« RFID World Watcher Monthly March 2017 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/05/12号 »

2017/05/05

RFID Journal 抄訳 2017/05/05号

今週興味深かった記事はBluetoothを用いたアセット管理のコラボレーション。同じビーコンを使うので、低コストのゾーン判定のソリューションと、精度が高いビーム式のソリューションを、統合して利用できるのですね。

識者投稿はIoT用のLinuxディストリビューション、Ubuntu Coreの解説記事。日本語ではクラウド用のコンテナホストとしての情報が多いようです。単に軽量を目指しただけではなく。アプリストアとロールバック機能を用いて必要な機能を安全・確実にデリバーする機能を持っているというのは知りませんでした。

なお、元記事はこちらになります。

RFID Automates Fracking Interventions for Weatherford

石油掘削業大手のWeatherford社はRFIDを利用して掘削作業を効率化しています。同社は掘削用のパイプの中にLFパッシブのRFIDリーダーアンテナを設置し、パイプの中にRFIDタグを通すことで、掘削に必要なバルブの開閉のタイミングをコントロールします。

NFC RFID Tracks Tram Ridership of Oregon University

ポートランド市にあるオハイオ健康科学大学では通学にロープウェイを利用しています。このロープウェイが来年メンテナンスのために休業するため、同大学では学生・教員の利用状況を確認して代替交通手段を計画できるよう、NFCタグを使った乗車履歴の取得を行い始めました。

RFID Unbridles Pathogen Transmission Research

カナダのゲルフ大学では馬への病気の感染を調査するためにBluetoothタグを利用します。同大学では馬と人間に大容量メモリのBluetoothタグを持たせ、他の馬や人間との接触を記録させます。記録結果はリアルタイムには送信されず、調査期間終了時にまとめてダウンロードされます。

Defense and Aerospace Industry Leaders to Discuss RFID's Benefits at LIVE! 2017

5月9日から11日にアリゾナ州フェニックスで開催されるRFID Journal LIVE! 2017では防衛・航空宇宙のトラックが設けられ、アメリカ国防総省やNorthrop Grumman社、Delta Air Lines社などの業界のキーマンによる講演が行われます。

Partnership Enables Hybrid BLE for Zonal and Real-Time Tracking

Acumentive社とFathom社は共同でBluetoothを用いたアセット管理ソリューションを提供します。Acumentive社はビーコンがゾーン内に存在することを検知する低コストのシステムに強みを持ち、Fathom社は精度の高い測位機能を提供するため、両社のソリューションを組み合わせることで広域を低コストでカバーしつつ重要な部分では精度を上げるソリューションを構築できます。

RFID News Roundup

  • Juniper Systems社がAndroid対応の高耐久型タブレットを発表
  • ThingMagic社がRAINプロトコルに対応したRFIDリーダーSargasの機能を拡張
  • Quest Solution Canada社が社名をQSG社に変更
  • CSL社がスマホ外付け型の長距離UHFリーダーを発表
  • FEIG RAIN社のリーダーがPortable Technology Solutions社のソフトウェアに対応
  • Siemens社のRFIDリーダーがMindSphere社のIoTソリューションに対応
  • STid社のアクセス管理アプリがSecurity Industry Associationの金賞を受賞

Don't Be a Pound Foolish

RFIDは現時点でもなお新しいテクノロジーで、実際に導入を経験した人たちの生の経験を聞くことは非常に重要です。RFID Journal LIVE!への参加には交通費を含め費用がかかりますが、そういう費用を惜しんで導入に失敗する方が高くつきます。

The Internet of Old Things

IoTデバイスのセキュリティのためにはソフトウェアの更新を確実に行える必要があります。IoT向けのプラットフォームUbuntu Coreには、追加・修正機能をアプリストアから配布し、そのセキュリティを認証する機能と、導入に失敗した場合に直前の状態にロールバックする機能が存在します。

Ticketing Company Keeps Festival Attendees Moving With RFID(有償記事)

アメリカのチケットサービス大手Front Gate Tickets社はNFCリストバンドを用いたフェスの観客管理を提供しています。同社のソリューションはエリアごとの入退場の他に抽選や売店での支払いにも利用できます。このソリューションは昨年6月のサービス開始から15ヶ所のフェスティバルで利用され、今年は60ヶ所で利用される予定です。

|

« RFID World Watcher Monthly March 2017 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/05/12号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/65237810

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2017/05/05号:

« RFID World Watcher Monthly March 2017 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/05/12号 »