場。生産管理の向上のためにBLEビーコンを導入したという事例です。日本企業の名前をRFID Journalで見るのは嬉しいものですが、日本のメディアに出ていない事例を先に見つけるというのはちょっと複雑な気分でもありますね。

NFC対応のボトルキャップ。昔から製品は提案されているのですが、実際に導入したという記事はあまり見かけません。ユースケース自体があまり存在しないのか、それとも一般向け記事では書ききれないような細かな技術的な課題があるのか、どちらなのでしょう。

Talkincapweb

なお、元記事はこちらになります。

DLA Plans IoT Solution for Tracking Assets at Texas Facility

Savi社はアメリカ国防兵站局とIoTによる車両トラッキングを行う契約を締結しました。このソリューションはOrbcomm社のデバイスを利用するもので、太陽電池を補助的に利用することで最大10年の電池寿命を持ち、車両の一般的な耐久年数にわたって動作することが可能です。

Smartrac Brings Experience Center to California

Smartrac社はカリフォルニア州アーバインに新しいエクスペリエンスセンターをオープンしました。この施設では顧客が自社のユースケースを持ち込んで実際に確認するというカスタマイズされたサービスを提供することに重点が置かれています。

IoT Network Puts Defibrillator Management in Hands of Suppliers

CardiLink社はAED装置のモニタリングを行うソリューションを提供しています。AEDは必要とされたときに電池切れなどが起きていると正しく動作しません。同社のソリューションは、AEDキットの状態を定期的に4G回線経由で送信すると共に、所定の位置から持ち出されたことをGPSを用いて監視、報告します。

NFC Caps Enable Tracking, Engagement, Authentication of High-Value Products

Closure Systems International社はNFCタグを搭載したボトルキャップを開発しました。このキャップには開封検知機能を持つものと持たないものの2種類があります。キャップはサプライチェーンでのトラッキング、偽造防止と消費者への情報提供との両方の用途に利用可能です。

Chinese Packaging Company Brings Low-Cost RFID to United States, Europe

中国の宝紳紙塑有限公司は北米全域でUHFパッシブとNFCのタグの販売を拡大しようとしています。同社は年間10億枚のタグを生産する能力を持ち、UHFパッシブRFIDタグとEASタグの複合タグを2019年に投入する予定です。

RFID News Roundup

  • Siemens社がIoTインタフェース対応のUHF RFIDリーダーを発表
  • Lowe Rental社とCoreRFID社が冷蔵庫監視ソリューションを発表
  • Haydale Technologies社とStar RFID社がRFID用のグラフェンインクの開発で提携
  • BCC Research社のマーケットレポートがRFIDの力強い成長を示す
  • iDTronic社が産業用IoT向けのリーダーライターを発表
  • Cocoon In The ParkフェスティバルがRFIDキャッシュレス支払いを導入
  • C3社が高速AI開発用のプラットフォームを発表

About the RFID Journal Awards

RFID Journal Awardsは、応募者から金銭を受け取ることはなく、技術革新よりもビジネス価値に重点を置いた、エンドユーザーにとって価値のある賞です。

Why Location Solutions Are Critical for Maximum Productivity and Efficiency

組織内で位置情報を管理することで、さまざまな生産性向上、効率改善のメリットを得ることができます。具体的には、ワークフローの合理化、顧客体験の強化、新たな市場・収益機会への手がかりの取得などがそれにあたります。

BLE Provides RTLS for Tracking Production at Auto Ceramics Company(有償記事)

日本ガイシは米国子会社での生産管理の向上のためにRTLSを導入しました。このRTLSはビーコンに対応したもので、部品や資材を搭載するパレットに装着して位置の管理を行います。RTLSソリューションはThinkinside社の製品を、BLEビーコンはQuuppa社の製品をそれぞれ採用しました。

|

« RFID World Watcher Monthly October 2018 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2018/12/14号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2018/12/07号:

« RFID World Watcher Monthly October 2018 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2018/12/14号 »