« RFID Journal 抄訳 2015/03/27号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/04/10号 »

2015/04/12

RFID Journal 抄訳 2015/04/04号

今回気になった記事はUniqarta社による紙の上へのUHFパッシブタグの直接形成です。この技術が改善されていけば、書類の管理が劇的に進歩する可能性がありますね。当面は梱包分野が主なターゲットになるのでしょうけれど注目していきたいと思います。

ロレアル社ののスキンケアブラシがブラシ先の寿命にRFIDを利用する話、業務用ではずいぶん昔から定番の用途ですが、いよいよコンシューマー向け製品にも降りてきたのだなと感じました。普及が進むと寿命の管理以外にもいろいろ面白い使い道が見つかりそうです。

なお、元記事はこちらになります。

Clarisonic Adds RFID to Its Skin-Cleansing System

ロレアルのスキンケア部門Clarisonicではスキンケアブラシのブラシ先交換をRFIDで監視する技術Smart Profileを導入しました。同社はISO 15693準拠のHFパッシブタグをブラシ先に貼付し、本体にリーダーを内蔵。ブラシ先ごとに何分利用したかをモニターできるようにしました。

British Startup Rolls Out RFID Bike-Safety System

イギリスのベンチャー企業Cycle Alert社は自転車と大型車両の異常接近を検知・警報するソリューションCycle Alertを開発しました。このソリューションは2.4GHzのアクティブタグを使って検知を行うもので、現在ロンドン市とヨーク市でトライアルが行われています。

Uniqarta Seeks to Commercialize Solution for Embedding Ultrathin RFID Chips in Paper

アメリカのベンチャー企業Uniqarta社は超薄型のUHFパッシブタグを紙に直接取り付ける技術の商用化に取り組んでいます。この技術が実用化すると2枚の紙でチップとアンテナを挟み込む従来の方式より大幅に薄く低コストでタグを製造することができます。この方式は包装だけではなく文書の管理などにも利用できる可能性があります。

Hotels, Retailers Try Cisco's Beacon-Management System

Cisco社はネットワーク管理ソフトウェアConnected Mobile Experience (CMX 10.0)でBluetoothビーコンのサポート機能を追加しました。このソフトウェアはBluetoothモジュールを搭載したWiFiアクセスポイントを利用することで、Bluetoothビーコンの現在位置を計算したりビーコンの移動を検知したりすることができます。

RFID Journal LIVE! 2015 to Feature Record Number of Exhibitors From China

4月15日~17日にサンディエゴで開催されるRFID Journal LIVE! 2015には今までで最も多い中国企業が出展します。

RFID News Roundup

  • Siemens社がUHF RFIDタグとハンドヘルドリーダーの新製品を発表
  • Century Link社がImpinj社のMonza R6チップを搭載したインレーを発表/li>
  • 米国土安全保障省が生物由来薬品・毒物の安全管理にRFIDの利用を検討/li>
  • サトーがヘルスケア業界向けにリアルタイム在庫管理機能付きのスマートキャビネットを発表/li>
  • SITAがRFIDの利用で航空手荷物の紛失率を下げることができるとのレポートを発表/li>

RFID Helps Fuel an Oil Boom(有償記事)

カナダのアルバータ州ではオイルサンド開発のためにパイプラインなどの建設が行われます。建設は何か月もかかり、途中で資材が雪に覆われるなどの環境で、何千ものパーツの所在を適切に把握するのは大変な仕事です。世界的な建設会社であるBechtel社はRFIDとGPSを組み合わせてこの管理を行っています。ソリューションはAtlas RFID社が開発しました。

 

Microsoft Offers a Lesson for RFID Companies

マイクロソフトは収益を生む主な源泉であるPC向けWindowsにとらわれ、タブレットやスマートフォンといった新技術にビジネスの軸足を移すことに失敗しました。スティーブ・ジョブズはiPodが主な収益源であったときにそれが過去の技術でありスマートフォンに移行すべきと判断し、不世出の経営者となりました。現在RFIDビジネスを行っている大企業はEASやバーコードなど古い技術を主な収益の源泉としています。そのような企業の経営者は自分がRFIDに対してスティーブ・ジョブズと同じ確信を抱いているかを自問すべきです。

A Bag Full of Thumbs

チップを体に埋め込んで建物のアクセス認証に使うというのは、我々が望む未来でしょうか?

|

« RFID Journal 抄訳 2015/03/27号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/04/10号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/61427610

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2015/04/04号:

« RFID Journal 抄訳 2015/03/27号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/04/10号 »