« RFID Journal 抄訳 2015/02/27号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/03/13号 »

2015/03/12

RFID Journal 抄訳 2015/03/06号

今週の記事で最も気になったのはThinfilm社の近況です。昨年プリンテッドRFIDのKovio社を買収した同社、様々な技術開発を進めているようで、実際にどのような商売に繋げていけるのか注目したいと思います。

音楽イベント・SXSWでのBluetoothビーコン利用も個人的には楽しい記事でした。何百と言う会場で現在開催中のライブを発信するという手堅い事例ですが、こういう絶対に有用な分野での活用をターゲットにしていくことが普及の王道かな、と思ったりもします。

A Thousand Beacons Will Help SXSW Attendees Connect

テキサス州オースティンで開催される世界最大の音楽・映像イベントSXSWで、イベント向けとしては最大級となるBluetoothビーコンの利用が行われます。このイベントでは100ヶ所以上の会場で2千人以上のアーティストが登場するため、ビーコンを用いてアーティストの出演情報を配信することが最大の目的です。

Turkish Technic Uses RFID, ZigBee and Other Auto-ID Technologies to Improve Efficiency

トルコ航空の整備子会社はRFIDを利用した作業管理を行っています。工具と部品の管理にはUHFパッシブタグとハンドヘルドリーダーを利用し、作業員と車両の所在確認にはGPSを搭載したZigBeeタグを利用しています。

Thinfilm Launches OpenSense Printed NFC Sensor Label for Bottles

ノルウェーのThinfilm社は印刷で製造した瓶の開封検知機能付きNFCタグOpenSenseを発表しました。同社はまた、プリンテッドNFCタグにメモリを組み込むための技術でXerox社と提携しました。

Arjowiggins Offers Paper With Embedded NFC RFID Tags

製紙メーカー大手Arjowiggins社はNFCタグを内蔵した衣料用タグを開発しました。このタグは紙を支持体にして銀インクでアンテナを印刷して製造したもので、銀インクの使用量を25%削減すると共に生分解性を向上させました。タグ価格は100個で90ユーロです。

Finalists Unveiled for Ninth Annual RFID Journal Awards

4月15日~17日にサンディエゴで開催されるRFID Journal LIVE! 2015で発表される2015 RFID Journal Awardsの候補者が発表されました。ユーザ企業を対象としたBest RFID Implementation、Best Use of RFID to Enhance a Product or Service、Most Innovative Use of RFID、RFID Green Award、Best NFC Deployment、Best IoT Deploymentの6部門と、出展された新商品を対象としたBest New Productが選出されます。またRFID業界に最も貢献した個人を対象とするSpecial Achievement Awardにはエアバス社のCarlo Nizam氏が選出されました。

RFID News Roundup

  • Trimble社がRFID対応の建設現場での作業員管理ソフトCrewSightを発表
  • イタリアの衣料品ブランドが靴・鞄のトラッキングにFinnCode社のNFC製品を利用
  • Ams社とSTMicroelectronics社が安全なNFCモバイル決済ソリューションを発表
  • Estimote社が自社のクラウドにビーコン共有機能を追加
  • Mayo ClinicとGentag社が肥満・糖尿病の治療向けにワイヤレスセンサーを共同開発

The Business-IT Connection(有償記事)

RFIDソリューションを適切に導入されるにはIT部門とユーザ部門が緊密に連携することが必要です。

Understanding the Decision to Adopt (or Not Adopt) RFID

新技術の導入という判断が行われる基準は、その技術から得られる利益そのものではなく、意思決定者がどれだけ困っているかという主観的なものです。ある人がどれだけ困っていて、どの程度のリスクを取って良いかと判断する基準の一つは、その人が新技術をどれだけ主体的に調べようとしているかです。

Consumers Rule!

アメリカでは昨年後半からオムニチャネル・コマースへのシフトが急速に進んでおり、その実現のための手段として小売業のRFIDへの関心が高まっています。

|

« RFID Journal 抄訳 2015/02/27号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/03/13号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/61268146

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2015/03/06号:

« RFID Journal 抄訳 2015/02/27号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2015/03/13号 »