« RFID Journal 抄訳 2017/01/26号 | トップページ | RFID World Watcher Monthly December 2016 »

2017/02/02

RFID Journal 抄訳 2017/02/02号

今週気になった記事はMacy'sのRFID導入効果レポート。この種の導入レポートが出てきてRFIDの効果を共有できることは普及のためにとても重要なことだと思います。不採算店舗の閉鎖を進めるなど困難な状況にある同社ですが、このような発信を継続されていることに敬意を表します。

今週の編集後記はNRF Big Show。RFIDベンダーがホールプロダクトへの志向を強めているとのこと。デファクトスタンダードになるプロダクトがそろそろ出てくるのかどうか、気になるところです。

なお、元記事はこちらになります。

Platt Retail Institute Finds RFID-Based Inventory Accuracy, Sales and Satisfaction Gains at Macy's

Platt Retail InstituteがMacy's社のRFID導入の効果に関するレポートを発表しました。このレポートは「店頭展示」「在庫管理」「店頭とオムニチャネルでの商品手配」「店頭への商品補充」の4つの業務を対象としたもので、それぞれRFIDの導入が業務を改善したことが確認できました。今回調査対象とならなかった需要予測などについてもRFIDの効果が出ていると考えられます。

Thomas Pink Piloting IoT System With RFID and Cameras to Manage Inventory, Traffic

イギリスの高級アパレルブランドThomas Pink社は試着状況なども含む店舗内の顧客・商品管理のためにIoTソリューションを導入しました。このソリューションはBT Global Services社が提供するAcuitas Digital Allianceという製品で、UHFパッシブRFID、カメラ、センサーなどの技術を統合して扱えます。

RFID Takes a Ride With School Bus Fare System

サウスダコタ州のバス運行機関River Cities Public TransitはICカードを用いた運賃収受システムを運行する80台のバスに導入しました。導入したのはNFC製品で、読み取りは車内に取り付けたNFC対応のタブレットで行います。

Detego, IER Offer Joint RFID-enabled Solution for Fashion Industry

イギリスのアパレル向けSIベンダーDetego社とフランスのRFIDベンダーIER社は共同でファッション業界向けのソリューションを提供します。このソリューションは店頭の在庫管理を行うもので、UHFパッシブRFIDを利用します。

RFID News Roundup

  • Convergence Systems社がRFID Consortiumのパテントライセンスに参加
  • Thinfilm社とBeneli AB社がヨーロッパでのNFCラベル事業で提携
  • River Island社がByways Group社にRFIDラベルの独占供給権を付与
  • CISC Semiconductor社が小型のRFIDテスト機材を発表
  • NXT-ID社がスマートカード向けのBLE/NFCモジュールにNordic Semiconductor社製品を採用
  • Silicon Labs社がZentri社を買収
  • Terso Solutions社がヘルスケア業界の展示会にRFID在庫管理ソリューションを出展

Observations from NRF's Big Show, Part 1

1月中旬にアメリカ最大の小売業の展示会National Retail Federation's Big Showがニューヨークで開催されました。今年のRFID関係の大きな特徴は、大手ベンダーが従来よりもより統合的なRFIDソリューションを出展していたことでした。出展されていたソリューションがユーザーに受け入れられるかはまだ分かりませんが、RFID業界がホールプロダクトを提供できるようになる方向に変化してきていることは間違いありません。

Why RFID Is the Only Viable Path for Life-Saving Smart Gun Technology

アメリカで過去17年間の銃が原因の死者は56万5千人に上り、南北戦争以降の戦争での戦死者数合計を大きく上回っています。これらの死者のうち、子供の誤操作による暴発、盗んだ銃による殺人などは、スマートガンの義務付けにより防ぐことができます。スマートガンの実装方式には指紋認証とRFID認証の2つのアプローチがありますが、初期マーケットである警察向けには過酷な環境(手袋を脱ぐ暇がない、指が血や泥で汚れている)でも確実に動作するRFID認証が必要とされます。

Hospital Updates Its Infant-Security System(有償記事)

アーカンソー州の病院Conway Regional Health Systemでは子供の連れ去り防止にRFIDリストバンドを導入しています。採用したのはStanley Healthcare社のHalo Infant Securityソリューションで、タグには耐タンパリング機能が持たされています。

|

« RFID Journal 抄訳 2017/01/26号 | トップページ | RFID World Watcher Monthly December 2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/64843053

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2017/02/02号:

« RFID Journal 抄訳 2017/01/26号 | トップページ | RFID World Watcher Monthly December 2016 »