« 2017年6月 | トップページ

2017/07/19

スウェーデンでのインプラントNFCタグをチケットに使うトライアルについて

少しタイミングを逃してしまったが気になっているニュースがある。スウェーデンの鉄道会社SJ Railway社で手にインプラントしNFCタグをチケットとして利用するトライアルが始まったと言う話だ(Independent:The future is here - a Swedish rail company is trialling letting passengers use biometric chips as tickets)。人権に対する意識が高いヨーロッパでこのような動きが起きたことは、人体に対するタグのインプラントについての認識に何か変化があった事を意味するのだろうか。関係しそうな内容をメモしておきたい。

実はこの話には2年ほど前に前触れがあった。スウェーデンのイノベーション施設「エピセンター」では入退室管理にNFCが利用されており、施設の勤務者の何人かがタグを自分の手にインプラントして利用している、という話がニュースとして取り上げられた(クーリエ・ジャポンマイクロチップを身体に埋め込んで自分を“アップグレード”する若者たち)。もっとも、この時点では話はそれ以上広がることはなく、テクノロジーマニアたちの奇行として一旦忘れられたように見えた。

今回出てきた話はその続編になる。SJ Railway社はエピセンターの入居企業と提携しており、NFCタグをインプラントしている勤務者との接触があった。同社はNFC関連のトライアルをいくつか実施しており、その一環としてインプラント者との間で何かできないか、と始まったのがこのプロジェクトらしい。

SJ Railway社のプロジェクトに関する具体的な情報は乏しく、しかもスウェーデン語だったりする(例えばSJ forst i varlden med chippbiljett)。翻訳ソフトなどを使って読み取れた情報は以下のようなものだ(誤解の可能性も大きくお気づきの点あればご指摘願いたい)。参加者については鉄道会社は直接関与せず自分でNFCタグをインプラントした人に限る。利用者はあらかじめSJ Railway社のWebサイトでアカウントを作り、NFCタグの情報を自分のアカウントとリンクさせる。利用者がWebでチケットを購入しておけば、車掌がNFC対応のスマートフォンでNFCタグにタッチするとその利用者のWebページが開き、チケットを確認できるというもの。現時点ではコンセプト検証を目的としたごく限定的な規模のプロジェクトのように思われる。

それでも、今回のプロジェクトは公共性の高い企業が人体へのタグのインプラントを前提として行っているものだ。2年前の、個人が自分の意志で行っていた入退室ゲートでの利用とはステージが違う。日本やアメリカでは社会的な反発のためとても実施できなかっただろう。

政府に対する信頼感や宗教的・倫理的な忌避感の文化的な強さの違いについては僕はコメントする能力を持たない。一つ気づいた点は北欧がキャッシュレス社会の先端であることが影響しているかもしれないということ。スウェーデンでは現金決済の比率が全決済の2%に過ぎず、日本の50%やアメリカの33%と比べて非常に低い。このような社会では決済をする際に所持品ではないものを使いたいというニーズがあり(生体認証やインプラントタグを含め)、その得失について感情を離れた判断をする人も多いのかもしれない。

世の中にやっていいことと悪いことがあるなら、人体へのタグのインプラントはやって悪いほうに入ると個人的には思う。だがスマートフォンの普及はプライバシーやセキュリティについての感覚を非常に速いスピードで変えてきたことも事実。こういった動きが今後どの様に広がっていくかについて余談に囚われずに見ていく必要があること、改めて考えさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/06

RFID Journal 抄訳 2017/07/06号

今週気になった記事はitemit社のクラウド資産管理ソリューション。バーコードで個人利用する場合は無料で、ユーザーが増えたりRFIDを利用したりすると利用料が発生するというのは面白いですね。企業内で「小さく初めて大きく広げる」というニーズに対応しやすいモデルだと思います。課金モデルをいかに上手く組むかが勝負どころのような気がします。

今週の編集後記はRFIDの話ではなく、小売業の店舗閉鎖に絡めて出版業界の変化を語る内容。編集長のMark Roberti氏も苦労されてきたんだな、と改めて感じました。

なお、元記事はこちらになります。

Lockheed Martin to Deploy BLE Solution for RTLS at Orlando Facilities

Lockheed Martin社はオーランドの倉庫でBluetoothビーコンを用いたRTLSによる在庫管理システムを稼働させました。このソリューションはOnyxBeacon社のTrackoという製品で、ビーコンのほかiOSとAndroidに対応したモバイルアプリとクラウドで利用できます。Lockheed Martin社は3ヵ月のパイロットののち正式導入を決めました。

SGS Plans Cold-Chain RFID Deployments in Africa

世界最大規模の検査・認証機関SGS社はアフリカでRFIDを利用したコールドチェーンのトラッキングを行います。同社は石油・ガス採掘機材のトラッキングをすでにアフリカで展開していますが、これをコールドチェーンに展開しようというものです。利用している製品はSavi社のアクティブタグです。

Registration Now Open for RFID Journal's 13th Annual European Event

http://www.rfidjournal.com/articles/view?16309

11月16日に開催されるRFID Journal LIVE! Europeの申し込みが始まりました。これはヨーロッパでもっとも重要なRFIDの展示会で、今年で13回目の開催となります。

New App Makes RFID Deployments Low-Cost

オートIDラボからスピンオフしたベンチャー企業RedBite社は低コストの資産管理ソリューションitemitを発表しました。このソリューションはiOS/Androidアプリとクラウドからなり、個人ユーザーがQRコードで管理を行う場合には利用料は無料、企業がUHFパッシブタグを用いた管理を行う場合には利用者一人当たり年間200ドルの利用料が発生します。ユーザーはスマホに接続するBluetooth式のリーダーを用いることでデータをスマホ経由でクラウドに送信することができます。

RFID NEWS ROUNDUP

  • CISC社がRAIN RFIDとEPC Gen2V2対応のテスト機能を搭載した製品を発表
  • Skyworks社が複数の規格に準拠したIoTフロントエンドモジュールを発表
  • SALTO Systems社がBLE対応のリーダーを発表
  • Ayla Networks社が製造業向けにIoTプラットフォームを拡張
  • 富士通がIoTセンサー開発用のプラットフォームを発表
  • Telit社がMEMSの運動・環境センサーを統合したBLEモジュールを発表

A Cautionary Tale for Conventional Retailers

現在小売業では店舗閉鎖のニュースが相次いでいますが、これは一足先に出版業界で起こったことです。出版業界では多くの企業がインターネット化の波に乗り遅れ、廃刊したり規模を縮小したりしました。

Your Air and Water Deserve a Chance

産業用IoT(IIoT)は産業機器のモニタリングに利用されると考えられていますが、水や大気の質などの環境関連でも有望です。

Resorts World Genting Malaysia Tracks 100,000 Uniforms With RFID-Based System(有償記事)

マレーシアのリゾート施設Resorts World GentingではRFIDを利用して制服の管理を行っています。同施設は1万室の大型設備で18,000人の従業員を雇用しており、10万着の制服の管理にRFIDを導入しました。導入したのはInvoTech社のUHFパッシブ製品です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2017/07/01

RFID Journal 抄訳 2017/06/30号

今週興味深かった記事はBluvision社のBluetoothベースのRTLS。見た目からしてコンセントに刺せばそのまま動くという姿なのが素晴らしい。Bluetoothベースの製品のシェアは上昇していくのでしょうね。

Slide_1

編集後記はWal-MartのJet.com買収やAmazonのWhole Foods買収を受けた実店舗とオンライン店舗融合の記事。世の中にはいろいろな切り口の記事が出てきていますが、Roberti氏の記事はさすがにブレがありません。

なお、元記事はこちらになります。

Brazilian Retailer Lez a Lez Improves Inventory-Counting Process

ブラジルのファッション小売チェーンのLez a Lez社ではRFIDを利用した店頭在庫管理を導入します。同社はコンセプトストアでトライアルを実施し、成功と判断して全店へと導入を行います。利用している技術はUHFパッシブです。

Bluvision Boasts New RTLS-EZ Solution Deploys Within Hours

HID Global社のIoT子会社Bluvision社は、手軽に導入が可能なBluetoothベースのRTLSシステムであるRTLS-EZを発表しました。RTLS-EZではプラグ一体型のアクセスポイントをコンセントに差し込むだけで数時間で導入が完了します。

Kinduct, Zebra Technologies Team Up for Football Performance Tool

スポーツ・パフォーマンス分野のデータアナリティクスを行う企業Kinduct Technologies社はNFLに所属するアメリカンフットボール選手の分析にZebra Technologies社のUWB RTLSから取得できるデータを利用します。

RFID Professional Institute Teams With New Zealand Pathfinder Group to Offer Certification Exams

RFID Professional Instituteが提供するRFID認定試験がニュージーランドで受験可能になりました。同国でのパートナーはNew Zealand Pathfinder Groupです。

IOT NEWS ROUNDUP, PART ONE

  • Actility社がOctonion社およびIoTCAN社とパートナー契約を締結
  • Kerlink社とmyDevices社がIoT向けアプリケーションとサービスを統合
  • Senet社がグローバルサービスプロバイダー向けのマネージドネットワークサービスを提供
  • Arrow Electronics社とInfineon社がベトナムでIoTソリューションを発表
  • Pernod Ricard社がSharpEnd社をグローバルなIoT代理店に選定。
  • Retriever Communications社がシドニー工科大学とインダストリアルIoTの利用を検証

Technology Is the Key to Retail's Future

Wal-Mart社のJet.com社買収やAmazon社のWhole Foods Market社買収の報道を受け、オンライン店舗と実店舗の競争というフレームワークの記事が多数出回っています。実際のところ、オンライン店舗と実店舗は今後も共存していくのであり、小売店に求められることは両者をシームレスに統合することです。その中では単品在庫をリアルタイムで可視化できるRFIDが重要な役割を果たします。

Building the IoT on a Responsive Data Architecture

IoTを業務に組み込むためには集めたデータを管理するアーキテクチャが必須です。このため、データはなるべくエッジで処理することを前提に、データベース機能やデータ管理機能、API機能などをレイヤに分けて物理ネットワークと対応させる必要があります。

Forensics Lab Piloting RFID System for Automated Supply Tracking(有償記事)

ヒューストン法医学研究センターでは証拠品などのサンプル管理にRFIDを利用しています。同センターが利用しているのはUHFパッシブ技術で、トライアルの結果が良かったために実導入に移ることが決まったものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ