« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018/07/27

RFID Journal 抄訳 2018/07/27号

元記事では過去に掲載された記事への再リンクが多くなっていて、それを除くと件数は少なめです。

今週面白いなと思ったのはRFIDを利用する家庭用スパイスサーバーを開発しているベンチャー企業の話。日本のセンスだとどこまでのニーズがあるかよく判らないのですが、惹かれる楽しいニュースなのは間違いありません。

スタンフォード大学のスピンオフ企業が手掛ける、WiFiネットワークに相乗りするセンサータグの話も興味深かったです。この記事だけでは技術的な詳細をつかむことができなかったので、もうちょっと勉強してみたいですね。

なお、元記事はこちらになります。

Tracking Brazilian Clothes Made in China

ブラジルのiTag RFID Smart Labels社は台湾のPrintronixと提携し、アジアで縫製されて中国に輸入されるアパレルに個品タグ付けを行うソリューションを提供します。

NFC Spices Up Meals for Intelligent Rack Users

ベンチャー企業のTasteTro社はRFIDを利用する家庭用のスパイスサーバーを開発中です。このスパイスサーバーは20種類のスパイスを格納し、レシピに合わせて必要な分量を取り出せるというもので、各スパイスのケースにNFCタグが貼付されてケースが正しい場所に設置されているかや十分な残量があるかを検知し、本体はBluetoothでスマホに接続されて必要なレシピの設定を行います。この製品は2019年第一四半期に出荷予定です。

Sensor Data, Images Hitch Ride With Wi-Fi-based Solution

スタンフォード大学のスピンオフ企業であるWavelite社はWiFiネットワークを活用したセンサータグHitchHikeを開発しています。HitchHikeのタグは受診したWiFiの電波を電力に変えて起動し、受診した信号を加工して転送することで専用に設定されたWiFi端末にセンサーデータを送信します。

RFID Goes Out to Pasture, Matching Ewes With Lambs

テキサスA&M大学は羊の交配のためにRFIDを利用する実験を行っています。農家は羊毛を効率よく生産する羊を繁殖できるように交配をコントロールしようとしますが、羊は牧場で自由に移動できるため、所在の管理は簡単ではありません。同大学の研究者は、それぞれの羊の耳にSapien社のLFパッシブタグを貼付し、水飲み場に来た時に読み取りを行うことで、羊の行動を記録して分析に役立てます。

RFID By Any Other Name

技術ベンダーの間にはRFIDの幻滅期の間に着いたネガティブなイメージを避けようと、自社の製品を別の技術用語でブランディングしようとするところがあります。これは愚かな動きです。すべての技術は本格的な普及に先立って必ず幻滅期を通るので、そのようなブランディングをすることは、ようやく幻滅期を脱した技術ブランドを捨て、これから幻滅期に入る技術ブランドを採用しようとすることだからです。

Smart Cows and How Not to Design IoT Products to Fail

IoTデバイスが実環境で適切に動作するかどうかには5つの重要な要素が関わってきます。輻輳、電波干渉、アクセスポイント間のローミング、ファームウェア更新などによる互換性の喪失、セキュリティ侵害がその5つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/21

RFID Journal 抄訳 2018/07/20号

今週は比較的地味な記事が並びました。

編集後記によるとRFID Journalが小売業向けのデジタルトランスフォーメーションの白書を制作中とのこと。同誌ならではのRFIDの様々な切り口が掲載されるものになっていてほしいですね。早く読みたいです。

SML社のRFID事業報告も興味深いです。大手は着実に事業を拡大させているんですね。

なお、元記事はこちらになります。

IoT Elevates Service and Lowers Downtime for Otis Customers

エレベーターメーカーのOtis Elevator社はエレベーターの予防保守や最適配車などを実現するIoTソリューション、Otis ONEを提供しています。このソリューションはドアの開閉の動作やエレベーターの加速など、従来は取得されていないデータも活用しています。Otis ONEは半年前に稼働しました。

SML Produced 1.4 Billion Tags for Retailers in 2017

SML社は2017年に14億枚のRFIDタグを販売し、同社のタグは世界の小売向けRFID案件の95%で採用されていると発表しました。小売向けのRFIDソリューションの年平均伸び率は30%で、RFID業界全体の伸び率を上回っています。

IoT Cuts Water Use, Boosts Yield for Asparagus Farm

有機農場のDevine Organicsはアスパラガスの栽培にIoTを活用しています。農場のあるカリフォルニア州は水が不足しており、農場は水の利用を細かく管理する必要があります。同農場ではLoRaで通信を行うワイヤレスセンサーを導入して土壌の水分含有率を測定することで、水の使用量を6%削減しながら収穫量をほぼ倍増させました。

UWB Brings Mapping Services Indoors

測位サービスのベンダーであるHERE Technologies社は屋内での高精度測位技術としてDecawave社のUWBソリューションを採用しました。UWBソリューションは3次元で10センチメートルの精度で即位を行うことができるため、WiFiやBluetoothビーコンでは精度が不足する、製造現場や倉庫での測位に利用されます。

Stora Enso to Be Cornerstone Sponsor of RFID Journal LIVE! Europe 2018

11月7日にロンドンで開催されるRFID Journal LIVE! Europe 2018で、RFIDソリューションプロバイダーのStora Enso社がコーナーストーンスポンサーになることが決定しました。今回のRFID Journal LIVE! Europeは第14回目となり、小売業トラックとそれ以外のトラックの2つのトラックで開催されます。

RFID News Roundup

  • Checkpoint Systems社とImpinj社がオーバーン大学認定RFIDタグの製造で協力
  • Smartrac社がNXP社のUCODE 8を搭載したRFIDインレーのBeltを発表

Digital Transformation Must Be Wholistic

RFID Journalは小売業向けのデジタルトランスフォーメーションの白書を制作中です。小売業のデジタルトランスフォーメーションはマーケティング的な側面に注目が当たりがちですが、商品を必要な分量だけ調達して店舗やWebストアに並べ、オンラインで各店舗のものも含む在庫を確認できるようにする必要があります。デジタルトランスフォーメーションは企業全体をカバーするものでなければなりません。

The Crossroads of Communications and RFID

スマートフォンは通信機能を持つだけではなくバーコードやRFIDタグを読み取ることもできるようになっており、持ち運びのできる業務端末として重要になりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/14

RFID World Watcher Monthly June 2018

RFID Journal LIVE!が終わって一息ついた時期であり、製品・事例ともに記事が多く、またパッシブUHF、NFCから独自Active、Bluetoothビーコンまで幅広い技術が取り上げられていました。

RFID World Watcher Monthly June 2018(PDF形式、234KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/07/06

RFID Journal 抄訳 2018/07/06号

今週気になった記事はダイヘンのRFID生産管理のニュース。クリーンルームでの乾燥処理の工程管理に利用しているようですが、日本のメディアでは報道を見ていない気がします。どういうルートでRFID Journalに伝わったのかちょっと気になります。

識者投稿はIoTを使ったサプライチェーン管理で起こりうる落とし穴の話。MRPを例にとり、在庫量が最適水準よりも高い状態と低い状態が繰り返されるという症状のお話なのですが、Bimodal Inventory Distributionと言うらしいこの症状、検索してもほとんどヒットしません。MRPの世界では有名な概念なのでしょうか。

なお、元記事はこちらになります。

RFID Brings Visibility, Analytics to Conditions and Status of Electronics Under Assembly

日本の産業用電機メーカーのダイヘンはRFIDを利用した生産管理を行っています。同社が製造する精密機械ではクリーンルームで乾燥を行うという工程がありますが、機器ごとにクリーンルームに滞在した時間を監視することは大きな作業負担になっていました。同社はFogHorn Systems社のソリューションを導入し、この作業を自動化しました。

Store Reduces Checkout Time by 80 Percent

ブラジルで化粧品の訪問販売を行うMari Semi Joias社はRFIDを用いて販売員の実績管理を行います。販売員が持ち出す商品の確認は従来は人手で行われ、毎回30分を要していましたが、RFIDシステムを導入して自動で読み取りを行うようにした結果、確認時間が6分に短縮されました。

IoT Manages Nutrient-Rich Milling in Africa

ボランティア団体のSankuはアフリカで小麦にビタミンやミネラルを添加して地域に提供する活動を行っています。同団体は地域ごとに小規模な工場と提携しているため、添加剤を定期的に補充するための活動には非常に手間がかかりました。同団体はIoTソリューションを導入し、添加剤の使用量をデータセンターに送信するようにしました。

Thermocouple Solution Tracks Location, Status of Temperature Sensors

熱電対メーカーのTE Wire&Cable社は製品の需要管理のためにPlataine社のRFIDソリューションを導入しました。熱電対とは異なる材料の金属線を接続して温度差を計測するセンサーですが、製品に寿命があるため一定の回数を超えて利用することができません。TE Wire&Cable社は製品にUHFパッシブタグを貼付し、製品をセットする取り付け口にリーダーを設置することで、使用回数を自動的に記録し、寿命に対するアラートを発行することができます。

RFID News Roundup

  • Feig Electronics社が人間の所在確認むけのUHF RFIDリーダーを発表
  • Teslonix社とCISC Semiconductor社がIoTとRFIDのテストソリューションで協業
  • Nordic Semiconductor社がBLEデバイスの無線性能評価向けのLitePointを検証
  • Smartrac社がオハイオ州でRFIDビジネスを拡大
  • IntelliGuard社がProdigy Health社のオンサイト在庫プログラムのサポート契約を獲得
  • Industrial Internet Consortiumがthe Journal of Innovationのデータ版を公開

Tracking Asylum Seekers via RFID

アメリカで不法移民の施設収容時のトラブルが話題になっています。RFIDリストバンドを使うと、誰がどこにいるということを正確に管理することができます。

Learned Lessons from MRP and the Promise of the IoT

IoTをサプライチェーン管理に利用しようとする場合、同じ目的で導入されたMRP(資材所要量計画)の経験が役に立ちます。MRPではしばしば「間違ったことを素早く行う」という状況になり、在庫が多すぎる状態と少なすぎる状態の間を振幅する状況を引き起こします。このような状況を防ぐには慎重な計画が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »