« スウェーデンでのインプラントNFCタグをチケットに使うトライアルについて | トップページ | RFID World Watcher Monthly June 2017 »

2017/07/21

RFID Journal 抄訳 2017/07/21号

今回目を引いた記事はボーイング社が富士通の生産管理システムを導入した事例です。この話、4月にはプレスリリースが出ていました(米Boeing社、航空機部品の管理にRFIDを採用)。若干遅れたとはいえ取り上げてくれたのはありがたいことです。

気になった記事は識者投稿。IoT時代のデータ分析に関する記事で、「ビジネスインテリジェンスはダッシュボード表示や各種のビジュアライゼーション、ピボットによる絞り込みなどで、データのうち価値のある部分に注目させる技術。これに対し、データアナリティクスは、データを数学的に処理して特定の問題解決のために必要な指標や対策を作り出す技術。それぞれレイヤが異なる」という内容です。両者のある一面をうまく切り取った内容で「へぇー」と思ったのですが、こんなにきれいに切ってしまってもいいのかな、という気もします。

なお、元記事はこちらになります。

Boeing Deploys RFID In-House for Assembly Management

http://www.rfidjournal.com/articles/view?16325

Boeing社は自社の工場4箇所でRFIDを利用した生産管理システムを導入しています。このシステムは航空機構成部品情報のリスト(ARL)をRFIDを用いて自動的に生成するもので、1機当たり約7千個の航空機部品にUHFパッシブタグを含むラベルを貼付し、ハンドヘルドリーダーで読み取りを行います。システムは2016年に稼働し、富士通が開発しました。

Scottish Mackerel Factories, Norwegian Researchers Track Fish Health via RFID

ノルウェーの海洋調査機関IMR(Institute of Marine Research)では北大西洋でのサバの生育状況を監視するためにRFIDを利用しています。同機関ではこれまで16万尾のサバにLFパッシブタグを埋め込んで放流し、協力工場でサバを処理する際に捕獲された場所やサイズを判定します。2016年に協力工場で見つかったタグ貼付済みのサバは800尾でした。

RFID Journal to Hold RFID in Retail and Apparel Event in New York City

小売とアパレル分野を対象としたRFIDの展示会RFID in Retail and Apparelが9月26日にニューヨークで開催されます。この展示会は業界関係者を対象とした招待制です。

Wisconsin Cranberry Farm Protects Crops With IoT System

ウィスコンシン州のクランベリー農園Wisconsin Cranberry社はIoT機材を使って農場の温度と湿度を監視しています。このソリューションはMonnit社が開発したもので、900MHz帯で通信するセンサータグを利用し、ゲートウェイから携帯電話回線経由で結果を送信します。

Hospital Pilots New Bluetooth Low Energy System from GE Healthcare, Zebra Technologies

GE Healthcare社とZebra Technologies社は共同でBLE対応の病院向けRTLSソリューションEncompassを開発しました。このソリューションは配線や固定リーダーを必要としないため、従来型のRTLSと比較してコストを60パーセント削減することができます。

RFID News Roundup

  • Nordson EFD社がRFIDタグ製造用の接着剤を発表
  • Q-Track社がフォークリフトの衝突防止システムを発表
  • RURO社が自社製品のフレームワークLimfinityの新バージョンを発表
  • NEPS社がRFID対応の医療用大麻向けラベリングシステムを発表
  • HID Global社がArjo Systems社を買収
  • デンソーが手のひらサイズのRFIDリーダーを発表
  • NXP Semiconductors社とWidex社がBLE対応の補聴器開発で協業

What Is the Future of Retail?

実店舗がオフライン店舗に対抗して生き残るには、オンライン店舗の持つ利便性を提供しながら、オンライン店舗のサービス(例えばアルゴリズムによる自動的なリコメンデーション)とは異なるサービスを提供することが必要になります。

Riding the IoT Wave Without Drowning in Data

ビジネスインテリジェンスがコンテキストに応じて注目すべきデータを可視化するものであるのに対し、データアナリティクスはデータを数学的に分析してビジネス意思決定に必要な結果を作り出すもので、両社の役割は異なります。

Nebraska Hospital Boosts Efficiency, Patient Care With RFID(有償記事)

ネブラスカ州の病院運営会社Nebraska Medicine社は手術用機材の在庫管理のためにRFIDを利用し、在庫切れを防いでいます。利用している技術はHFパッシブで、Cardinal Health社の在庫管理ソリューションが利用されています。

|

« スウェーデンでのインプラントNFCタグをチケットに使うトライアルについて | トップページ | RFID World Watcher Monthly June 2017 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/65562989

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2017/07/21号:

« スウェーデンでのインプラントNFCタグをチケットに使うトライアルについて | トップページ | RFID World Watcher Monthly June 2017 »