« RFID World Watcher Monthly January/February 2017 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/03/17号 »

2017/03/19

RFID Journal 抄訳 2017/03/10号

今秋目を引いた記事は三重大学病院とサトーの病院でのトライアルの話。こういう記事を取り上げてくれると日本人としては励みになりますね。

フィッシャーズ市のインキュベーション施設IoT Lab-Fishersの話も興味深かったです。同市はインディアナ州にある人口9万人の街で、地元の企業、大学と組んでこの施設を立ち上げたとか。アメリカもすべての土地がシリコンバレーというわけではありません。応援したいし、日本にどのような教訓があるか見ていきたいと思います。

あと、ソリューションそのものの話ではないのですが、ドイツのBLEソリューション会社のConichiwaという名前にウケました。親会社がConichiという名前で、それに「コンニチワ」を引っ掛けたようですが…。

RFID-enabled Fuel-Monitoring System Connects to the Internet of Things

Fluid Management Technology社は構内作業車向けの給油ステーションの認証・記録を自動化するソリューションSmartFill GEN 2を開発しました。このソリューションはユーザーの認証をICカード・キーホルダーで行うものです。

Japanese Hospital Trials UHF Patient Wristband

三重大学病院とサトーはUHFパッシブタグがペースメーカーなどに干渉しないことを確認するトライアルを実施しています。サトーは従来HFパッシブタグを貼付したリストバンドをこの用途に使ってきましたが、読み取り能力の向上のためUHFパッシブタグを利用しようとしています。

City Launches IoT Lab for Technology Innovation

インディアナ州のフィッシャーズ市はIoT企業を対象としたインキュベーション施設IoT Lab-Fishersを設立します、同施設の入居費用は年千ドルで、対象とする領域はアイデアソン、クラウドデータ、エッジハードウェア、プロダクト開発です。同市にはいくつかのIT企業が拠点を置いており、その一社のClearObject社が中核テナントとなります。

Gooee, Lumicenter Lighting Bring IoT Platform to Brazil

IoT技術を用いた調光ソリューションを販売するGooee社は、Lumicenter Lighting社と提携してブラジルに進出します。Gooee社のソリューションはLED電灯とBluetoothビーコンを統合したもので、Bluetooth経由でのLEDの高度な管理とともに、Bluetoothをビーコンとして利用する機能を提供します。

New Beacon Company Brings Intelligence to In-Flight Entertainment, Banks

ドイツのベンチャー企業conichi社はホテル向けBLEソリューションを販売しています。同社はホテル事業の成功を受け、旅客機の機内システムや銀行、小売りなどの他業種への展開を目指す子会社、Conichiwa社を設立しました。

RFID News Roundup

  • NXP社が自動車メーカー向けにNFC技術を提供
  • Michelin社が車両管理向けにトラック用タイヤにRFIDタグを貼付
  • Taoglas社が5Gアンテナのシリーズを発表
  • iDTRONIC社がRFID対応のタブレット、モバイル機材を発表
  • Schreiner PrinTronics社がプリンテッドRFIDのセンサプラットフォームを発表
  • MetraLabs社がヨーロッパの展示会にRFID棚卸ロボットTORYを出展

The Internet of Things: A Four-Lens Perspective

従来Internet of Thingsという言葉は広い範囲を指すバズワードとして利用されてきましたが、小型の通信デバイスが増えるにつれてそのような大まかな定義の意味がなくなりつつあります。今後は、「市場」「デバイス」「利用者」「ソリューション」という4つの視点に基づいて具体的に分析を行っていく必要があります。

Swedish Wood Companies Join Trafikverket With RFID Rail Deployment(有償記事)

スウェーデンの交通公社は管理する貨車のモニタリングのために車両にUHFパッシブタグを、線路沿いにリーダーを設置しています。スウェーデンの林業組合はこのソリューションからデータを受け取り材木のトラッキングを行っています。

|

« RFID World Watcher Monthly January/February 2017 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/03/17号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/65035079

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2017/03/10号:

« RFID World Watcher Monthly January/February 2017 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2017/03/17号 »