« RFID Journal 抄訳 2018/06/22号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2018/07/06号 »

2018/06/28

RFID Journal 抄訳 2018/06/28号

今回興味深かったのはMastercard社とVisa社がNFCを用いたモバイルウォレットサービスのOEM提供を開始したというニュース。日本でもNFC Payが普及したら投入してほしいですね。

Mwallet2go1

Savi社とアメリカ国防総省との契約、最近ニュースで取り上げられることは少なくなりましたが地道に進められているんですね。どこかで最新の状況の包括的な情報を知ることができれば、と思います。

なお、元記事はこちらになります。

Savi, DoD Contract Brings Cellular Connectivity, Mobility to Asset Management

アメリカ国防総省はSavi社と締結した物資のトラッキング契約を1年間延長し、RFIDに加えて携帯電話でも通信する機能を拡張するよう指示しました。同社は2013年から国防総省のRFID関連サービスの95パーセントを提供しています。

NFC Payment Solution Links NXP Technology With Visa, Mastercard

Mastercard社とVisa社はNXP Semiconductors社と提携し、NFCを用いたモバイルウォレットサービスのOEMでの提供を開始しました。時計会社のモンブラン社がこのサービスを利用する最初の会社となりました。

RFID4U Sees Growth in Field Inventory Tracking

RFID4U社は倉庫外の現場在庫の管理方法に関するWebセミナーを開催しました。同社はTagMatiks Field Inventoryというソリューションを販売しており、病院での委託在庫や石油・ガス業界での採掘現場の在庫など、さまざまな顧客ニーズに対応することができます。

Piticas Reduces Inventory Counts from Five Hours to Six Minutes

ブラジルの小売チェーンPiticas社はRFIDを使った店舗在庫管理システムの導入を進めています。同社の店舗は12平米ほどの小さなキオスクが中心で、店舗の商品種類は1300種類、2300個と、極めて高密度で多品種少量の在庫を持ちます。このため、RFIDによる棚卸しを導入することで、作業時間を5時間から6分へと大きく短縮することができました。同社は330店舗のうち40店舗でRFIDシステムの導入を完了しています。

RFID News Roundup

  • Smartrac社が高難度アプリケーション向けにNFCのポートフォリオを拡充
  • Arm社がStream Technologies社を買収、IoTデバイス管理プラットフォームを発表
  • Stanley Healthcare社とExtronics社が複数年パートナーシップ契約を締結
  • STMicroelectronics社がIoTファームウェア開発ツールを発表
  • People Power社がGDPR認証を取得
  • Homerton University Hospital NHS Foundation TrustがIdox Health社の資産管理システムを導入
  • Techstars社とBHS社がメンター主導のIoTアクセラレーターをヨーロッパで展開

Are High-Paid U.S. CEOs Risk-Averse?

アメリカの企業のCEOは報酬の大部分をストックオプションなどの成果報酬で得ています。これらの成果報酬は3年以内で権利が確定するため、成果が出るまでそれ以上の期間を要するRFID導入のようなプロジェクトを手掛けることはCEO個人の利益になりません。私はこのことが原因でアメリカのCEOが過度にリスク回避的になっているのではと疑っています。

Three Requirements for the Next Generation of Connected Cars

コネクテッドカーが普及するためには、何十年も利用することができる安定した技術を採用すること、関連企業が協力して仕様を策定すること、仕様がきちんと標準化されることの3点が重要です。

RFID Cuts Worker Alert Response Time in Half(有償記事)

大手建設会社のGilbane Building社は建設現場での従業員の所在管理にRFIDを利用しています。同社は従業員に900MHzのアクティブタグを持たせており、アクティブタグは転落などの事故を検出することができるため、事故発生時の対応時間を短縮できるほか、事故につながりかねない危険な行動を抑制する効果もあります。

|

« RFID Journal 抄訳 2018/06/22号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2018/07/06号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/66879949

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2018/06/28号:

« RFID Journal 抄訳 2018/06/22号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2018/07/06号 »