« IoTの個人向けユースケースとアイデンティティ管理 | トップページ | RFID World Watcher Monthly November 2015 »

2015/12/10

RFID Journal 抄訳 2015/12/03号

今週はいろいろな分野に目配りしつつ手堅いユースケースをバランスを取って取り上げた、という感じの内容でした。

記事の中で気になったのはRalph Lauren社のニューヨーク五番街店でのRFIDスマートミラー導入。ハードウェアでの困難は現状では大きくないと思うのですが、以前に期待されていたほどには導入の話を聞かないのは、具体的なユースケースの不足なのでしょうか。

RFID Journal誌の読者のプロファイリングの記事も面白かったです。製造業やリテールが伸びているのは想定通りでしたが、航空産業で減少しているのは意外。また北米以外の読者が半数近いというのも驚きでした。

なお、元記事はこちらになります。

Barilla Uses RFID to Automate Home-Cooking

イタリアの食品メーカーBarilla社はRFIDを用いてオーブンにレシピの自動設定を行うソリューションを開発しています。これは、食品の箱にレシピを格納したHFパッシブタグを貼付し、そのタグをオーブンの外側に取り付けたリーダーに近づけて読み取らせるものです。

Moods of Norway Opts for Checkpoint RFID Labels, Tests Fixed Readers

ノルウェーのアパレル小売りMoods of Norway社は店舗での在庫管理のためにRFIDを導入しました。店舗での在庫が正しく把握できるようになったためオンラインでの注文も店舗から発送できるようになり、オンラインでの売上高が20%上昇しました。同社は物流センターへのRFID導入のパイロットを実施しています。

U.K. Company Finds RFID Chemically Attractive

イギリスの化学品メーカーIndustrial Chemicals社は輸送用タンクの管理にRFIDを利用しています。イギリスでは化学品輸送タンクの利用履歴の記録が義務付けられており、同社はこの作業を手作業でラベルを転記することで行ってきましたが、作業に時間がかかったりラベルが擦れて読めなくなったりという問題がありました。ソリューションはCoreRFID社が開発し、利用しているタグはOmni-ID社のUHFパッシブタグです。

Polo Ralph Lauren Store Gets Smart Fitting Rooms

Ralph Lauren社はニューヨーク五番街店にRFIDに対応したスマートミラーを導入した試着室を設置しました。同店の商品にはUHFパッシブタグが貼付されており、商品を試着室に持ち込むと関連情報が表示されます。

Chinese Nuclear Plant Tracks Workers With RFID

中国の秦山原子力発電所ではスタッフの所在をRFIDで管理しています。原発のスタッフはUHFパッシブタグが貼付されたバッヂを身に着け、特定ゾーンにいることをリーダーが読み取ることで、非常時の所在管理が行われます。システムはSun International社が開発しました。

GasBuddy Offers Beacons, Dashboard to Gas-Station Convenience Stores

ガソリン情報の配信会社GasBuddy社はガソリンスタンドでの特売情報(ガソリン以外の品物)の配信にBluetoothビーコンを利用します。同社はWebやスマートフォンの専用アプリで情報を提供していますが、ガソリンスタンドでの商品販売情報の提供が不十分であり、同社にとって商機であると判断しました。同社は1,100ヶ所のガソリンスタンドにビーコンを配布済みで、年内に5,000ヶ所に配布できるだろうと予測しています。

RFID News Roundup

  • Bristol Uniforms社がHarland Simon社のRFIDソリューションVeroを採用
  • Smartrac社が車両などの水漏れを判定するSensor Tadpoleタグを発表
  • Nedap社が盗難防止用の天井型RFIDリーダーを発表
  • MOCAP社とZebra社がプロフットボールでのトラッキングとデータ分析で協業
  • Ascom社とEkahau社がヘルスケア分野向け製品の互換性を発表
  • ドイツのホテルチェーンPrizeotel社がASSA ABLOY社のMobile Accessソリューションを導入

What You Need to Know About RFID Patient-Management Solutions(有償記事)

RTLSを利用した病院向けの患者所在管理システムは、患者の安全やオペレーションの効率を向上させることができ、病院の評判を上げることに有効です。

Using RFID to Predict the Future

RFIDは95%を超える読み取り精度を持ち、管理対象を個別に把握することが出来ます。この特徴を生かし、航空会社や製造業、店舗など様々な業界でRFIDを用いて管理レベルを引き上げることが可能になりました。

The Changing RFID Landscape

RFID Journal誌の読者データベースはRFID業界の動向を知る手掛かりになります。読者の業界を2009年と2015年で比較すると、製造業や小売業のシェアが増加した一方、航空宇宙産業や日版品メーカーのシェアは低下しています。地域で比較すると北米で低下し欧州・アジアで上昇しています。

|

« IoTの個人向けユースケースとアイデンティティ管理 | トップページ | RFID World Watcher Monthly November 2015 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/62844090

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2015/12/03号:

« IoTの個人向けユースケースとアイデンティティ管理 | トップページ | RFID World Watcher Monthly November 2015 »