« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017/12/30

2017年RFID十大ニュース

今年は個人的に忙しくてRFID関連のニュースをあまり深掘りすることができず、それほどニュースが多くなかった年だったかなと思っていたが、振り返ってみると普及に関連する色々なニュースがあった年だった。特に日本に関係するニュースが多く、それも海外のブームに乗っかるというよりは人手不足を中心とする日本独自のニーズを踏まえて必然的に出てきたもの、という印象のものが多い。来年以降は日本から海外へのRFID事例の発信が増えてくれると良いなと思う。

☆コンビニ電子タグ1000億枚宣言

今年のRFID業界の話題といえばやはりこれがトップに来るだろう。このブログに記事も書いた(コンビニ5社RFID無人レジ導入計画(よりもずっと凄い話なんですよコレ))。発表後は主にローソンが中心となって活発な情報発信を続けており、また電子レンジでの過熱に耐えるタグなどの技術開発も進んでいる。チャレンジングな目標ではあるので完全に達成できるかどうかは不透明だが、できるところまで頑張ってほしいし、開発した技術やユースケースは積極的に他の業界にも還元してほしい。

☆ユニクロのRFID本格導入

数年前からずっと噂になっていたし、GUで先行導入が進んでいたりしていたので驚きはなく、ようやく辿り付いたか、という感慨が強い。日本のRFID導入の一つのメルクマールだと思う。その後もジーユー横浜港北ノースポート・モール店でのRFIDショッピングカートの導入などの攻めの姿勢を続けており、今後の展開が楽しみ。

☆日本のアパレル分野でRFID普及が進む

上記のユニクロが代表例だが、他にも日本のアパレル大手でRFID導入が進んでいる。しまむらが導入を検討しているという報道が出たのには驚いた。タグ単価もアパレル向け大口で5年前から3分の1に低下したと報道されており。着実な進展は心強い。

☆棚卸ロボットへの取り組みの進展

棚卸ロボットへの取り組みは去年の初めにイオンリテールがチェックポイントシステムズの製品でトライアルを行ったというニュース(イオンがRFID棚卸ロボットを試験導入)以降はしばらく見かけなくなり、ブームが去ったのかなと思っていたが、今年の夏ぐらいからじわじわと日本のメディアでニュースになりはじめ、秋にはパルコでトライアルが行われるという報道が出てきた。冒頭に書いたように深刻な人手不足という問題を抱える日本では棚卸の自働化を何とかしようという取り組みが本気で行われているのだと思う。要素技術としては日本が得意な分野でもあるし、海外に展開できるソリューションに育ってほしい。

☆AppleがiOS 11でCore NFCに対応

前年のNFC搭載に続く動きで、個人的な予想よりも早かった。AppleはNFCを囲い込みに使うことは諦めて、主戦場を音声認識など別の分野にシフトさせたんだと思う。もちろんRFID/NFC業界としては非常に歓迎すべき動きだし、スマホからのNFC利用が更に活発化している印象がある。加えてApple自身も日本でApple Payのエクスプレス予約対応やNFC決済対応(従来は日本モデルはFelicaのみ利用可能だった)を進めているなど活発に活動しており、今後が楽しみ。

☆NFCのIoT対応のための制度の整備が進む

上記のAppleのCore NFC対応を受け、NFCをIoT目的で利用するための様々な制度の整備が進んでいる。従来のカードやチケット以外の特殊なタグを読み取る場合のパフォーマンス認証であるとか、あるいは食品のスマートパッケージに向け業界団体とパートナーシップを結んだりとか。読み取りに当たり利用者が明示的にタッチを行う、というのもIoTの重要なUXの一つであり、それを生かした活用が今後更に進んでいくのではないだろうか。

☆NFC対応製品のFelicaサポート進まず

昨年にNFC ForumでFelicaが必須仕様に含まれるようになり(NFC ForumでFelicaが必須仕様に)、2017年に出てくるAndroidのSIMフリー製品でFelicaが利用可能になることを期待していたのだが、どうもその気配が全く無い。何らかの裏事情があるのだろうけど、個人的には当てが外れて非常に困っている。2018年はさすがに何とかなるのだろうか。

☆IoTの広域利用での技術開発が進む

IoTを広域利用するための技術進展が進んでおり、LPWA(Low Power Wide Area)を用いて直接インターネットにセンサーデバイスを接続する事例が増えてきた。その一方でBLEのメッシュネットワークへの対応など従来技術の広域対応も進みつつあり、今後は様々な技術が共存していくのか、それともLPWAへの収斂が進むのか、注目される。

☆中国QRコード決済ブームの影響

RFID/NFCそのもののニュースではないのだが、中国のITへの注目度が高まり、QRコードを使ったスマホ決済への注目度が高まった。その過程でスマホのNFC決済が時代遅れというような言説が散見されるようになった。QRコードを用いたスマホ決済の意味は、オンラインで超低コストの決済プラットフォームが先に確立され、それがプラットフォーム効果でリアル店舗でも利用されるようになったという点にある。ガワであるQRコード決済をNFC決済と比較した場合、UXは圧倒的にNFCの方が勝る。この点は冷静な論者から発信されるようになってきているが、まだ十分広まっているとは言えないように感じている。

☆人体へのタグ埋め込み事例が欧米で登場

今年の夏にはスウェーデンの鉄道会社で人体に埋め込んだタグをチケットとして利用する事例が登場し(スウェーデンでの人体埋め込みタグをチケットに使うトライアルについて)、それに続いてアメリカのマーケティング企業が人体埋め込みタグを入退出管理や社内売店での決済に利用する事例を発表した。その後に類似事例は報道されていないとはいえ、欧米でのプライバシーに関する感覚の変化を表しているかもしれず、長い目で影響を追っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/29

RFID World Watcher Monthly November 2017

今月も記事紹介のみ。記事紹介は今月も製品に関するものが多め。先日の運営体制変更の後は、どうも過剰にブラジルの比率が高くなり、他国の製品・事例と比べてわざわざ取り上げる必要があるのかという記事が多くなっている気がします。

RFID World Watcher Monthly November 2017(PDF形式、207KB)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/27

RFID Journal 抄訳 2017/12/27号

今週興味深かった記事はNFCタグを紙への印刷で製造する技術。記事以外にも様々なところで研究が進められているはずで、全体としてどこまでの水準に達しているのか気になります。

編集後記はRFID in Aerospace and Defenseの開催結果。参加者が90人から120人へと大幅に増えたそうですが、この一年で業界にそれほど大きな動きがあったかな、とちょっと不思議に感じました。

なお、元記事はこちらになります。

Levi's Tests RFID Use Successfully

ジーンズメーカーLevi's社のブラジル法人は店舗での商品管理にRFIDを利用しています。利用している技術はUHFパッシブで、導入はiTag Tecnologia社が担当しました。

French Researchers, Paper Company Release NFC Printing Method on Paper

フランスのグルノーブル・アルプス大学がNFCタグを紙への印刷で製造する技術を開発しました。通常はタグを印刷で製造する場合にはプラスチックの支持体が利用されますが、これを紙にすることで廃棄時のCO2排出削減や、将来的にはパッケージへの直接印刷が期待されます。同大学は技術を製紙会社PowerCoat社に提供しています。

Shoe Shop Doubles Sales via RFID

ブラジルの靴小売店Sapati社は店舗での商品管理のためにRFIDを導入し、売上を倍増させました。顧客は靴を店舗内の端末にかざすことで注文を行うことができます。ソリューションはSetaDigital社が導入しました。

RFID Opens the Door for Residents at Multiple Sclerosis Housing Facility

オーストラリアの病院で多発性硬化症のため体が自由に動かない入院者が自動的に扉を開けるためにRFIDが利用されています。患者はUHFパッシブタグを内蔵したカードを持ち、自分の病室など入室が許可された扉の前に来るとカードが読み取られて自動的に扉が開きます。

RFID News Roundup

  • Ams社がワイヤレス温度ロガー対応のNFCセンサーICを発表
  • デンソーがスマホを自動車の鍵に利用する技術を持つInfiniteKey社を買収
  • RS Components社が業務用コントロールパネル向けのRFIDリーダーを発表
  • InfluxData社がEclipse Foundationのメンバーシップを取得
  • ZigBee AllianceとThread GroupがIoT向けの仕様Dotdotを発表
  • NFC Forumが2018年のConnections Summitに向け発表者を募集

Some Defense and Aerospace Companies Are Becoming Serious About RFID

12月初めに開催されたRFID in Aerospace and Defenseの参加者は120人で、昨年の90人から大幅に増加しました。この種のイベントでは最後のセッションが途中退席者のために人数が減るのが一般的ですが、今年は最後まで多くの人が会場に残って議論をしていました。

Will the Internet of Things Deliver?

IoTへの投資は、業務効率の改善のような短期間で結果が出るものと、カスタマーエクスペリエンスの改善のように中長期の効果を期待するものがあり、後者についてはビジネス全体のIoTへの適合やビジネスルールの更新などを継続していく必要があります。

Florida Fire and Rescue Supplier Extends Visibility via RFID

フロリダ州にある消防局Bonita Springs Fire Control and Rescue DistrictとそのサプライヤーQuadMed社はRFID対応資産管理システムを導入しています。このシステムはSilent Partner Technologies社のもので、UHFパッシブを利用しています。導入により棚卸しの作業時間が30%削減されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/23

RFID Journal 抄訳 2017/12/22号

今週気になった記事はコーネル大学が開発中のUHFパッシブタグの読み取り信号を用いてバイタルサインを取得する研究。この手の技術って想像もしなかったような切り口のものがどんどん出てきて面白いですね。

NFCフォーラムの2017年版の技術仕様の振り返りも、NFCを取り巻く環境の変化を伺わせる興味深いものでした。日本ではQRコードのハイプの煽りでいま一つ冴えないイメージになっていますが、海外では今後ますます面白い展開が増えていくと思います。

特集記事はレベッカ・ミンコフ。タグを顧客への情報提供にも使い始めたそうで、果たしてどのような結果が出るのか、興味深いです。

なお、元記事はこちらになります。

UWB Technology Proves Mythological for Icelandic Museum

アイスランドの歴史博物館Snorrastofa ReykholtはLocatify社のソリューションを用いて訪問者の所在に応じたコンテンツを提供するシステムを導入しました。Locatify社はBluetoothビーコンを用いたソリューションも提供していますが、この案件では非常に精密な位置情報が必要となるため、UWBを用いたRTLSソリューションが採用されました。

Latest NFC Specs Offer Interoperability to a Growing Market

NFC Forumは2017年版の技術仕様として21の新規・修正項目を導入しました。これらの仕様の多くは相互運用性の向上を目的としており、スマートウォッチなどの小型NFCタグのリーダーとの互換性や、タグの認証プログラムが含まれます。

Cornell University Researchers Seek Partners for RFID Vital Signs Device

コーネル大学医学部はUHFパッシブタグを用いたバイタルサインの取得技術を開発しています。これはタグの応答信号が血液の動きなどに影響を受けることを利用しています。同大学はこの技術を実用化するためのパートナーを探しています。

Ceitec, EGR Sign Toll Agreement

ブラジルの公営技術企業Ceitec社は同国の高速道路運営企業EGR社との間で料金収納システムに関する契約を結びました。この契約を受け、EGR社は今後1年間で11万個のチップをCeitec社から購入します。

RFID News Roundup

  • 東芝が自動車向けのBLE ICを発表
  • WISeKey International Holding社がNFCタグ内蔵の腕時計を発表
  • Xerafy社が自動車向けの金属タグを発表
  • Linexens社とKONA I社が戦略的提携を発表
  • Envigo社がRFID対応の手術器材トラッキングシステムを開発
  • Elatec RFID Systems社がリーダー製品のラインナップを拡大

Hire Certified Professionals

RFID Professional InstituteはRFID技術者の認定試験を実施しています。RFIDに関する適切な知識を持つ技術者を雇いたい場合には、この認定を持っているかどうかを参考にしてください。

RFID and the Automotive Industry: Competing at a Higher Level

自動車産業ではRFID技術を、サプライチェーン管理、仕掛品管理、駐車場での所在管理、販売後も含む個体管理など、さまざまな用途に活用しています。

Rebecca Minkoff Extends Its RFID System Beyond the Store(有償記事)

バッグや財布などを扱うファッションブランドのRebecca Minkoff社はRFIDを店内での在庫管理やスマートミラーでの接客向上などに利用していますが、顧客がRFIDとQRコードの複合タグにアクセスできるようにすることで、商品を購入した顧客に特別な情報を提供できるようにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/15

RFID Journal 抄訳 2017/12/15号

クリスマスシーズンに入ったためか、今週は記事も少し少な目です。

今週興味を引いたのは耐タンパ機能を持つ盗難防止用のBluetoothビーコンタグ。考えてみれば存在して当然の製品なのですが、この記事を見るまでその必要性に気づきませんでした。

識者投稿はRFIDとRTLSの違い。特に目新しい点は無い記事ですが、こういう記事が今掲載されるということは新しい読者が入ってきているということで、心強いことと思います。

なお、元記事はこちらになります。

Small Tamper-Evident Beacon Aims to Prevent Product Theft and Fraud

Bluvision社は盗難防止用の小型BluetoothビーコンBEEKs Mini Tamper Proofを発表しました。このビーコンは取り外そうとすると信号を発する耐タンパ機能を持つほか、加速度や温度などのセンサーを搭載しています。ビーコンの単価は数量により20~24ドル、センサーの追加料金は8~12ドルです。

Alien Technology Certifies RFID Distributor in Brazil

Alien Technology社がTaggen Solucoes IoT社との間にブラジルでの販売代理店契約を締結しました。

EZOfficeInventory Adopts RFID

資産管理ソリューションの大手EZOfficeInventory社は自社ソリューションのRFID対応を進めています。RFID対応時の問題は多くのハンドヘルドリーダーがWindows CEなどの古いOSで動作しているため同社の開発スタイルに合わないことでしたが、同社はこの問題をiOSやAndroid搭載のデバイスにRFIDリーダーをBluetooth接続することで解決しました。採用したのはTechnology Solutions (UK)社の製品です。

Comment Period Opens for FCC's 3.5 GHz Rule Overhaul

連邦通信委員会(FCC)が3.5GHz帯の利用方法の見直しに関するパブリックコメントを2017年12月28日まで募集しています。

RFID News Roundup

  • A2B Tracking社がZebra Technologies社のソフトウェア認証を取得
  • Convergence Systems Ltd.社がSynergy RFID社と米州代理店契約を締結
  • Datamars RFID社のランドリーチップがMRIスキャン対応の認証を取得
  • Elatec RFID Systems社がBLEリーダーライターを発表
  • Midpoint Security社が無償のアクセスコントローラーソフトウェアを発表

Industrywide Approaches to RFID

防衛産業と航空産業ではそれぞれアメリカ国防総省とエアバス社/ボーイング社が主導しつつも業界全体が利益を得られるようなRFIDの導入が進んでいます。このような導入の内容が今週のRFID in Aerospace and Defense 2017で各種のプレゼンテーションを通じて説明されました。

The Differences Between RFID and RTLS

RFIDとRTLSの違いは、前者が最後に読み取りを行った場所を知ることができるものであるのに対し、後者はリアルタイムで位置の測定ができるという点にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/12/07

RFID Journal 抄訳 2017/12/07号

今週興味深かった記事はデルタ航空がRFIDラボに2百万ドルを寄付して航空分野向けの専用ラボを開設したこと。エアバスではなく航空会社なんだ、というのがちょっと驚きでした。航空分野での導入の力関係が変わりつつあるのでしょうか。

PervasID社による小売サプライチェーン内の各種のユースケースに対応したRFIDアプリケーションシリーズも気になりました。こういう形でRFIDのホールプロダクトがじわじわと増えていくのでしょうか。

識者投稿は設備保全管理システム(CMMS)とIoTの融合。書いてある内容は手堅いものですが、設備保全管理システム(CMMS)という用語は今回が初見だったので、調べてみたいと思います。

なお、元記事はこちらになります。

Royal Cornwall Hospitals to Boost Surgical Safety With RFID

イギリスの病院Royal Cornwall HospitalsではRFIDを用いたインプラント機器の管理を行っています。これはイギリスの国民保健サービス(NHS)のプログラムScan4Safetyの一環で、適切なインプラント機器が患者に移植されたかどうかを管理を自動的に行うためのものです。

RFID to Track Dentures at Nursing Homes

入れ歯メーカーのNobilium社はRFID対応の入れ歯を製造しています。RFIDは老人ホームなどで入れ歯を利用者から集めて一括してクリーニングする施設で返却時に間違いが怒らないようにするために利用されます。対応しているタグはパッシブHFタグとNFCタグです。

Auburn RFID Lab Expands to Avionics With Delta Gift

オーバーン大学のRFIDラボは航空宇宙分野でのRFID利用に特化した実験施設を開設しました。この施設はDelta Air Lines社からの2百万ドルの寄付を基に整備されたものです。この設備は42個の座席を持つキャビンや荷物搭載口、サービスハンガーなどを持っています。

RFID-based App Helps Consumers Find a Cold Drink

ポーランドのBlulog社は温度センサー付きのRFIDタグを利用して商品情報を直接顧客に提供するサービスCool&Goを開始しました。このサービスはゲームとして提供されており、顧客は参加した店舗の冷蔵庫情報をスマホから閲覧することができ、店舗に行って冷蔵庫のQRコードをスキャンすることで商品を得ることができます。

Retailers, Hospitals Trialing or Deploying End-to-End RFID Solution

イギリスのPervasID社は小売サプライチェーン内での各種のRFID利用をサポートするソリューションであるRangerシリーズを提供しています。Rangerシリーズは、ドックドアでの読み取りを想定したDock Door Ranger、店舗フロアを対象としたSpace Ranger、POSを対象としたPoint of Sale Ranger、盗難防止ゲートを想定したSecurity Rangerの4つのソリューションからなります。

RFID News Roundup

  • PragmatIC社がRFID/NFC向けのフレキシブルICの新製品を発表
  • 富士通が北米RFID市場でPositek RFID社と提携
  • Atlas RFID社がオープンAPIを公開、Oracle P6との統合も発表
  • Antelop Solutions社がNFCモバイルウォレットでVISAトークンをサポート
  • Identiv社とDTC社がスマートカードの流通を世界に展開
  • ケンブリッジの病院連合がHaldor Advanced Technologie社のスポンジ管理システムを導入
  • Weir Oil & Gas社がRFID対応の資産管理システムを発表
  • Honeywell社の車両タグが高速道路でのセキュアな料金決済に対応

Delta's $2 Million Gift to the Auburn RFID Lab

Delta Air Lines社がオーバーン大学RFIDラボに2百万ドルを寄付したことは、RFIDを事業の広い範囲で利用して最大の利益を得るための賢明な手段です。

How Did the IoT Become Indispensable for Advanced Maintenance?

設備の保全管理は確実性が重視され新しい技術の導入には時間がかかるという意見がありますが、実際にはメリットが非常に大きいことと、エンジニアが他の分野で新しい技術やそのインタフェースに慣れているため、新技術の普及は予測よりも早く進むでしょう。設備保全管理システム(CMMS)とIoTの融合は非常にポテンシャルの高い分野です。

RFID Journal LIVE! Europe 2017 Report(有償記事)

11月16日にロンドンで開催されたRFID Journal LIVE! Europe 2017での各種プレゼンテーションへのリンクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »