« RFID Journal 抄訳 2018/12/14号 | トップページ | RFID World Watcher Monthly November 2018 »

2018/12/21

RFID Journal 抄訳 2018/12/21号

今週目を引いた記事はフランスのベンチャー企業が開発中のUHFパッシブ-UWBのハイブリッドタグ。UHFパッシブで電力と命令を受け取り、UWBで信号を発信して高精度の測位を行うって、とてもクールなアイデアだと思います。実用的な製品が出てくるのかはこれからですが、期待して待ちたいと思います。

今週の識者投稿も負けず劣らず興味深かったです。HPのブラジル支社が商品のパッケージに電子透かしでシリアル番号を印刷し、RFIDとリンクさせた個品管理を行っているという話。記事の中のユースケースも面白かったのですが、この技術、Amazon Goのような画像認識タイプのレジ無し店舗の可能性を大きく広げる可能性があります。

ザルツブルクの「きよしこの夜」初演100年記念キャンペーンでのBLE、NFC利用の話もいいですね。それほど難しい技術ではないのでどんどんあちこちで使ってほしいものです。

なお、元記事はこちらになります。

Multinova Reduces Time Required to Separate Orders By 60 Percent

ブラジルの梱包資材メーカーMultinova社は発砲プラスチックロールの出荷管理にUHFパッシブRFIDを利用します。従来はバーコードが利用されていましたがロールは高く積み上げられるため読み取りのための作業員の負荷が高いのが問題でした。

Beacons, NFC Showcase 200 Years of 'Silent Night

オーストリアのザルツブルク州観光局は観光客の誘導にBluetoothビーコンとNFCを利用します。クリスマスソングの「きよしこの夜」は100年前にザルツブルクで初演され、同州ではこの曲にまつわる名所を巡るキャンペーンを実施しています。観光客は最初に専用アプリをスマホにインストールし、名所の近くに近づくとBluetoothビーコンで案内を受け取ります。建物の周りを探してNFCタグをタッチすることで様々な情報を受け取ることができます。

Incubator Program Yields BLE and NFC Credentialing

Exponent社は緊急対応作業員がスマートフォンを用いて身元確認を行うプログラムKantara Initiative, Identity and Privacy Incubatory (KIPI)を開発しています。このプログラムはBLEとNFCを利用します。

French RTLS Company Joins EU Initiative for Flexible Electronics Innovation

フランスのベンチャー企業UWINLOC社は小型のRTLSタグを開発しています。このタグはUHFパッシブRFIDと同じ通信でリーダーからの指示と電力を受け取り、UWB信号で返信します。現在のタグの大きさは6cm角ですが、同社はこれを1cm角に小型化するための作業を行っています。

RFID News Roundup

  • Spanset社がCoreRFID社を買収
  • Central Admixture Pharmacy Services社とKit Check社が薬剤入り注射器にRFIDタグを貼付
  • STMicroelectronics社がAmazon FreeRTOS向けのNB-IoTスターターキットを発表
  • Libelium社がIoT機器向けのクラウド接続サービスを発表
  • ソラコムがIoTイノベーション向けのアクセラレータープログラムを発表
  • Tuya Smart社が顔認証を用いたスマートホーム向けIoTセキュリティシステムを導入

Who's to Blame for the Relatively Slow Pace of RFID Adoption?

RFIDの導入が業界の期待通りに進まない原因の一つは、ベンダーがマーケティングに予算を使わないからです。ジェフリー・ムーアが「エスケープ・ベロシティ」で「企業は製品開発と同じ予算をマーケティングに充てるべきだ」と書いている通り、ベンダーが良い製品を開発したとしてもユーザーがその価値に気づいていなければ売り上げは上がりません。RFID業界は今までマーケティングについて十分に取り組んできませんでした。

Expanding the Digital Value Chain With Digital Printing

HPブラジル支社は商品のパッケージにシリアル番号を含む電子透かしを印刷し、RFID情報とリンクさせて個品管理を行っています。これにより、リサイクルへの取り組みへの消費者の反応を得るなど、さまざまな調査が行われています。

Active RFID Tracks Conditions for Exhibits Worldwide(有償記事)

Fortecho Solutions社は美術館・博物館に展示されている作品を監視するRFIDソリューションを販売しています。このソリューションは433MHzアクティブRFIDで動作し、加速度センサーに加えて対タンパセンサーや温湿度計も搭載可能です。この製品の特長は長寿命と長距離通信で、電池は7年間交換不要です。

|

« RFID Journal 抄訳 2018/12/14号 | トップページ | RFID World Watcher Monthly November 2018 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/67507464

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2018/12/21号:

« RFID Journal 抄訳 2018/12/14号 | トップページ | RFID World Watcher Monthly November 2018 »