« RFID World Watcher Monthly August 2016 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2016/10/07号 »

2016/09/30

RFID Journal 抄訳 2016/09/30号

今週興味深かった記事は編集後記。RFIDを売り込む相手は偉い人ではなく、技術のサポーターとなってくれる人を相手にすべき、という内容ですが。業務部門、IT部門の偉い人に対する見方が結構辛辣です。Mark Roberti編集長もいろいろな苦労話を聞いてきたのでしょうね。

ベルトコンベア上で2次元移動するUHFパッシブタグの位置を検出する技術SARFIDも興味深かったです。この種のコンセプトは製品が出てくるまで結構時間がかかることが多いのですが、楽しみに見ていきたいですね。

なお、元記事はこちらになります。

Meggitt Polymers & Composites Uses RFID to Track Aircraft Components, Materials

Meggitt Polymers & Composites社は同社で製造する炭素ファイバー製航空機部品の仕掛品管理にRFIDを利用します。同社が利用しているのはUHFパッシブタグとWiFi温湿度センサーで、ソリューションはGlobeRanger社製です。

Indian Aviation MRO Company Expects RFID to Reduce Labor by 50 Percent

インドの航空機部品メンテナンス会社Aman Aviation & Aerospace Solutions社はRFIDを利用して保守作業の効率を改善しました。同社はUHFパッシブタグを利用することでデータの入力や書類の記入を自動化し、作業時間を50%削減する効果を得ました。同社が採用したのはDolphin RFID社のソリューションです。

Casino Prevents Security Violations Via Beacon Solution

ペンシルバニア州のカジノMount Airy Casino Resortでは鍵の持ち出し管理にBluetoothビーコンを利用しています。従業員がカジノの鍵を持ったまま外出することは法律で禁止されていますが、従業員が増えるにつれうっかり持ち出すリスクが大きくなっていました。同社はBluetoothビーコンをキーホルダーに取り付け、持ち出しを監視するようにしました。

Accuride Brings RFID-enabled Access Control to Drawers

家具メーカーのAccuride International社はRFIDを鍵として使える引き出しを開発しました。この引き出しでは125kHzで動作するLFパッシブタグが鍵として利用されます。

RFID News Roundup

  • Omni-ID社がアクティブタグの製品ラインを拡充
  • Tego社がマルチプラットフォーム対応のオペレーティングシステムを発表
  • Proximity Technologies社がBluetoothビーコン製品を発表
  • Smartrac社がPlastilam社およびCatalyst社と提携
  • AIMがパッシブタグ向けのデータの内容・構造に関するガイドラインを発表
  • Atlas RFID Solutionsが新たなアジアオフィスを開設

Solutions for Retail and Transportation(有償記事)

  • Avery Dennison社のUHFパッシブタグが小売店の輸送部材や生鮮品管理に利用されている。
  • Keonn社のRFID対応インタラクティブディスプレイAdvanLookは顧客の目を引くと共に商品情報を提供する機能を持つ。
  • NXP社のUcode DNAチップは暗号認証と長い読み取り距離を持ち、高速道路の車両読み取りシステムに利用されている。

Identifying RFID Project Leaders

RFIDを顧客企業の誰に売り込むかは重要な問題です。IT部門の偉い人はRFIDから利益を得られないためたいていは反対に廻ります。サプライチェーンの偉い人はRFIDの悪いニュースが記憶にあったり他に重要な仕事があったりでサポートしてくれないことが多いです。地位に拘らず、RFIDに興味を持ち顧客組織の中でRFIDのサポーターになってくれる人を窓口に選ぶべきです。

New Technique Could Help Advance RFID Adoption

ピサ大学の研究者はベルトコンベア上で移動するUHFパッシブタグの位置をリアルタイムで検知するSARFID (Synthetic Aperture Radar approach for RFID tag localization)という技術を開発しています。これはタグから戻ってくる信号の位相を分析するもので、市販のハードウェアを利用して実装できます。

|

« RFID World Watcher Monthly August 2016 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2016/10/07号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/64280901

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2016/09/30号:

« RFID World Watcher Monthly August 2016 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2016/10/07号 »