« RFID Journal 抄訳 2014/05/02号 | トップページ | RFID World Watcher Monthly April 2014 »

2014/05/15

RFID Journal 抄訳 2014/05/09号

今週は富士通の航空事業関係の記事が2つ取り上げられています。一つはエアバス社のRFID Integrated Labelでの採用、そしてもう一つはアメリカのRFIDミドルウェアベンダー・GlobeRanger社の買収です。前者はプレスリリースが出ていますが(リンク)、後者については日本語の記事やプレスリリースは出ていないようですね。富士通は航空業界向けのRFIDソリューションにずっと力を入れてきているので、この分野での世界トップのベンダーになってほしいなと思います。

RFIDインレー製造に利用される接着剤の改良の記事。噴射による塗布への対応や養生時間の短縮などは部外者には地味な改善に見えますが、これにより時間当たりの製造能力が5倍になるというのには驚きました。こういう分野でも地味ながら大きな進展があるのですね。

Airbus to RFID-Tag and Track All Parts Made In-House

Airbus社が航空機部品に取り付ける銘板をRFIDラベル内蔵のものに置き換え、RFIDによる管理のレベルを高めます。ラベルのベンダーにはTego社と富士通が選定されました。

Motorola Solutions' MPact Brings Indoor Location Services to Stores

Motorola Solutions社はWiFiとBluetoothビーコンを組み合わせた小売店舗向け販売促進ソリューションMPactを開発しました。このソリューションはWiFiによる大まかな測位機能と通信機能、Bluetoothビーコンによるピンポイントの測位機能とスマホへのプッシュ機能を統合したものです。このソリューションは多数の小売店でテスト導入中です。

DELO and Muhlbauer Work to Lower Tag Costs

ドイツの接着剤メーカーDELO社とMuhlbauer社はRFIDインレー製造に利用される接着剤の改良を行いました。新しい接着剤は噴射によって対象に塗布できるだけではなく養生時間も短く、高機能の製造機械で従来1時間当たり2万個だった製造能力を10万個に引き上げることが可能になります。

Fujitsu Buys GlobeRanger, Bringing the Electronics Company into the U.S. RFID Market

富士通が英国子会社を通じRFIDアプリケーションベンダーのGlobeRanger社を買収しました。GlobeRanger社はアメリカ国防総省など軍事・航空関係の分野に強みを持ち、富士通は自社のタグとGlobeRanger社のミドルウェアを組み合わせこれらの分野への展開を強化しようとしています。

Sanford Health Opens New RTLS-enabled "Patient-Centric" Facility

ミネソタ州の病院Sanford Healthでは超音波を用いたRTLSを導入し、患者・スタッフ・機材の所在管理に利用しています。RTLSソリューションはRFID Global Solutionが導入し、Sonitor Technologies社のSonitor Sense製品が利用されました。

RFID News Roundup

  • U Grok It社がスマホ用UHFリーダーの開発資金60万ドルのファンディングに成功
  • Xerafy社、RFID Global Solution社、Alien Technology社が病院向けRFIDキットの開発で提携
  • Holland RFID社とXerafy社が石油・ガス業界向けの提携を発表
  • ドラッグストアのDuane Reade社が店舗にBluetoothビーコンを展開
  • Nivea社がStickNFind社のBluetoothビーコンを雑誌広告として挟み込み
  • CSL社がHID社と共同でUHF/Mifare両対応のアクセスカードを開発
  • Qualcomm社がスタンドアローンのBluetoothビーコンを扱う子会社を設立

RFID Journal LIVE! 2014 Report, Part 2(有償記事)

2014年4月8~10日にフロリダ・オーランドで開催されたRFID Journal LIVE! 2014には前年比5%増の2,800人の参加者が訪れました。各ワークショップの動画と配布資料へのリンクです。

An Event for the Energy, Mining and Construction Sectors

第1回のRFID in Energy, Mining and Constructionが8月12-13日にオーストラリアのパースで開催されます。石油・ガス業界では巨大でミスが許されない施設が建設・運用されており、RFIDの利用が非常に有益です。

|

« RFID Journal 抄訳 2014/05/02号 | トップページ | RFID World Watcher Monthly April 2014 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/59649574

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2014/05/09号:

« RFID Journal 抄訳 2014/05/02号 | トップページ | RFID World Watcher Monthly April 2014 »