« RFID World Watcher Monthly October 2014 | トップページ | RFIDとドローン(無人機) »

2014/11/23

Bluetoothタグの用途の拡大(測位・環境電池)

最近になりBluetoothアクティブタグを巡る動きが活発になってきたという印象がある。以前の記事(「新世代Bluetoothタグの登場」)で書いた通り、BluetoothはアクティブRFIDタグのプロトコルとしてはマイナーなものだったが、低消費電力の新プロトコルBLE(Bluetooth Low Energy / Bluetooth 4.0BLE)の登場とスマホのBLE対応によりスマホと組み合わせて使うタグとしての用途がじわりと広がり始め、AppleによるiBeaconの採用で一気にブレイクした(「iBeacon(Appleが選んだBluetooth LEタグ)」)。現状では小売店やエンターテイメント施設を中心に案内やプロモーション用途を中心に本格導入が進みつつある。

本稿で触れるのは本格導入の進展そのものではない。普及が進んだことにより、今まで技術的に困難と思われていた分野への適用が始まりつつある点についてだ。電子技術、特に通信関係の技術では、ある技術が急速な普及期に入ると、従来はその技術が不得意で他の技術と棲み分けると考えられていた用途でも応用が始まり、相対的に有利だと考えていた他の技術を置き換えてしまうことがある。「スマホがタグ/リーダーになる」という強力な特徴を持つBLEタグはこのような可能性を持っている、それは具体的にはどのようなものだろうか。

その一つは測位への応用だ。以前の記事では、Bluetoothそれ自体は測位用プロトコルとして特に優れたものでは無いこと、スマホが持つセンサーや高い演算能力を使って測位精度を向上させる余地はあるが、金属ケースなど利用環境をコントロールできないというコンシューマー器材ゆえのデメリットがありうると書いた。だが現時点での報道を見る限りは金属ケースなどによる読み取り距離の変化はあまり大きな問題にはなっていないようだ。僕が想像していた以上にきちんとしたコントロールができていたのだろう。このため、Bluetoothを利用した測位システムの開発が進みつつある。例えば、Indoo.rs社はビーコンと各種センサー(加速度計、角速度計、気圧計、方位磁石)を組み合わせ、サンフランシスコ国際空港で視覚障碍者のガイドを行うためのナビゲーションシステムのトライアルを実施している(RFID Journal:San Francisco Airport Tests Beacons for Blind Travelers)。店舗や搭乗ゲート単位でのナビゲーションが可能であり、記事には明確な記載はないが相応の精度を持つと考えられる。

もう一つの展開は電源を利用できない環境での利用になる。言うまでもなくBluetoothはアクティブタグのプロトコルであり、動作のためには電池か外部電源が必要になる。もちろん電源無しで動作させたいというニーズは強いが、従来は安定して動作するものは製品化されていなかった。例えば今年の7月には、バッテリー不要の忘れ物防止タグとしてKickstarterで募金を集めていたiFindというプロジェクトがプロトタイプを提示できずプロジェクト取り消しになっている(充電不要のICタグ「iFind」、Kickstarterで取り消し処分に)。だが、9月になり、ポーランドのIfinity社が建物の案内に利用するタイプの環境電池BLEタグAirBeaconのトライアルをワルシャワで行っているという報道がなされた(RFID Journal:Ifinity to Test Energy-Harvesting Bluetooth Beacons in Malls)。なるほど、建物に埋め込むタイプであればサイズの制約は小さいし、電波の発信頻度も低くて良いだろうから、環境電池で動作する可能性は十分にある。

測位への応用、環境電池での動作、現時点ではいずれもトライアルの段階ながら、技術の道筋が付いているという点は大きい。今後もBLEタグでは無理だと思われている用途への応用は広がっていくだろう。注意してウオッチしていきたい。

|

« RFID World Watcher Monthly October 2014 | トップページ | RFIDとドローン(無人機) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/60699856

この記事へのトラックバック一覧です: Bluetoothタグの用途の拡大(測位・環境電池):

« RFID World Watcher Monthly October 2014 | トップページ | RFIDとドローン(無人機) »