« RFID Journal 抄訳 2014/04/25号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/05/09号 »

2014/05/09

RFID Journal 抄訳 2014/05/02号

今週はRFID Research Centerがアーカンソー大学からオーバーン大学に移管されるという記事が目を引きました。設立された場所からも分かるように、もともとはWal-Mart社のRFID導入を支援するために協賛して設立された施設です。同社の最近の業績不振と関係があるのか、あるいは同社でのRFID利用が成熟したため産学連携の必要性が薄れた、ということでしょうか。

今週の特集記事はRFID Journal LIVE! 2014でのワークショップの紹介。プレゼンテーションスライドに加えてビデオも充実しています。様々な業界のワークショップが含まれていますのでRFID Journalを購読している方は是非ご覧ください。

Arkansas RFID Research Center Moving to Auburn University

アーカンソー大学のRFID Research Centerがオーバーン大学の管理下に移りました。現在RFID Research CenterではUHFパッシブの個品管理を中心に扱ってきましたが、オーバーン大学の管理下ではNFCやBluetoothビーコンなどの他のRFID技術も扱われる予定です。

Neogen's AccuPoint2 System Uses RFID to Help Verify Food Safety

食品衛生検査機器メーカーNeogen社は検査機器AccuPoint2をRFIDに対応させました。食品衛生検査では対象施設のランダムな場所をサンプリングして検査を行いますが、どの場所でサンプリングを行ったかを正しく記録することが課題となっていました。このため、AccuPoint2にHFパッシブリーダーを搭載、検査場所にタグを貼付して、サンプリング場所の記録をタグへのタッチだけで行えるようにしたものです。

Art Collector Protects Investment Via RFID

Avante International社はRFIDを利用した美術品の保護ソリューションAssetGuardianを販売しています。このソリューションは振動、光、温湿度などのセンサーを搭載した433MHzアクティブRFIDセンサーを利用するもので、異常が発生した時に電子メールの送信などを行うことができます。

Identiv Expects Healthy Demand for Its RFID Platform

RFID技術を用いたセキュリティを提供する企業Identiv社は"Trust Your World"というマーケティング方針で医療やゲームなど新たな分野への進出を図っています。同社はIdentiv Trust Servicesとうセキュリティ向けのプラットフォームを提供しています。

Laxcen Debuts EPC Gen Passive Tags in the U.S.

香港のRFIDメーカーLaxcen社はUHFパッシブタグC50・C70で米国市場に参入します。これらのタグはArkansas Radio Complianceの認証を取得しています。

RFID Journal to Hold Inaugural RFID Event in Australia Focused on Energy, Mining and Construction

鉱業・建設・エネルギー分野でのRFID利用のイベント、RFID in Energy, Mining & Constructionが8月12-13日にオーストラリアのパースで開催され、参加受け付けが開始されました。今回が第1回の開催になります。また、このイベントに引き続き、エネルギー業界のRFID普及団体Global RFID Committee for Oil & Gasが主催するRFID in Oil & Gas Standards Workshopが開催されます。

RFID News Roundup

  • Kathrein RFID社がUHFリーダー用アンテナとハンディリーダーの新製品を発表
  • AutoCrib社が省スペースのRFIDポータルを発表
  • Bnai Zion医療センターがLogiTag RFID社のトラッキングアプリの利用を拡大
  • Delta Microelectronics社が温度計センサー搭載NFCチップの評価キットを提供
  • SimplyRFID社がUHF RFID監視ソリューションのWebサイトを開始
  • Aurnhammer社がマンハッタンでBeaconCrawlイベントを開催

RFID Journal LIVE! 2014 Report, Part 1(有償記事)

2014年4月8~10日にフロリダ・オーランドで開催されたRFID Journal LIVE! 2014には前年比5%増の2,800人の参加者が訪れました。各ワークショップの動画と配布資料へのリンクです。

Can Zebra Change Its Stripes?

Zebra Technologies社はMotorola Solutions社のRFIDを含むエンタープライズ部門を買収しました。この機会を最大に生かすためには、Zebra Technologies社はMotorola Solutions社が築いた高いブランド力を生かすためにブランド戦略を再構築する必要があります。

Apparel Retailers Finally Get RFID

アパレル小売店での在庫管理への導入にRFIDが有効なことは従来から知られていましたが、導入への動きは必ずしも活発ではありませんでした。これは現状の仕組みでも業務が廻っており、先行者メリットを得るより大勢の導入を待つ方が得策だと考えられてきたからです。ですが、小売業でオムニチャネルへの対応が必須になりつつあり、RFIDを用いた在庫管理能力の向上が戦略的に必須だという認知が広がりつつあります。

|

« RFID Journal 抄訳 2014/04/25号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/05/09号 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163335/59609720

この記事へのトラックバック一覧です: RFID Journal 抄訳 2014/05/02号:

« RFID Journal 抄訳 2014/04/25号 | トップページ | RFID Journal 抄訳 2014/05/09号 »