« RFID Journal 抄訳 2017/08/10号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/08/23号 »

2017/08/17

RFID Journal 抄訳 2017/08/17号

今週面白かった記事はFraunhofer IIS社のUHFマルチビームアンテナ。単一のアンテナが複数のビームを出すことでゲート通過の精度を上げようというものですが、複数の端子を付けることで一般的なRFIDリーダーと接続可能にする、というのは目から鱗でした。

Multibeamantennaweb

スマホにペアリングされたBluetooth機器の情報を位置情報と共にマーケティング目的で提供する、という会社の記事、どうやってデータを取得するかが書かれていないのでちょっと不気味です。利用者がわざわざこのためにアプリを入れようとするはずはなく、スマホのメーカーか、あるいは他のアプリかに相乗りすることになるのではと思うのですが、ちょっと筋が悪そうな感じが…。

なお、元記事はこちらになります。

NYIT, X-wave Innovations Team Up to Develop RFID Technology for NASA

ニューヨーク工科大学とX-wave Innovations社は共同でNASA向けのパッシブセンサータグを開発します。このタグはUHFの表面弾性波(surface acoustic wave, SAW)を利用するもので、高温でも利用が可能です。

Researchers Seek Challenging Sites for Multibeam Antenna Pilot

ドイツの研究機関Fraunhofer IISはUHFパッシブタグがゲートを通過するときの方向を検出するためのアンテナMultibeamを開発し、パイロットを実施するユーザーを探しています。従来UHFパッシブタグのゲート通過の方向検知は複数のアンテナを組み合わせて行っていましたが、読み取り条件の違いなどで片方のリーダーでしか読み取れない場合があることが問題になっていました。Multibeamは単一のアンテナ筐体から9つの読み取りビームを出すことでこの問題を解決します。アンテナには4つのリーダー接続端子を持っているため一般的なリーダーと組み合わせて利用することが可能です。

School Bus Solution Provides App-Based Visibility for Parents

Zonar Systems社は通学バスで児童の乗降状況を保護者が確認できるようにするソリューションZ Passを提供しています。このソリューションは、児童がHFパッシブタグを内蔵したバッヂをバスへの乗降の時にリーダーにかざし、リーダーは携帯電話モデムを通じて乗降状況をクラウドに送信するというものです。

Cuebiq Database Offers IoT Device Usage Data to Marketers

位置情報システムのベンダーCuebiq社は、スマホにどのようなIoT機器がペアリングされているかという情報を匿名化して位置情報と共に提供するマーケティング向けのサービスを提供します。例えば、フィットネストラッカーの利用者がジムに行っているか、あるいはどのような種類のレストランを利用しているか、という情報を得ることができます。

RFID News Roundup

  • Alien Technology社がイベント”RFID in Latin America”でワークショップを開催
  • NFC ForumがNFCの利用拡大に向けActive & Intelligent Packaging Industry AssociationおよびWireless Power Consortiumと提携
  • Inmarsat社がエネルギー業界のIoT利用拡大に関するレポートを発表。導入の障害は従業員のスキル不足
  • STATSports社がスポーツのパフォーマンス計測のためTaoglas社の製品を採用
  • Telink Semiconductor社がBLEメッシュなどの新機能に対応したBluetooth用SDKを発表
  • Cortet By CEL社がセンサーネットワーク向けのZigBee中継器を発表
  • Fathom社が工場向けBluetoothビーコンの新製品を発表

What Business Is Your Company Really In?

「自分の事業分野は何か?」は成功のために重要な質問です。例えばビール会社はビールを売ることが事業分野ではなく仲間と集まって楽しい時間を過ごしてもらうことが事業分野です。RFID Journalにとっては、読者がRFIDの知識を通してビジネスに役立つ気付きを得られることが事業分野になります。

2017 IoT Trends and Momentum

2017年のIoTのトレンドには以下のようなものがあります。

  • 複数の国・大陸にまたがるIoTソリューションが求められている
  • IoTの導入拡大に際して経営層のコミットが必要な段階に到達した
  • 顧客との繋がりをIoTで再定義することが必要になっている
  • 複数のセンサーから得られる情報の組み合わせが新たな分析を可能にする
  • IoTの活用のためには堅牢なセキュリティがますます重要になる

RFID Helps Link Penguin Swimming Rates to Bumblefoot Infections(有償記事)

シンシナティ動物園ではペンギンのウオノメ(趾瘤症)の調査にRFIDを利用します。ペンギンのウオノメは陸上を長時間歩くことが原因の一つと考えられており、同動物園ではペンギン13羽にUHFパッシブタグを貼付して水中ですごす時間を計測することで、両者の関係を定量的に分析します。

|

« RFID Journal 抄訳 2017/08/10号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/08/23号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/65676075

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2017/08/17号:

« RFID Journal 抄訳 2017/08/10号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/08/23号 »