« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018/01/31

RFID Journal 抄訳 2018/01/31号

今週も製品紹介の記事が目立ちました。

その中でも気になった記事がAvery Dennisonのソリューション紹介記事。鮮度管理系のソリューションをのパイロットを実施しているという記事の後半に、電子レンジによるショートや加熱を避けるためにデザインされた特殊タグをリリースしたという記述がさらっと。この部分もうちょっと詳しく読んでみたい気がします。

BLEを使って携帯電話モデム経由で貨物の状態を送信するソリューションも、コンセプトは以前からありますが、技術の進歩に伴って着実に改善が続いているんでしょうね。どこかでブレークしてほしいです。

なお、元記事はこちらになります。

RFID Pilots Address Perishable Foods, Beauty Products

Avery Dennisonは生鮮食品や化粧品などの鮮度管理のためのソリューションFreshmarx Food Safetyのパイロットを複数の小売業との間で実施しています。同社はソリューションの中で利用されるタグの開発も行っており、電子レンジによるショートや加熱を避けるためにデザインされた特殊タグをリリースしました。

Companies Testing IoT System When Goods Are 'On the Road'

Barcoding Inc.社はBLE対応のタグを用いてトラックで輸送中の貨物の状態を送信するソリューションActive Asset Trackerを開発しました。このソリューションではタグはWiFiもしくは携帯電話モデムを持つリーダーと組み合わせて利用されます。現在廃棄物回収会社と物流会社がこのソリューションのトライアルを実施しています。

IoT Aims to Track Free-Ranging Reindeer in Finland

フィンランドのトナカイ放牧業者の組合はトナカイの群れの位置を把握するためにLoRaWANベースのソリューションを導入しました。このソリューションではDigita社の製品が利用されています。

Hybrid RFID Tag Links Worker Safety to Access Control

イギリスのExtronics社はWiFiとパッシブHFに両対応したセキュリティバッヂを発表しました。この製品は大手石油会社により東南アジアの拠点で利用されています。

RFID News Roundup

  • SML社がアパレル以外の市場への参入を発表
  • ImageFIRST社が手洗いと白衣の管理ソリューションを発表
  • FineLine Technologies社がFerm RFID Solutions社を買収
  • 中国聯合通信の研究所がZigBee Allianceに参加
  • NFC Forum社がInnovation Awardsへの参加者を募集
  • Unified Office社がIoTインフラ管理を提供サービスに追加
  • Thales eSecurity社と451 Research社がビッグデータのセキュリティに関するレポートを発表

Deja Vu at NRF's Big Show 2018

小売業界最大の展示会 NRF Big Showではビッグデータやオムニチャネルなど毎年さまざまなバズワードが登場します。ですが、これらのバズワードが示す利益を実際に得るためには、在庫を正確に把握し、販売機会を無駄にしないようにすることが必要です。そのためのオペレーションにはRFIDの利用が必須になります。

Using the IoT as a Crystal Ball

IoTを利用することで機器の障害が発生する前にその予兆を捉えて対応する予知保全が可能になります。予知保全にデータを活用にするために重要なことは、データ収集時にどの情報を優先するかを把握すること、データ分析時には利用する指標を確立することが重要になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/28

RFID World Watcher Monthly December 2017

今月の特集記事は2017年のRFID十大ニュース。2018年にはどんな展開になるのでしょうか。ニュースはパッシブ関係の事例が多めでした。

RFID World Watcher Monthly December 2017(PDF形式、373KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/25

RFID Journal 抄訳 2018/01/25号

今週も先週に続いて製品紹介の記事が多かったですが、興味深い製品も増えました。

一つはハズブロが出した音楽ゲームDropMix、NFCリーダーを内蔵したデッキの上にNFCカードを置いていき、それによって楽曲をチューニングするというもので、こういうユーザーエクスペリエンスの部分にNFCって効くんだよなということに改めて気づかされました。

Dropmix

NFC関係ではSmartrac社のタンパリング検知機能を持つNFCタグも興味深かったです。偽造品の検出に利用する以上、この機能のニーズはありますよね。

なお、元記事はこちらになります。

Police Track Children During Holy Hindu Pilgrimage

インドのケララ州の山地で毎年行われるヒンズー教の巡礼では、10歳から50歳までの女性の参加が認められないため参加する子供が迷子になることが問題になっていました。このため州警察はHFタグ入りのリストバンドを巡礼に参加する子供に無償で提供し、迷子情報を迅速に共有できるようにしました。

South Africa's The House of Busby Slashes Inventory Labor via RFID

南アフリカのアパレル小売チェーンThe House of Busby社は南ア全体で150店舗を展開しています。同社はRFID在庫管理ソリューションをヨハネスブルクの1店舗で導入しました。この結果、棚卸に要する時間が2日から30分に激減しました。導入したソリューションはMilestone Integrated Systems社が開発しました。

Small RFID Tag from SML Group Offers 30 Percent Sensitivity Boost

RFIDタグベンダーのSML Group社はアパレル向けの小型UHFパッシブインレーの新製品GB4U8を発表しました。この製品は42mm×16mmというサイズで、NXP Semiconductors社のUCODE 8チップの採用とアンテナデザインの改良により、従来製品から感度を30%改善しました。

New NFC Tag Detects Tampering, Transmits That Status to Readers

Smartrac社はタンパリング検知機能を持つNFCタグCircus Tamper Loopを発表しました。タンパリング検知機能はNXP Semiconductors社のNTAG 213 TTチップを採用することで実現されています。このタグは自動車用オイルやベビーフード、ブランド品などでの利用のためにサンプル提供が開始されています。

NFC Brings Music Mixing to DropMix Board Game

玩具メーカーのHasbro社はHarmonix Music Systemsと共同でNFC対応の音楽ボードゲームDropMixを発売しました。このゲームはNFCリーダーを内蔵したボードとNFCカード、Bluetooth対応のスマホで構成されており、演奏する楽曲やそのチューニングの方法をNFCカードで指定することができます。

RFID News Roundup

  • Nedap社が薄型のアクセス管理用リーダーを発表
  • 富士通フロンテックが薄型のリネン用タグを発表
  • Tyco Retail Solutions社が店舗向けソリューションでGoogle Cloudを採用
  • Ambiq Micro社がBluetooth 5 Low Energy用マイクロコントローラーを発表
  • INIT Innovation in Transportation社が非接触決済ソリューションでSTid社などの製品を採用
  • Atlas RFID Solutions社がモバイル器材でバーコードスキャン機能を追加

The Best Retail RFID Deployment

Marks & Spencer社のRFID導入は、下記のような点で他社のお手本になるものです。

  • 忍耐強く技術に取り組んできたこと
  • 明確な評価基準を持っていること
  • 先行導入者になることを恐れないこと
  • 導入内容を公開することを恐れないこと
  • イノベーションを継続すること
  • 結果を真剣に評価すること

The Internet of Things Journey: Trends to Consider for 2018

2018年のIoTの主要トレンドは以下の5つです。

  • ビジネストランスフォーメーションがIoT導入を牽引する
  • IoTのセキュリティに関する信頼が向上する
  • IoTがエンタープライズITの不可欠な一部になる
  • LP-WANがIoTの新たなイノベーションを可能にする
  • IoTの導入がビジネスに予想外の利益をもたらす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/18

RFID Journal 抄訳 2018/01/18号

今週は製品紹介、それも比較的地味な製品の記事が並びました。

識者投稿で出てきた選挙ウォッチャーのネイト・シルバーの「シグナル&ノイズ」、私も存在を知らなかったのですが数年前に話題になった本なのですね。データ分析の面白い実例が載っているようなので、探して読んでみようと思います。

なお、元記事はこちらになります。

U.K. Hospitals Testing Passive Ceiling-Mounted RFID for Real-Time Location

Harland Simon社はUHFパッシブRFIDを用いた測位ソリューションにPervasid社の天井取り付け型リーダーSpace Ranger 9200を採用しました。同社のソリューションはイギリスの病院でトライアルが実施されています。

Small RFID Tag from SML Group Offers 30 Percent Sensitivity Boost

SML GroupはUHFパッシブインレーの新製品GB4U8を発表しました。この製品はアパレル向けの省スペースモデルで、NXP社のUCODE 8チップの採用とアンテナデザインの改善により同等のサイズの他製品より30%長い読み取り距離を実現しています。

Alien Offers Sled Reader With Multi-Antenna Polarization Options, 24-Hour Battery Life

Alien Technology社はiPhone/Androidと組み合わせて利用するハンドヘルドリーダーの新製品ALR-S350を発表しました。このリーダーは電池で24時間稼働します。

Fleet-Management Company Uses IoT Network Across Borders

車両管理システムのベンダーDRVR社は複数の携帯事業者のエリアにまたがるトラック輸送のリアルタイムに監視するため、900社以上の携帯事業者と提携し、独自の通信ネットワークを構築しています。

Smart Label Solutions, Brazil's Mozaiko Sign RFID Partnership

ブラジルのRFIDソリューションベンダーMozaiko社はアメリカのSmart Label Solutions社と販売パートナーシップを締結しました。これによりSmart Label Solutions社はMozaiko社のソリューションVoilaをアメリカで販売します。

RFID News Roundup

  • ベルゲン空港が待ち時間短縮のためにBLIP Systems社のソリューションを導入
  • RAIN RFID Alliance社がRFIDを世界で導入している小売ブランドを発表
  • Schreiner ProTech社が輸送機材管理にRFIDラベルを採用
  • CEVA社のBluetooth 5 Low Energy IPをEllisys社が認証
  • Global Net Solutions社がIoTバッヂを利用したセキュリティシステムを発表
  • Runtime社がメッシュネットワークプロトコルThreadの商用サポートを開始
  • CAEN RFID社がキーホルダー式Bluetooth UHF RFIDリーダを発表

How Will U.S. Companies Spend Their Tax Cut?

アメリカでは大幅な法人税減税が行われることが決まりました。減税によって生まれる資金をRFIDの導入に振り向けることは、効率性や収益性を向上させるために有益な方法です。

Finding the RFID Signal in the Noise

選挙ウォッチャーのネイト・シルバーのベストセラー「シグナル&ノイズ」にあるように、ビッグデータに含まれる情報には予測に必要なシグナルと予測を狂わせるノイズが含まれます。Noiseに惑わされずにSignalを取り出すためには、現実に応じてモデルを柔軟に修正していく能力と、それを支える組織の運営能力が必要です。

RFID in Aerospace and Defense 2017 Report(有償記事)

2017年12月13日にアーリントンで開催されたRFID in Aerospace and Defense 2017には120名の出席者がありました。そこで行われたプレゼンテーションの内容を公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »