« RFID World Watcher Monthly August 2015 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/10/02号 »

2015/09/30

RFID Journal 抄訳 2015/09/25号

今週気になった記事はIntel社の小売業向けRFIDソリューションです。確かにこの分野はデファクトとなるソリューションの登場が待たれている分野ではありますが、同社がどのような経緯で参入を決意し、どのような地位を占めることを目的にどのような戦略を取るのか、注目していきたいと思います。

特集記事はスポーツ分野でのRFID、特に高精度RTLSの利用について。非常に特殊な用途で一般への波及効果があるのかな?と思うところもあるのですが、人に装着するということはコンシューマー用途があり得るということでもあり、大化けする可能性も存在するでしょう。

なお、元記事はこちらになります。

Intel Unveils RFID System for Retailers

Intel社は小売業向けRFIDソリューションIntel Retail Sensor Platformのマーケティングを実施中です。同社はLevi Strauss社のサンフランシスコ店を含む複数の小売店でトライアルを実施しており、2016年3月の発売に向け注文を受け付け中です。同社はRFIDが小売店舗に導入されない理由として、リーダーの設置やソフトウェアの調整の困難さが理由だと考えており、PoEケーブルによる設置の簡略化やリーダー上でのデータのフィルタリングを行うことにしました。ソフトウェアはSmartrac社が提供します。

RFID Brings Security, Location Awareness to First European Games

2015年6月にバクーで開催されたヨーロッパ競技大会(European Games, ユーロリンピック)では来場者の管理のためにMojix Starsystemが利用されました。この大会ではVIPや選手のセキュリティ確保が重要視されましたが、毎日6万人以上が参加する大規模な大会のため、人的な対応では限界がありました。このため、会場全体に1,400台のアンテナを配置し、来訪者のゲート通過や所在を管理することにしたものです。

Midwest College Deploys Low-Cost RTLS for Emergencies

アメリカ中西部のある匿名の大学ではWiFiタグを用いた教職員の非常通報システムを導入しています。同校はすべての教職員にペンダント型のタグを配布しようとしましたが、費用が多額になるため断念。代わりにテーブルの下にタグを取り付けることにしました。導入したのはRF Technologies社のWiFiタグで、大学の既存のWiFiネットワークを用いて動作します。

Australian Researcher Uses RFID to Track Preschoolers' Activity Levels

オーストラリアのウーロンゴン大学の研究者は、幼稚園の校庭での先生と児童のふれあいの状況を計測するためにRTLSを利用します。利用したのはCSL社の2.4GHz RTLSであるActiGraphで、タグには加速度計が搭載されています。

RFID News Roundup

  • Omni-ID社が最小の印刷対応UHF金属タグを発表
  • Neology社とNXP社がRFID対応の車両IDシステムで提携
  • Rover社はアイスホッケーチームPittsburgh Penguins向けのアプリケーションにビーコン機能を追加
  • TagMaster NA社は車両アクセス管理向けのUHFステッカータグの新製品を発表
  • Recall社のRFID患者記録管理システムがドイツの病院向け推薦リストに登録
  • Star Systems社がドミニカ共和国に120万個のヘッドランプタグを供給

RFID's Sporting Life(有償記事)

スポーツの現場でのRFID利用が広がっています。従来の単純な選手の識別だけでは無く、UWB RTLSを用いた高い精度での選手の動きの記録、あるいはスマホを使っての記録結果の即座の読み取りなどで、観客への情報提供を高度化したり、トレーニングの効率を高めたりすることができます。

People Are the Differentiator

実店舗がWeb店舗と差別化できる最大の要因はスタッフによる顧客への適切なアドバイスです。RFIDを導入することで棚卸しなどの作業から解放され、スタッフが顧客対応に集中することが出来ます。

Total Cost of RTLS Ownership

RTLSの導入・運用コストはアクティブとパッシブの間で変わるだけではなく、パッシブRTLSの間でも使い方によって大きな開きがあります。

|

« RFID World Watcher Monthly August 2015 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/10/02号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/62384202

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2015/09/25号:

« RFID World Watcher Monthly August 2015 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/10/02号 »