« RFID World Watcher Monthly September 2015 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/10/29号 »

2015/10/29

RFID Journal 抄訳 2015/10/23号

今週気になった記事はBlulog社のNFC対応温度ロガーです。スマホがNFC経由で吸い上げたデータをクラウドに送信する、というパターンはプライベートだけでなく業務用でもどんどん広がっていくのでしょうね。

今週の識者投稿はアイデンティティ管理。私自身知らなかった概念なのですが、記事を読む限りは複数のデバイス間のリンクや認証を個々に行うのではなく統合して処理できるようにするものかな…という印象を受けました。RFID Journalでは時々こういう日本に本格的に入ってきていない概念が出てくることがあるので、ちょっと調べてみたいですね。

なお、元記事はこちらになります。

Blulog Launches NFC Temperature Datalogger, Service

ポーランドのベンチャー企業Blulog社はNFCを用いた温度記録デバイスの開発を進めています。このデバイスはクレジットカード大で、NFC搭載のスマートフォンで記録を読み取りクラウドに送信することが出来ます。現在食品とヘルスケアの企業でトライアルが行われています。

At Expo Milano, RFID Tracks Thousands of Products

ミラノ万博イタリア館の売店では在庫・販売管理にRFIDを利用しています。毎日1万2千人の来館者全員がショップの中を通過する構造になっているため、販売や在庫管理を迅速に行ったり万引きを防いだりするためにはRFIDの利用が決定的に重要です。利用されている技術はUHFパッシブです。

FairWeigh Uses RFID to Ensure Cherry Pickers Are Correctly Compensated

ワシントン州立大学の研究者が作ったベンチャー企業FairWeigh社は収穫した果物の重さを量るソリューションを開発しました。これは作業者のリストバンドにUHFパッシブタグを貼付し、果物の計量時に作業者を識別するものです。

Harting's Roadshow Truck Takes RFID for Ride

ネットワーク器材とRFIDソリューションのベンダーHarting社はRFIDソリューションのデモ設備をトラックに搭載し、トラックで全米を巡回するツアーを行っています。

Retailers to Share New RFID Case Studies at RFID Journal LIVE! Europe 2015

11月9日~10日にロンドンで開催されるRFID Journal LIVE! Europe 2015では小売の講演枠が設定され、Marks & SpencerやGIKS Mode、Marc O'Poloなどの業界リーダーからの発表が行われます。

RFID News Roundup

  • Invengo Technology社が新しいチャネルパートナープログラムを発表
  • Stanley Healthcare社が高齢者コミュニティ向け緊急呼び出し用製品を発表
  • Nano Dimension社がRFIDに対応した銀ナノインクを発表
  • IDTechEx Research社がRFID市場レポートを発表。2015年の規模は100億ドル
  • ThingMagic社のリーダーがGen2v2のセキュリティ機能に対応
  • 世界のRFID血液モニタリングシステムの規模が2022年に5億ドルに

Maine Schools Adopt Affordable Emergency-Alert Solution(有償記事)

メイン州の16ヶ所の学校はPunch Alert社の緊急通報システムを導入しました。アメリカの学校では2012年の銃乱射事件以来非常時の通報をどのように行うかが大きな課題となっています。このソリューションはスマホのボタンを押すだけで非常通報が行えるもので、Bluetoothビーコンを用いて現在位置を同時に送信することが出来ます。

Signs of Accelerating Adoption

RFIDの普及は着実に進んでいます。小売りを中心にRFID Journal誌の購読やRFIDラボへの依頼は確実に増加しています。また、関連業界からのRFIDへの注目度も高まっています。

When Identity Management and the Internet of Things Collide, New Opportunities Emerge

パーソナル用途のIoTデバイスが広く普及するためには、プライバシーやセキュリティが確保される必要があります。そのためにはアイデンティティ管理(Identity Management)が重要であり、また新たなビジネスを生むチャンスでもあります。

|

« RFID World Watcher Monthly September 2015 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/10/29号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/62573810

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2015/10/23号:

« RFID World Watcher Monthly September 2015 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/10/29号 »