« RFID Journal 抄訳 2014/07/18号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/08/01号 »

2014/07/30

RFID Journal 抄訳 2014/07/25号

今週もZaraのRFID導入に関する記事が続いています。社説では、これまで何年もRFIDを利用してきたZaraが今RFIDの利用を株主総会で発表したのは、株主がRFIDの利用をポジティブに受け取ってくれるようになったからだという分析があり、なるほどと思いました。

Carrefour社のiBeaconを利用したショッピングカートの動線分析、まだトライアルの計画中とのことですが面白いですね。1.5mの測位精度が出るそうです。

Aki Choklatブランドの鞄にNFCタグを搭載して偽造品防止という話、いいな、と思って検索してみたら結構いいお値段でした。ちょっと買えないな…。

Tyco Wins Chain-wide Contract From Inditex

Tyco Retail Solutions社はInditex社からZaraブランド店舗のRFIDソリューション導入を請け負っていることを公表しました。同社は音波式盗難防止タグとUHFパッシブRFIDを組み合わせたソリューションを導入するもので、既に700店舗に導入済み、残る1,300店舗には2016年中に導入を完了します。

Carrefour to Use Bluetooth Beacons to Track Carts, Baskets

フランスの大手スーパーCarrefour社はバルセロナの店舗でBluetoothを使ったショッピングカートの動線分析のトライアルを計画しています。このソリューションを開発したのはProximus社で、従来はWiFi RTLSを利用したソリューションを開発していましたがiBeaconの登場を受けBluetoothソリューションを手掛けるようになりました。ソリューションの測位精度は1.5mです。

At Cooper Hewitt Museum, Visitors to Become Designers With NFC

ニューヨークのCooper Hewitt MuseumではNFCを使ったインタラクティブな展示を導入しました。来館者は入り口でNFCタグ内蔵のスタイラスvWandを受けとり、それを使って展示室でデジタルアートを作成することができます。作成したデジタルアートは即座に壁に表示されるほか、後で美術館のサイトからダウンロードすることも可能です。

Aki Choklat Brings Authentication and Personalization to Luxury Bags

ロンドンのブティックAki ChoklatはNFCタグを利用して高給鞄の偽造品防止を行っています。同社はSmartrac社のBullsEye NFCタグを鞄のロゴの下に埋め込み、バイヤーが対応アプリをGoogle Playからインストールすることで、鞄が本物であることを確認することができます。

RFID News Roundup

  • 香港の大手電力会社がRF Code社のセンサータグを導入
  • HID Global社が8KBのFRAMメモリを搭載したHFパッシブタグを発表
  • CAS DataLoggers社がRFID対応の冷蔵品物流ソリューションを発表
  • Farsens社が電池不要のUHFリーダー電波検出検出器を発表
  • RAIN RFIDアライアンスに新メンバー18社が加入。9月に初めての会議を開催

RFID Protects Students and Teachers(有償記事)

アイダホ州のSkyview高校では生徒と教師の安全確認のためRFIDバッヂを導入しました。このバッヂはEkahau社のWiFiアクティブタグで、非常事態発生を知らせるボタンとシステムからのメッセージを受け取るLED表示部を搭載しています。

The Meaning of a Retail CEO's Comments on RFID

Zaraブランドを要するIditex社のCEOは株主総会の席でRFIDを導入中であることを発表しました。同社は何年もの間RFIDを利用して来ましたが、従来は自社のRFID利用を記事にすることを認めてきませんでした。このタイミングで株主総会での発表をしたということは、一般株主がRFIDを利用しているということを積極的に評価するようになったからだと思われます。

The State of Reader Interfaces

現在UHFパッシブリーダーにアクセスする多くのアプリケーションは独自APIやLLRPなどの低レベルインタフェースを利用していますが、これらに利用には手間がかかります。いくつかのベンダーは洗練された高レベルなミドルウェアを利用していますが、特定の業界のみにマーケティングされているため他の業界ではあまり知られていません。高レベルで汎用的なインタフェースであるALEの知名度が低くあまり利用されていないのは残念です。

|

« RFID Journal 抄訳 2014/07/18号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/08/01号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/60069287

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2014/07/25号:

« RFID Journal 抄訳 2014/07/18号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/08/01号 »