« RFID Journal 抄訳 2015/12/17号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2016/01/14号 »

2015/12/31

2015年RFID十大ニュース

今年もRFID十大ニュースを書く時期になったが、うーんと唸ってしまう。ネタが無いのだ。今年は忙しくRFID関連のニュースを細かく追うことが出来なかったのも一つだが、それを抜いても、去年に新しい動きと感じられたものに大きな進展が無く、新しい動きが出てこなかったように思う。マーケットがクラッシュしたわけではなく産みの苦しみだと信じるが、なかなか辛いよね…。来年には楽しい話がたくさん出てきてほしいと思う。

☆日本でアパレル向けRFIDの認知が上昇

今年の日本でのRFID関係のニュースで一番注目されたのは、ファーストリテイリングが全商品にRFIDタグを貼付というニュースではないだろうか。5月に日経が報道して以降はほとんど報道されていないが、記事のインパクトは大きかった。また、2012年に「ビーミング・ライフストア」でRFIDの先行導入を行ったビームスも、全店舗を対象に導入を広げていることを明らかにした。海外勢ではZARAも日本の店舗にRFIDの展開を広げた。認知が上昇したことを喜びたい。

☆ビーコン系技術の発展

iBeacon市場の高い成長を受け、今年はビーコン系のさまざまな新技術が目を惹いた。ハードウェアとしてはWiFiをビーコンとして利用するためのWi-Fi Aware、ソフトウェアとしてはGoogleのビーコン仕様Eddystoneがその代表だろう。他にもアップルが位置情報アプリ「Indoor Survey」を公開したり、複数の位置情報技術を統合した製品が登場したりと、RFID/IoT界隈で一番活気のある分野ではなかっただろうか。

☆UHFパッシブも暗号化が標準へ

NXPがGen2v2の暗号化機能をAES 128bitを使って実装したタグUCODE DNAを発表した一方、NSAがRFID向けに軽量・低消費電力のブロック暗号アルゴリズムを無償で公開した。UHFでは十分な強度を持つ暗号化は難しいと思っていたけど、技術の進歩は早い。

☆NFCの制度・規格の進展

非接触決済分野でのブレイクスルーはなかなか起きないNFCだが、それ以外の分野での普及につれ、関連する制度や企画分野での進展が進んだ。その代表がAppleのNFC Forumへの参加だろう。周辺機器接続などの用途でもはや独自路線を貫くことが不利になった、という判断だと思う。そのNFC Forumで、NFC Vと呼ばれてきたISO 15693準拠のタグの読み取りが標準化(実際には現状の追認)されたことも、体制による現状への追認の一つだろう。

☆アメリカではInternet of Thingsがハイプのピークを越える

日本ではまだまだハイプ真っ盛りという感じのInternet of Thingsだけど、アメリカでは今年の夏ごろにはハイプの峠を越えたのでは、という話が出始めた。まだ「ピークを過ぎた」段階ではあるので萎んでしまったということではないのだが、今後どうなるかについては注意して見ておく必要があるだろう。

☆Wal-MartのRFIDへの取り組みの変調

ここしばらくRFID案件への取り組みが無く、特許関連の訴訟を恐れて利用を停止しているという噂も流れていたWal-Martだが、肝煎で作ったアーカンソー大学のRFIDラボがオーバーン大学に移転し移転式典にWal-Martが参加しなかったり、TycoがWal-Mart向けに専用のRFIDソリューション展示センターを開設したがWal-Mart自身はコメントを拒否したりと、いろいろ妙な動きが目立った。同社は現時点でRFID導入の牽引役ではないが、パイオニアでありアパレル個品分野での復活の立役者であった同社の現状は個人的には寂寥の思い。

☆小売店舗利用でのコンセプトの深化

少し前までは小売店頭でのRFID利用のメリットは欠品による販売機会損失の防止として語られていた。今年に入り、そのメリットがオムニチャネルのコンセプトに統合され、BOPIS(Buy Online, Pickup In Store)という単語で表現されるようになっている。アメリカでもこの単語が広く使われ出したのは今年に入ってから、日本でも今年の下旬には利用されはじめた。日本でBOPISがRFIDとどう結びついていくかは気になるところ。

☆UHFパッシブ標準化案件の国際展開

国際郵便の書留相当でのトラッキングをUHFパッシブタグを用いて安価に行うソリューションが国際郵便機構で進もうとしていたり、IATAが手荷物管理を複数の空港、エアラインと通して行う標準化のトライアルと実施したりと、今後が楽しみな案件も幾つか見られた。現時点ではすぐに大規模導入につながるものではないが、将来的な展開が楽しみ。

☆RFIDはブレイクしきれなかった

冒頭に書いた内容とも関係するが、今年12月のRFID Journal誌の社説で、RFID案件は増加しているが大規模案件の比率は低く、ベンダーは生き残りに苦労していると書かれていたことが非常に気になっている。書かれている内容は表面的には既知のものだが、同誌は直接書きづらい話をこのような思わせぶりな書き方で表現することがあるのだ。

☆それでもマーケットは成長している

IDTechEx Research社の調べによると、2015年の世界のタグ出荷枚数は91億枚で、2014年の78億枚から17%増加し、市場規模は10億ドルを突破した。過度な悲観はせず、今後もマーケット全体の成長の中で新たな商機が出てくることを信じたい。

|

« RFID Journal 抄訳 2015/12/17号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2016/01/14号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/62976516

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年RFID十大ニュース:

« RFID Journal 抄訳 2015/12/17号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2016/01/14号 »