« RFID Journal 抄訳 2016/04/21号 | トップページ | RFID棚卸しロボットの現状 »

2016/04/27

RFID Journal 抄訳 2016/04/27号

今週気になったのはAvery Dennison社の商品個品情報登録サービスJanela Smart Products Platformです。3年以内に100億個の商品を登録することを目標としているとのこと。それほどの規模になるとGoogle社やMicrosoft社のプラットフォームと正面からぶつかるように思いますが、勝算が気になります。

編集後記はラベルメーカーのニュースレター登録が増えているのはアパレル分野でのソースタギングが広まる予兆なのでは、という話。本誌でこういう思わせぶりな記事が出るときはそれなりに裏が取れていることが多いので注目です(もっともその時点で裏が取れていてもそのまま進んでいくかは別問題なのですが…)。

なお、元記事はこちらになります。

RFID Brings Lululemon's Inventory Accuracy to 98 Percent

スポーツウェアのLululemon社は全店舗でRFIDを利用した商品管理を行っています。同社がトライアルとして2店舗にRFIDを導入したのは2013年で、その成功を受け2015年に全店舗へと展開を行いました。同社が導入したのはTyco Retail Solutions社のTrueVUEアプリケーションで、タグはAvery Dennison社のUHFパッシブです。

Avery Dennison Aims to Deliver Product Info Via RFID, Bar Codes

Avery Dennison社とEVRYTHNG社は共同で個別の商品情報をクラウド上で公開するサービスJanela Smart Products Platformを立ち上げました。このサービスはUHFパッシブRFID、NFC、QRコードのいずれかを商品に貼付し、それを使って商品情報を取得することができます。同社はこのサービスで3年以内に100億個の商品を取り扱うことを目標にしています。

Wind Energy Services Provider Adds RFID to Tools

ドイツで風力発電機のメンテナンスを行っているSSC Wind社はRFIDを利用して作業車に搭載した器材の管理を行っています。同社はUHFタグとHFタグの両方を利用しており、UHFタグは袋の内側に入る小さな部品に、HFタグは大きな部品に適用して作業員が直接読み取るようにしています。

MyDx Sensors Sniff Out Chemicals, Toxins

ベンチャー企業のCDx社は個人向けの化学分析器MyDxを発売しました。最初の製品は大麻の薬効成分を分析するCannaDxで、699ドルのモデルが1000台以上売れました。同社は他に殺虫剤、空気中の毒素、水中の有毒成分を分析するためのオプションセンサーを69ドルで販売しています。

RFID Journal Highlights Some of the New Products Being Demonstrated at LIVE! 2016

5月3日~5日にオーランドで開催されるRFID Journal LIVE!では様々な新製品が発表されます。

  • Avery Dennison社のAD-680 UHF RFIDインレー
  • NXP Semiconductors社の最新の各種IC
  • Omni-ID社のIQの印刷可能な金属対応タグ
  • PAL Robotics社のRFID棚卸しロボットStockBot

RFID News Roundup

  • TexTrace社とEximia社がブランド保護のモバイルソリューションで協業
  • Turck社が産業向けにU Grok It社のリーダーとスマホ用アプリを提供
  • Smart Technology Group社がUHF RFIDタグ搭載のストラップを発表
  • タグのエンコード/デコードをクラウドで行うサービスRFIDcoderが稼働開始
  • SML Group社が小売り向けのMonza R6チップ搭載小型タグを発表

Apparel Tagging Moves to the Source

私がRFID Journalを立ち上げてすぐの2002年3月、アメリカ国防総省のメールアドレスでのニュースレター登録が増えて不思議に思っていた時期がありますが、ほどなくして国防総省のRFIDタグ貼付への取り組みが発表されました。最近世界のラベルメーカーのニュースレター登録が増加しており、これはアパレル分野でのソースタグ付けが本格的に立ち上がる予兆ではないかと考えています。

How You Can Shape the U.S. Government's Policies and Regulations Regarding the Internet of Things

アメリカの商務省電気通信情報局(NTIA)は電気通信・情報関連政策に関する大統領の諮問機関です。IoTに関係してアメリカ政府が取り入れるべき内容があれば、NTIAにコメントを提出することができます。

|

« RFID Journal 抄訳 2016/04/21号 | トップページ | RFID棚卸しロボットの現状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/63545612

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2016/04/27号:

« RFID Journal 抄訳 2016/04/21号 | トップページ | RFID棚卸しロボットの現状 »