« RFID Journal 抄訳 2017/08/03号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/08/17号 »

2017/08/10

RFID Journal 抄訳 2017/08/10号

今週気になった記事はQualcomm社はオーディオ向けチップの新製品にBLEやNFC機能を組み込んだという話です。現時点ではスピーカーやヘッドセットをセンサーとスマホを繋ぐハブとして利用することが目的とのことですが、将来的にはAmazon Echoのような自動音声インタフェースを睨んだ製品ですよね。それがRFID技術とどう繋がっていくのか(光学認識より相互補完性は強いでしょうし)、非常に興味深いです。

288900043c1645b74e74

識者投稿は去年大流行した後にソースコードが公開されたDDoSツール、Miraiの亜種が更に凶暴になっているという話。正直なところ、設定ミスではなく脆弱性を突かれて乗っ取られるという話になってくると、一定水準以上のセキュリティ機能を持つデバイスでないとインターネットに接続できない、そしてその機能の水準はハード面でも管理面でもかなりのコストがかかる、ということになってくるのではないでしょうか。この話も今後きれいごとではない議論が深まっていくように思います。

なお、元記事はこちらになります。

New Zealand Farm Cuts Water and Energy Consumption With IoT

ニュージーランドの農業技術会社WaterForce社はIoTを利用した農場への水やり管理システムを提供しています。このシステムはMicrosoft Azureの上で動作し、水やりを最適化することで、水の消費量を30%、エネルギー消費を50%削減しました。

More than 60 Percent of Manufacturers to Use RTLS, RFID or Bar-Code Tracking By 2022, Says Zebra Technologies

Zebra Technologies社が製造業での自動認識技術の利用に関する調査”2017 Manufacturing Vision Study”を公表しました。これによると、バーコードやRFID、RTLSなどを利用する製造業の比率は、現在の43%から2020年には64%に上昇します。パッシブRFIDを利用している企業の比率は、現状が37%、2022年は42%です。

RFID Journal's Mark Roberti to Present Retail Omnichannel Strategies at Latam Retail Show

RFID Journal編集長のMark Roberti氏が8月29日~31日にブラジルで開催されるLatam Retail Showで講演を行います。テーマはオムニチャネルにおけるRFIDの活用です。

Audio Chip Leverages NFC, BLE for IoT-Enabled Speakers

Qualcomm社は6月に発表したオーディオ向けチップに無線機能を組み込みました。全てのチップセットにはBLE機能を含むBluetoothに対応し、プレミアム分野向けのチップセットではさらにBLEメッシュネットワーク機能(将来のファームウェア更新で)とNFC機能に対応します。BLE機能はスピーカーやヘッドセットをセンサーとスマホを繋ぐハブとして利用することを可能にし、NFC機能はBluetoothペアリングの手順を簡略化します。

NFC Enables Band to Engage With Fans Who Buy Their Merchandise

カリフォルニアのバンドAirspokenはNFCをファンとのコンタクトに利用しています。彼らはバンドTシャツのロゴ部分にNFCタグを埋め込み、スマホでタッチすることで楽曲がダウンロードできるバンドのWebサイトを開くことができます。このソリューションはInnercell社が提供しています。

RFID News Roundup

  • IDTechEx社がRFIDのマーケットレポートを発表。今年の市場規模は112億ドル
  • Verigenics社がISO 9001:2015認証を取得
  • B.O.S.社が乳製品の在庫管理用RFIDソリューションを発表
  • ZKAccess社がRFIDと複数のバイオメトリック認証に対応したアクセス管理機器を発表
  • Mobile Experts社がアセット管理用IoT機材のマーケットレポートを発表。市場規模は2022年までに3倍に

Mirai Goes Open-Source and Morphs into Persirai

Miraiは2016年にネットワークカメラなどのIoTデバイスを踏み台とする大規模なDDoS攻撃を引き起こしたマルウェアです。その後Miraiのソースコードはインターネット上で公開され、DDoS攻撃手段としてネットワーク層に加えてアプリケーション層を利用できるようにする、IoTデバイスを乗っ取るための攻撃にデフォルトのIDとパスワードを利用するだけではなくゼロデイ脆弱性を使ってパスワードを奪う、などの進化を遂げ、Persiraiというマルウェアが生まれました。Persiraiへの感染を防ぐためにはパスワードの変更だけでは充分ではなく、ルータでUPnPを無効にしたりファイアウオールで通信先IPアドレスを限定したりといった防御策が必要になります。

Polish Cancer Center Tracks Drug Temperatures via a Real-Time NFC-enabled Solution(有償記事)

ポーランドの癌研究センターではNFCセンサータグを用いて薬品の輸送中の温度管理を行います。同センターで利用しているタグはBlulog社の製品です。

|

« RFID Journal 抄訳 2017/08/03号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/08/17号 »

コメント

Pron blog situate
http://mature.xblog.in/?allie
free pone xxx erotic japanese erotic reading sex positions adult films

投稿: glennaot4 | 2017/08/12 09:55

My new blog project
classic maid costume princess costumes for kids cuckold movie
http://sissies.purplesphere.in/?blog.allyssa
unwanted hair crossdressing femboy male electro sex toys gender eqality pictures of blouse free college essays gothic halloween costumes older women fucking xxx

投稿: normanmc69 | 2017/08/13 06:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/65648210

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2017/08/10号:

« RFID Journal 抄訳 2017/08/03号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/08/17号 »