« RFID Journal 抄訳 2016/01/29号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2016/02/12号 »

2016/02/06

RFID Journal 抄訳 2016/02/05号

今週一番興味深かった記事はMacy's社のオムニチャネル販売戦略、Pick to the Last Unit (P2LU)です。RFID JournalにBOPIS(Buy Online, Pick-up In Store)という言葉が登場してから一年弱、小売業の店舗へのRFID導入の目的は単純な在庫切れ防止からオムニチャネル対応に急速に変わりつつあると感じています。どこかでP2LUを詳しく解説してくれるといいのですが。

もっとも今週は小売店頭での情報提供にRFIDを利用する記事も2件掲載されています。Rebecca Minkoff社が利用を着実に拡大しているのも頼もしいですが、ブランド宣伝の仮設店舗のオペレーションにRFIDを利用するというShopWithMe社の事例も興味深い。店員の習熟(特にオペレーション面での)を期待できないこのような事例でのRFIDの利用には確かにメリットがあると思います。

なお、元記事はこちらになります。

Macy's Launches Pick to the Last Unit Program for Omnichannel Sales

アメリカの大手デパートMacy's社は実店舗の在庫を最後の一個までオンラインで売り切るPick to the Last Unit (P2LU)プログラムを稼働させました。従来はオンラインショップでは実店舗の在庫は安全率を見込んでデータ上は残っていてもオンラインショップに表示することは行わず、同社では在庫の15~20パーセントがこのような区分に含まれていました。現在P2LUプログラムがカバーしているのはファッション分野ですが、同社はこれを他の分野に広げていこうとしています。

Rebecca Minkoff Adds RFID to More Stores, Boosts Sales

高級ファッション小売りのRebecca Minkoff社は店舗でのRFIDの利用を拡大しています。同社は2014年11月にニューヨーク店にRFIDを導入し、スマートミラーを使った情報提供を行ってきました。同社は同様のシステムをロサンゼルス店とサンフランシスコ店に導入し、今後は香港店や韓国店への導入も検討しています。

RFID Pops Up in Mobile Interactive Stores

ShopWithMe社はファッションブランドが商品宣伝のために設置する仮設店舗を運営する会社です。同社はスマートミラーによる商品情報提供機能とセルフレジによる精算機能のためにRFIDを利用しています。利用されている技術はUHFパッシブで、Impinj社のxArrayリーダーが使われています。

Dutch Consortium to Track Steel Plates via RuBee Tags

オランダの鉄鋼資材レンタル会社の組合はレンタル用の鉄板の管理をRFIDで行っています。採用された技術はVisible Assets社のアクティブ長波タグRuBee(IEEE 1902.1)で、鉄板に窪みを作りそこにタグを嵌め込んでいます。

At Reeperbahn Festival, Beacons Helped Music-Industry Pros Do Their Jobs

ハンブルクで開催される音楽フェスティバルReeperbahn FestivalではBluetoothビーコンを使ったコンタクト管理が行われています。このフェスティバルは音楽業界関係者が出演者を評価することが目的のもので、短時間に多くのバンドを見て回るためどのバンドを見たのかの記録を付け忘れることがありましたが、Bluetoothビーコンを使うことでこの作業が自動化されます。利用されているビーコンはKontakt.io社の製品で、システムはGreencopper社が開発しました。

RFID News Roundup

  • Tyco Retail Solutions社は自社のTrueVUEアプリケーションに試着室分析機能を追加
  • Smart Technology Group社のMaster 01 RFIDが「スマートモード」機能を搭載
  • Northern Apex社が小型のRFIDハンドヘルドリーダーを発表
  • Quuppa社のビーコン式RTLS技術が富士通のUbiquitousware製品で採用
  • Cisper Electronics社がInvengo製品のディストリビューター契約を締結

Landscaping Company Keeps Tabs on Tools(有償記事)

オハイオ州の測量会社Environmental Management社は測量器材の管理にRFIDを利用しています。同社は売上を数年で2倍にする計画を立てていましたが、測量器材の管理がボトルネックになっていました。同社は器材管理のプロセスを整備し、器材にUHFパッシブタグを貼付して管理することでこの問題を解決しました。

Reflections on RFID and NRF's Big Show

私は先週全米小売業協会の年次大会Big Showに参加しました。昨年よりもRFIDへの注目度は高まりましたが、本来受けてしかるべき水準には達していません。今年のBig Showの主要テーマは、販売データ分析、店内顧客行動解析、新たな顧客体験などでしたが、これらは全てRFIDが提供する正確なデータを必要とします。

RFID Replenishment Solutions for Medical Supplies

病院の運営コストの20%がロジスティクス関係と言われており、RFIDを用いた在庫管理が広がりつつあります。RFIDの導入を成功させる秘訣は、最初に目標とする投資対効果を設計した後で、それを満たすRFID製品を選定することです。

|

« RFID Journal 抄訳 2016/01/29号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2016/02/12号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/63174035

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2016/02/05号:

« RFID Journal 抄訳 2016/01/29号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2016/02/12号 »