« RFID World Watcher Monthly March 2015 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/04/24号 »

2015/04/26

RFID Journal 抄訳 2015/04/17号

今週号にはまだRFID Journal LIVE! 2015のレポートが掲載されておらず、やや地味な内容になりました。

今週の記事の中で気になったのはNFCの新規格Signature Record Type Definition (RTD) 2.0です。書き込むデータの完全性を認証する機能のようですが、不勉強で具体的な内容を終えていません。具体的にどのようなユースケースを可能にするものか、気になります。

特集記事は酒類業界でのRFID利用。NFCを用いた偽造防止やUHFパッシブを用いたサプライチェーン管理など、さまざまな事例が紹介されています。

なお、元記事はこちらになります。

Weatherford Laboratories' RFID Solution Reduces Risk of Losing Offshore Earth Samples

石油・ガス業界の採掘物分析会社Weatherford Laboratories社は現場で採掘したサンプルを研究所に輸送する際の識別にRFIDを利用します。利用されるRFID技術はUHFパッシブです。

R-pac Releases EPC UHF Label for Spirits, Wine, Cosmetics

包装資材メーカーのR-pac社は酒類・化粧品向けのUHFパッシブラベルを発表しました。このラベルは瓶の首に張り付けるタイプで、首が金属箔でラッピングされていても5mの読み取り距離があります。

ID Integration, InfinID Offer Active RFID System for Aerospace and Government Sectors

航空業界を顧客とするSIベンダーID Integration社とInfinID社は共同で航空業界向けRFIソリューションを提供します。これはInfinID社が提供する2.4GHz独自プロトコルのアクティブタグV-Tagを利用するもので、工場内での仕掛品・工具管理を行うものです。

Bluetooth Beacons Help Palm Beach Aggregates to Reduce Errors

フロリダ州の鉱山会社Palm Beach Aggregates社は20種類の異なる製品を毎日トラック100~150便出荷します。正しい製品を適切なトラックに間違いなく搭載するため、同社はトラックの識別をBluetooth Low Energyタグを用いて行います。ソリューションはTACinsight社が開発しました。

New NFC Security Feature Tightens Controls on Tag Data

NFCフォーラムは新しい規格Signature Record Type Definition (RTD) 2.0を公表しました。これはNFCタグに書き込まれるデータの完全性を認証するための規格で、第3者が悪意あるデータをNFCタグに書き込むことを防ぎます。

RFID News Roundup

  • Alien Technology社が自動調整機能を持つ企業向けリーダーなどを発表
  • DELO社とMuhlbauer社がRFID用接着剤のカートリッジで協業
  • Checkpoint Systems社が美容・健康業界向けのRFIDラベル新製品を発表
  • Juniper Systems社がBluetooth RFIDリーダーを内蔵したノートブックを展示
  • IDTronic社がAndroid OS搭載のRFIDハンドヘルドリーダーなどを展示
  • HID Global社がMicrosoft社の認証ソリューションを用いたリネン向けRFIDタグを発表

A Toast to RFID(有償記事)

酒類業界はNFCを含むRFID技術を偽造防止やサプライチェーン効率化のために利用しています。

Big Data Gets Down and Dirty

ノースダコタ州立大学の研究者が設立したベンチャー企業c2sensor社は畑に鋤き込んで湿度を計測するUHFパッシブセンサータグを開発しています。

Making RFID Work for All

RFID Journal LIVE! 2015でAirbus社はRFID導入に際して行った部品サプライヤーとの協力について講演しました。Wal=Mart社やMacy's社も同様のサプライヤーとの協力を行っています。現在RFIDの導入を進めている企業はこれらの先行事例から学んでいます。

Pretesting Software Speeds Deployments

RFIDソリューションを導入するためには事前に十分なテストが必要です。ソリューションのデータフローを設計し、最初はシミュレータが生成するダミーデータで検証し、続いて実際の読み取りデータで検証をするというのが手順になります。

|

« RFID World Watcher Monthly March 2015 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/04/24号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/61495106

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2015/04/17号:

« RFID World Watcher Monthly March 2015 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/04/24号 »