« RFID World Watcher Monthly June 2014 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/07/25号 »

2014/07/24

RFID Journal 抄訳 2014/07/18号

今週一番の大きなニュースはZaraブランドを擁する大手アパレル企業・Inditex社のRFID店舗導入事例です。以前から「Zaraでは大規模な導入が進んでいる」という話は聞こえてきましたが、Zara自身がメディアに発表するのは今回が初めてだと思います。この記事に続きTyco社がソリューションを導入したというプレスリリースも流れました。今後は積極的な情報発信を行っていくのでしょうか。

International RFID Instituteの資格試験の件、ベンダー中立で普遍的な価値のある試験問題を作るというのは負荷のかかる作業だと思います。ご興味のある方はぜひ問題作成のボランティアに参加してみてください。

RFID Speeds Police Vehicles Through Assembly

Ford社のTroy Design and Manufacture部門(TD)はパトカーへの改装作業をRFIDで管理しています。TDMで改装するパトカーは一台ごとに仕様が異なり、正しい作業を行う必要があります。このため、工場出荷時にUHFパッシブタグの入ったラベルを車両に貼付し、生産ライン上の固定リーダーでラベルを読み取ることで、行うべき作業を作業員に自動的に指示します。

PostNL Tracks Temperature-Sensitive Pharmaceuticals Via RFID

オランダの郵便公社PostNLは温度管理を行う医薬品の輸送のモニタリングにRFIDを利用します。同社が利用しているのはSenseAnywhere社の900MHzアクティブタグで、温度・湿度センサーと衝撃センサーを搭載したAiroSensorという製品です。

Inditex CEO Announces RFID Expansion Plans

Zaraなどのブランドを傘下に持つ大手アパレル企業のInditex社は、年次総会でRFIDの利用の拡大を発表しました。現在ヨーロッパを中心に22ヶ国のZaraの店舗700店以上でRFIDが導入されていますが、2016年までに2000店弱の全店舗へと展開します。同社はEASと組み合わせたUHFパッシブのアパレルタグを利用しています。

ISA Boutique Tracks Inventory, Shopper Behavior Via RFID

香港の宝飾品店ISA BoutiqueではRFIDを用いた宝石の管理のトライアルを実施しています。同店では宝石のラベルをUHFパッシブタグ内蔵のものにし、展示ケースと販売カウンターにリーダーを設置することで、リアルタイムで正しい在庫を把握し盗難防止にも役立てます。

NFC Promotion Boosts Pepsi's Midwest Sales

Pepsi社の物流を扱うRehrig Pacific社はミネアポリス市のMall of AmericaでNFCを利用した販促のトライアルを行いました。これは、ボトルの配送ケースにNFCタグを埋め込み、そこにNFC対応スマホでタッチすることでPepsi社がスポンサーである大学ホッケーの試合の5ドル割引クーポンを受け取ることができるというものです。Rehrig Pacific社はこの販促策により売上げが1~2%上昇したとしています。利用されたのはMetalcraft社のタグです。

Vale, Veiling Holambra, Brazil's Army and Petrobras to Speak at LIVE! Brasil

9月24日・25日にサンパウロで開催されるRFID Journal LIVE! BrasilではNASAやブラジル陸軍、Vale社が事例の発表を行います。

RFID News Roundup

  • AmerisourceBergen社がRFID対応医療器材パッケージングシステムを発表
  • Microsensys社のHFタグがマルハナバチの生態研究で利用
  • EasyJet社がEstimote社のBluetoothビーコンのトライアルをヨーロッパの空港で実施
  • Palos Community HospitalがVersus社のRTLSシステムを導入
  • PINC社が駐車場位置管理システムの新製品を発表
  • 東芝がNFC Forum Type 3仕様に対応したNFCチップを発表
  • Trimble社が自社リーダーのAPIをApple iOSに対応

Hy-Vee Supermarkets Track Perishables to Ensure Freshness(有償記事)

アメリカ中西部のスーパーマーケットチェーンHy-Vee社は輸送中の生鮮品が不適切な温度で放置されたために傷んでしまうことを防ぐため、温度計センサータグを使ったモニタリングに取り組んでいます。導入したのはTempTrip社のUHFセミパッシブタグで、取得されたデータはTempTrip社のクラウドに送信されます。

Will RFID Help to Enslave Us?

RFIDなどの自動化技術により労働者の仕事が奪われる、という議論があります。ですが、自動化による生産性の向上により、無くなる仕事より多くの新しい仕事の機会が作り出されます。

Subject-Matter Experts Needed to Accelerate Certification Efforts

International RFID InstituteではRFID資格試験のための問題を収集していますが、質の良い設問の作成に苦労しています。RFIDの業務経験を5年以上持つボランティアとしてこの作業に参加する方を募集しています。

|

« RFID World Watcher Monthly June 2014 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/07/25号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/60034410

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2014/07/18号:

« RFID World Watcher Monthly June 2014 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/07/25号 »